エンタテイメントシティSHIBUYAのさらなる進化に向けたイベントコンテンツの公募プログラム「渋谷渦(うず)渦(うず)」の第2期を開始

当社は、エンタテイメントのイベントコンテンツを対象とした公募プログラムの第2期となる「渋谷渦渦 ~集え!ネクストカルチャー!~」(以下、本プログラム)を7月12日(月)より開始します。本プログラムは、エンタテイメントシティSHIBUYAに資するイベントコンテンツを誘致・育成することを目的に実施するものです。

渋谷渦渦は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けている“渋谷の街”を盛り上げる新たなチャレンジとして、2020年より開始し、「渋谷渦渦」というネーミングには、渋谷の街で何かおもしろいことを企画したいと“ウズウズ”している人を巻き込み、コロナ禍が収束したとき、また渋谷に行きたいという想いで“ウズウズ”する人を増やすという想いを込めています。


2020年に実施した第1期「渋谷渦渦 ~あつまれ!SHIBUYAイベントチャレンジ~」では、短期間の募集であったものの約30件のご応募をいただき、その中から渋谷の新たな魅力を発見できるような3企画(渋谷neo散歩、渋谷ガチャガチャナイト、SHIBUYAオープンマイク)を採択し、会場観覧およびオンライン配信にて実施しました。このハイブリッド形式での開催により、海外からオンラインでご参加いただくなど、会場内に留まらず多くの皆さまに楽しんでいただくことができました。

本プログラムについては、第1期同様、会場に足を運べないお客さまにも楽しんでいただけるよう、ハイブリッド形式の企画を募集するとともに、渋谷らしくて新しいインパクトのあるイベントコンテンツを募集します。

また今回は、より多くの方にチャレンジの機会を提供し、渋谷を盛り上げるイベントコンテンツを一年通して実施できるよう公募期間を前期・後期の2回設けるなど体制を強化します。採択した企画については、一度だけのイベント実施ではなく、継続して共に考えチャレンジしていくことで、3年後には300名規模のホールで満員開催できるイベントコンテンツへの成長を目指していきます。


当社は今後も、本プログラムの取り組みなどを推進することで、いつ渋谷を訪れても楽しむことができ、また訪れたいと感じられる、「渋谷ならでは」のイベントコンテンツの体験を通じて、「エンタテイメントシティSHIBUYA」のさらなる進化を目指します。

本プログラムの詳細は別紙の通りです。
 

イメージイメージ

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東急 >
  3. エンタテイメントシティSHIBUYAのさらなる進化に向けたイベントコンテンツの公募プログラム「渋谷渦(うず)渦(うず)」の第2期を開始