業界初、うんちを育てる子供向け携帯型育成ゲーム『ふわっちょうんちょ』新発売(2/25発表・ハピネット)

うんちょに話しかけて水栓レバーでお世話をすると合計26種のかわいいうんちょキャラが育つ〜昨今の「うんち」商品ヒットを受け開発、コロナ下のおうち時間に笑いと癒しを〜2021年3月6日(土)より発売開始!

玩具やビデオゲーム、映像・音楽ソフトなどエンタテインメント商材の流通及び企画販売事業を展開する株式会社ハピネット(本社:東京都台東区、代表取締役社長:榎本 誠一、証券コード:7552)は、2021年3月6日(土)より、うんちのキャラクターを育てる子供向け携帯型育成ゲーム『ふわっちょうんちょ』(全3色、各税抜5,980円)を全国の玩具店、百貨店、量販店の玩具売り場、インターネット通販や自社インターネット通販サイトで発売開始します。
また、2021年2月27日(土)より人気YouTubeクリエーター4組とのタイアップ動画の配信や、うんちょ達の楽しい世界が見られるオリジナルアニメをYouTubeにて配信するほか、女児向け月刊誌『ぷっちぐみ』(小学館)にて4か月連続でうんちょのオリジナル4コママンガの連載を行います。









 


▲子供向け携帯型育成ゲーム『ふわっちょうんちょ』(全3色、各税抜5,980円)

◆開発背景
近年、玩具メーカー各社から発売されている液晶玩具が販売好調であることや、シリーズ累計800万部を売り上げ大ヒットとなった「うんこドリルシリーズ(株式会社文響社)」、また若い女性に大人気のお台場にある「うんこミュージアム(運営:株式会社アカツキライブエンターテインメント、企画制作:株式会社カヤック)」など、「うんち」をテーマとした書籍や観光スポットがヒットしている背景にも注目しました。
コロナ下で外出自粛が長引くなか、子ども達のおうち時間充実と、家族みんなが思わず笑顔になれる玩具を目指し、販売好調の液晶玩具と、子供が“大好きな「うんち」”を掛け合わせて『ふわっちょうんちょ』を開発しました。

◆『ふわっちょうんちょ』について
本商品は、画面中に登場するキャラクター「うんちょ」のお世話をする携帯型の育成ゲームです。ごはんとしてトイレットペーパーをあげたり、本体に付いている水洗レバーを使って部屋を掃除したりして、「うんちょ」のお世話をします。また、マイク入力機能を搭載しており、「うんちょ」とお喋りができます。本体の口元に向かって話しかけると、「うんちょ」が喜んで近寄ってきて「うんちょ語」で返事をします。育てた「うんちょ」は、個性豊かな「うんちょ」に成長し、キャラクターは全部で26種類。最終的に天国ならぬ「うん国」へ旅立ちます。
また、「うんちょ」をお世話する他に、5種類の「ウンゲーム(ミニゲーム)」でも遊ぶことが出来ます。ゲームで集めた「うんコイン」を使ってアイテムを揃えたりお部屋の模様替えを行ったり、うん神さまのいる神社におでかけして、「うんらない(占い)」をすることもできます。大ウン吉(大吉)を出すと超ハッピーな幸ウンが訪れます。

◆商品概要

商品名:ふわっちょうんちょ
希望小売価格:5,980円(税抜)

発売日:2021年3月6日(土)
対象年齢:6歳以上
パッケージサイズ:約W130×H160×D110㎜
本体サイズ:約W92×H90×D73㎜
商品内容:本体カラー:ふわふわピンク/ふわふわブルー/ふわふわラベンダー

     カラー液晶本体、取扱説明書

使用電池:単四乾電池×3本(別売り)
取扱場所:全国の玩具店・量販店・家電量販店・
     雑貨店の玩具売り場・オンラインショップ等
商品サイト: https://fuwacchouncho.com
      ※2021年2月26日(金)公開予定

 


 

 

 




◆特徴

  • 見た目は、カワイイうんち型のカラー液晶ゲームで、本体カラーは女の子に人気の「ふわふわピンク/ふわふわブルー/ふわふわラベンダー」の全3色
  • 本体は、ぷにぷにとした触感のシリコンラバー素材製で「見て、触って」楽しい
  • 本物のトイレ同様、“大小”の水栓レバーがついており、今までにない新感覚の操作方法で登場するキャラクター「うんちょ」のお世話ができる
  • マイク入力機能搭載により、本体の口元に話しかけると、うんちょが喜んで近寄ってきて、「うんちょ語」で返事をするなど、音声を使ったコミュニケーションが可能
  • 育てた「うんちょ」は男女とシークレットの合計26種類の個性豊かな「うんちょ」に成長。うんちょ界の神様「うん神さま」や、ちょっぴりいじわるな「デビルうんちょ」などもいる
  • 「うんゲーム(ミゲーム)」を5種類収録


左から ホーム画面、ごはんを食べている様子、ミニゲーム画面




◆開発者コメント
株式会社ハピネット トイプロダクションユニット プロデュースチーム・松田 亜弓(まつだあゆみ)
[開発の経緯について]
〜販売好調の液晶玩具と、子供が“大好きな「うんち」”を掛け合わせてヒットを狙う〜

近年、各社から発売されている液晶玩具が販売好調である流れを受け、今の時代に受け入れられる最強のモチーフを掛け合わせれば、今以上のさらなる波に乗れるのでは?という観点から企画がスタートしました。最強のモチーフといえば、子どもが大大大好きなあのモチーフしかないということで「うんち」に即、決定しました。
また、2017年には、うんこ漢字ドリルが大ヒットを記録し2019年にオープンしたうんこミュージアム横浜とお台場では累計来場者数40万人以上を突破しているという背景も、うんちモチーフに決定した理由の一つです。「うんち」というモチーフが、汚いというネガティブなものから、面白くてかわいいというポジティブなものへと変化を遂げた今のタイミングはピッタリだと思い、2019年12月から開発を開始しました。

[開発のポイント]
〜本体のもちっと感や水栓レバーでの操作など「“うんち”ならでは」にこだわり抜いた商品設計〜
まず商品名で直接的に“うんち”と言っていない点です。「うんちょ」ということで、かわいらしさを見た目だけでなく音でも表現するよう工夫しました。本体設計の面では、本体のもちっとしたうんちょの質感は何度も試作を繰り返し、たどり着いたこだわりの「もちっと触感」です。うんちょがある場所といえば、トイレということで、水栓レバーを設置し、ゲーム中の操作方法を水栓レバーにしたことも、こだわった点です。うんちょならではの育成方法と面白おかしいゲームをふんだんに取り入れました。

[開発の裏話]

〜大人達が「うんちょ」を連呼し作り上げた、子どもから大人まで、「うんちだ!」とすぐ分かって、すぐに笑える商品〜

たくさんの大人たちが、どうしたらもっと面白おかしくなるか、「うんちょ」という商品名を連呼しながら作り上げました。大の大人がうんちょと言っているのに真面目な仕事をしているという様子は、おもちゃ業界ならではの醍醐味です。大変な時代だからこそ、この商品で皆さんに少しでも笑いをお届けしたいという熱い想いを込め、子どもから大人まで、みんなが「うんちだ!」と分かって、みんなですぐに笑いあえる『ふわっちょうんちょ』を開発しました。

◆今後の取り組み
YouTubeや雑誌、店頭でのプロモーションなどで雰囲気を盛り上げ、販売促進に繋げると同時に、オリジナルアニメやマンガで本商品の世界観やキャラクターの魅力を発信し、長く遊んでもらえる玩具を目指します。

①人気YouTubeクリエーター4組とのコラボ企画
「ふわっちょうんちょ」の発売を記念して、YouTubeの人気クリエーターである「はねまりチャンネル、のってん、ハピバニchannel、れのれらTV」の全4組とのタイアップ動画をそれぞれ2021年2月27日(土)に配信予定です。


②YouTubeアニメ「ふわっちょうんちょ」の配信

2021年2月27日(土)より毎週土曜、「ふわっちょうんちょ」のオリジナルショートアニメーション作品を10話連続で配信します。個性豊かなうんちょ達が暮らす「うん界」のことはもちろん、謎に包まれたうんちょ達の生態を知ることができます。大人から子どもまで思わず笑ってしまうような時事ネタやジョークもふんだんに盛り込まれており、家族みんなで楽しめる内容です。

また、テーマソングの作詞は商品開発者である松田が担当しています。

 

【ハピネット公式】ふわっちょうんちょ ショートアニメ
URL:https://www.youtube.com/channel/UCRkDIzwtABQANlzDztly9cw
※2021年2月27日(土)公開予定









③小学館『ぷっちぐみ』にてオリジナルマンガの連載
2021年3月1日(月)発売予定の女児向け月刊誌『ぷっちぐみ』(小学館)4月号から4か月連続でオリジナル4コママンガの連載を行います。作画も商品開発者の松田が担当し、アニメーションとはまた違ったうんちょ達の魅力をお届けします。


【株式会社ハピネット 会社概要】
https://www.happinet.co.jp/  
東証一部・証券コード 7552

代表者:榎本 誠一
設立:1969年6月
所在地:東京都台東区駒形2-4-5 駒形CAビル
資本金:27億5,125万
事業内容:玩具・遊戯用具の企画・製造・販売
     映像・音楽ソフト等の企画・製作・販売
     ビデオゲームハード・ソフト等の企画・販売
     玩具自動販売機の設置・運営
     アミューズメント関連商品の販売

玩具を中心に、映像・音楽ソフト、ビデオゲーム、アミューズメント関連商品を、いずれもトップクラスのシェアにて取り扱うエンタテインメント総合商社。人々に感動を提供するエンタテインメント事業を通して多くの方の心を豊かにし、「夢のある明日づくり」によって社会的価値を生み出せる企業を目指しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ハピネット >
  3. 業界初、うんちを育てる子供向け携帯型育成ゲーム『ふわっちょうんちょ』新発売(2/25発表・ハピネット)