宮城県志津川高校へ「震災資料室設備一式」を贈呈 ~ 恵比寿麦酒祭りで販売した生ビール売上金相当額の一部を活用 ~

 

 サッポロホールディングス(株)は、「恵比寿麦酒祭り(えびすビールまつり)」で販売した生ビールの売上金相当額の一部を活用し、宮城県志津川高等学校へ「震災資料室設備一式」を5月24日(水)に贈呈しました。
 国内外からの訪問者に震災の経験と教訓を伝えるため、また、町の情報を発信するための資料室としてご活用いただきます。
 
 サッポログループは、今後も東北復興支援の重点テーマとして「物産品の消費促進」、「情報発信」、「次世代育成」の3点を掲げ取り組んでいきます。

(注1)恵比寿麦酒祭りについて
恵比寿の地ならびにヱビスビールを育んでくださった方への感謝の気持ちとともに、日本のビール文化をより豊か
なものにすることを目的に、2009年から毎年9月に本社所在地である恵比寿ガーデンプレイスで開催しているビヤ
フェスティバル。

                         記

1.贈呈品
震災資料室設備一式

2.贈呈先
宮城県志津川高等学校

3.贈呈式
日程: 2017 年5月24 日(水)
会場:宮城県本吉郡南三陸町志津川字廻館92-2  宮城県志津川高等学校 資料室

                                                 以上

<消費者の方からのお問い合わせ>
サッポロビール(株)お客様センター
℡ 0120-207800
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. サッポロホールディングス >
  3. 宮城県志津川高校へ「震災資料室設備一式」を贈呈 ~ 恵比寿麦酒祭りで販売した生ビール売上金相当額の一部を活用 ~