アダストリアが渋谷区と「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定(S-SAP)」を締結

ファッションの力で、渋谷区からワクワクを発信!魅力ある街づくりや地域社会の課題解決を目指します

株式会社アダストリア(本部:東京都渋谷区渋谷2-21-1、 代表取締役 会長兼最高経営責任者CEO:福田三千男)と渋谷区(区長:長谷部健)は、相互協力のもと、地域社会の課題解決を図る「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定」を締結します。
アダストリアは、昨年7月に本部オフィスを渋谷ヒカリエへ移転し、ファッションの情報発信拠点である渋谷から、新たなライフスタイルを提案しております。また、今年3月には、アダストリアの主力ブランドである「GLOBAL WORK(グローバルワーク)」の大型路面店が渋谷にオープンいたします。今回の締結は、アダストリアのファッションを超えた様々なワクワクを世の中に届けたいという想いのもと、渋谷区の取り組みへのサポートを通じ、地域社会に新たな価値を創出することへの期待をうけ、双方の合意にいたりました。
今後、渋谷区と本協定を締結することで、アダストリアの資産を活かした魅力ある街づくりの実現や地域社会の課題解決を目指しながら、ファッションの力でより多くの方々へワクワクを伝えてまいります。

 

 




 



■「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定」の内容
アダストリアと渋谷区は、以下の項目について協働して取り組んでいきます。
(1)ファッションビジネス及び起業家の育成に関する支援
(2)スポーツ・健康増進に関する支援
(3)次世代育成に関する支援
(4)シブヤカルチャーの発信に関する支援
(5)多様性社会(ダイバーシティ)の実現に関する支援
(6)災害対策に関する支援
(7)人材育成に関する支援
(8)その他、相互に連携協力することが必要と認められる支援
具体的な取り組みに関しては、今後連携して検討し、実施いたします。

■「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定(S-SAP)」について 

S-SAP(シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー)協定とは、区内に拠点を置く企業や大学等と区が協働して地域の社会的課題を解決していくために締結する新しい公民連携制度です。この協定に基づき、各企業や大学の持つ技術や特色を活かして、魅力ある渋谷区づくりに取り組み、新たな区民サービスを提供していきます。
S-SAP協定は、2016年4月に始まり、これまで19の企業や大学と協定を締結し、子育てに関する情報の発信や防災訓練への支援、企業内保育所に渋谷区民枠を設けるなど、様々な取り組みを進めています。
今後、アダストリアは協定締結により、アダストリアが展開するブランドなど若年層への発信力をいかし、「シブヤカルチャー」を広く知らせる活動などを行ってまいります。

■ 今後の具体的な取り組み
①ダイバーシティの実現に関する活動 「コオフク塾inシブヤ」

障害のある人、一般消費者、服の作り手など多様な人が集まり、障害のある人が抱えているおしゃれの悩みを理解し、服を適切にデザインし直し、成果発表を行うプロジェクトです。去年9月と10月に任意団体「こころもからだも着やすい服」が企画し、アダストリアは渋谷区福祉部障害者福祉課と共に参加しました。グローバルワーク・ニコアンド・ローリーズファームの衣料品を提供し、デザイナーやディレクターが障害のある人のお悩みを聞きながら、デザインのアイデアを提案しました。S-SAP協定締結後は、「ちがいを ちからに 変える街。渋谷区」という渋谷区が掲げる未来像のもと、2018年8月~10月にワークショップ開催を予定しており、引き続き活動を続けて参ります。

※ 参加者の意見を聞いてデザイン提案をしたもの

(トップス)袖にボリュームのあるニットは、「車いすに乗っている時に袖の長さや汚れが気になって着づらい」という声が挙がったため、袖の少し上部分にゴムを入れて長さを調節しやすくしました。上からレースをあしらいデザイン性を高めています。

 

(パンツ)「車いすに乗っている時に、体を安定させるためのベルトを付けなければならないので、おしゃれな洋服を着てもおしゃれに見えない。」という声をもとに、ガウチョパンツと同じ生地で車いすのベルトカバーをつくりました。ベルトもコーディネートの一部となり、洋服の雰囲気を崩さないデザインになりました。
 

②職業体験で子どもの未来を応援する活動「キッズショップ店員」

 

  渋谷区がキャリア教育の一環として、渋谷区在住や在学する子ども達が地域の商店や企業、公共施設などで職場体験学習を行っています。協定締結後、アダストリアの渋谷区内の店舗で子ども達が職業体験を通して社会との接点を持ち、将来に役立つ活動を行う予定です。
 

③シブヤカルチャーの発信に関する活動「SHIBUYA WATCHER(シブヤ ウォッチャー)」
トレンドの発信地、渋谷のライフスタイル全般を定点的に観測し、渋谷から生まれるファッション文化を見つめ、探ることが目的です。 「アダストリア研究所」を発足させ、2018年2月9日に第二弾となる2018春のトレンドを発表します。今後も、渋谷で気になったテーマを抽出し、最先端のファッショントレンドをレポートしてまいります。
 WEB サイト:https://stylelab.adastria.co.jp/research/sw01.html
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アダストリア >
  3. アダストリアが渋谷区と「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定(S-SAP)」を締結