神奈川県と小田急電鉄株式会社 SDGs推進に係る連携と協力に関する協定を締結

神奈川県(知事:黒岩 祐治)と小田急電鉄株式会社(社長:星野 晃司)は、SDGs(持続可能な開発目標)の推進に向けて、2019年7月1日(月)、「SDGs推進に係る連携と協力に関する協定」を締結いたしました。

<協定締結の様子(左)星野社長(右)黒岩知事><協定締結の様子(左)星野社長(右)黒岩知事>

神奈川県は、「SDGs未来都市」及び「自治体SDGsモデル事業」の両方に全国の都道府県で唯一選定されるなど、「かながわSDGs取組方針」に基づき、SDGs先進県として取り組みを進めています。
小田急電鉄は、「安全・安心の追求」「地域社会の変化への対応」「環境に配慮した取り組み」を重点分野としたCSR活動を推進するほか、SDGsの視点から事業アイデアを実現していく制度“Odakyu Innovation Challenge climbers(クライマーズ)”を立ち上げ、新規事業の創出に取り組んでいます。
神奈川県と小田急電鉄では、神奈川県の「小田急・江ノ電クリーンキャンペーン」への参画や、小田急電鉄の「かながわプラごみゼロ宣言」賛同企業への登録などの連携を深めてまいりました。本協定の締結を契機にSDGsの普及啓発をはじめ、SDGsの推進に向けた具体的な連携事業を実施してまいります。

「SDGs推進に係る連携と協力に関する協定」の内容
(1)住み続けられるまちづくりに関すること
(2)ともに生きる社会の実現に関すること
(3)循環型社会の形成に関すること
(4)未病を改善する取組に関すること
(5)プラスチックごみ問題に関すること
(6)その他、SDGsの普及啓発及び達成に向けた取組に関すること

以上
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 小田急電鉄株式会社 >
  3. 神奈川県と小田急電鉄株式会社 SDGs推進に係る連携と協力に関する協定を締結