10メートルを超える新宿西口エリア最大級のデジタルサイネージ「新宿駅デジタルウォール」による広告配信を開始

~ 既存サイネージと併せて、より戦略的な情報配信を実現します ~

小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司)は、当社新宿駅西口地下コンコース外に、デジタルサイネージ(LEDビジョン)を設置し、2019年7月1日(月)より広告配信を開始します。

新宿駅デジタルウォール イメージ新宿駅デジタルウォール イメージ

今般導入する「新宿デジタルウォール」は、横10.24×縦1.92メートルで新宿西口エリア最大級の規模であり、従来型にはない技術として「天気や気温などの環境情報等と連動した配信機能」を有し、順次「IPカメラによりお客さまの属性や流動等の計測機能」を取り入れる予定です。これにより、お客さまへ提供すべき情報をリアルタイムに発信することや、広告の内容がどのような方々に届いているのかを分析することが可能となります。

また、これまでも、当社新宿駅西口や南口にデジタルサイネージを設置してきましたが、 今後は「新宿駅デジタルウォール」と広告内容を連動させることができるため、新宿エリアで一体的な広告展開も可能となります。

新宿駅は、1日のご利用人数が約350万人※と世界最大規模のターミナルであり、常時お客さまでにぎわっていることから、広告出稿ニーズが非常に高いエリアです。

引き続き、より多くのお客さまがご利用になる駅特性を踏まえた広告展開を推進していきます。
※2018年度鉄道各社合算数値



「新宿駅デジタルウォール」の概要は、下記のとおりです。



1 名称
新宿駅デジタルウォール

2 サイズ
H1,920×W10,240mm(横型LEDデジタルサイネージ)
※最大3分割での表示も可能

3 設置場所
小田急線新宿駅 西口地下コンコース外

4 配信開始日
2019年7月1日(月) ※6月18日(火)から試験配信済

5 お問い合わせ
株式会社小田急エージェンシー 交通・メディア局 交通広告部
☎ 03-3346-9991

以 上

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 小田急電鉄株式会社 >
  3. 10メートルを超える新宿西口エリア最大級のデジタルサイネージ「新宿駅デジタルウォール」による広告配信を開始