ポジティブな材料識別(PMI)市場ー提供別(機器およびサービス)、技術別(XRFおよびOES)、フォームファクター別、産業別、および地域別ー世界的な予測2030年

SDKI Inc.は、ポジティブな材料識別(PMI)市場の新レポートを2021年06月17日に発刊しました。この調査には、ポジティブな材料識別市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-109549

ポジティブな材料識別市場は、2022年に24.9億米ドルの市場価値から、2030年までに42.1億米ドルに達すると推定され、予測期間中に7.79%のCAGRで成長すると予想されています。

ポジティブな材料識別(PMI)は、品質と安全管理のために材料グレードと合金組成を分析および識別するために使用されます。迅速で非破壊的な方法であるポジティブな材料識別は、幅広いコンポーネントと資産に対して実行されており、半定量的な化学分析を提供します。これは、材料の検証と識別の両方に使用されます。政府による厳格な安全規制、品質管理要件、老朽化し​​た資産の効率の低下、およびその後の運用上の安全性の必要性は、この市場の成長を推進するいくつかの要因です。また、PMI機器の革新的な技術の進歩も市場の成長に貢献しています。しかし、PMI機器に関連する高コストは、市場の成長を抑制する可能性があります。

市場セグメント

ポジティブな材料識別市場は、提供別(機器およびサービス)、技術別(XRFおよびOES)、フォームファクター別(ポータブルアナライザーおよびベンチトップアナライザー)、産業別(化学、自動車、スクラップリサイクル)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

提供に基づいて、サービスセグメントは、予測期間中に高いCAGRで成長すると予想されます。

PMIサービスには、SGS、ビューローベリタス、インターテック、TÜVSÜDなどのテスト、検査、認証(TIC)プレーヤーが提供するサードパーティサービスのみが含まれます。さまざまな業界関係者が、合金および金属材料のテスト用にPMI機器を購入しています。サービスセグメントは、この市場へのサードパーティサービスプロバイダーの集中が高まっているため、より高いCAGRで成長する可能性があります。

技術に基づいて、XRF分析セグメントは、2017年にPMI市場の主要なサイズを保持しました。

XRF分析装置の採用は、OES分析装置の採用と比較して非常に大きいです。XRFはNDTの最も純粋な形式であり、これらのアナライザーはOESアナライザーよりも安価です。また、OES法ではオブジェクトに焼け跡が生じますが、XRFではクリーンな分析が可能です。さらに、XRF分析装置はサイズが小さく、ほとんどが持ち運び可能ですが、OES分析装置は、分析装置あたり15ー20kg以上の重量のベンチトップデバイスである実験室での使用に主に適しています。これらの要因により、石油やガス、スクラップのリサイクル、化学などの業界でのXRF分析装置の採用を促進される可能性があります。

地域概要

アジア太平洋地域は、PMI製品の採用に最も貢献しています。中国、日本、インドを含むこの地域は、これらの国々の強力な産業基盤により、PMI製品の採用が増加しています。アジア太平洋地域の市場は、さまざまな業界のプロセスを改善するためのこれらの機器の実装の増加により、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予想されます。さらに、アジア太平洋の国々は防衛航空機の製造に関与しており、航空宇宙および防衛産業でのPMI手法の採用が増えると予想されます。この地域では、多くのインフラ開発プロジェクトが建設中です。

これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

市場の主要なキープレーヤー

ポジティブな材料識別市場の主要なキープレーヤーには、Olympus (日本)、Thermo Fisher (米国)、Bruker (米国)、Hitachi High Technologies Corporation (日本)、Ametek (米国)、Simadzu (日本)、PANalytical B.V. (オランダ)、SGS Group (スイス)、Bureau Veritas S.A. (フランス)、Intertek Group PLC (英国)、TÜV SÜD Group (ドイツ)、Element Materials Technology (英国)、TÜV Rheinland AG Group (ドイツ)などがあります。この調査には、ポジティブな材料識別市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/positive-material-identification-market/109549

SDKIInc.会社概要
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. ポジティブな材料識別(PMI)市場ー提供別(機器およびサービス)、技術別(XRFおよびOES)、フォームファクター別、産業別、および地域別ー世界的な予測2030年