幻冬舎あたらしい経済とFracton Venturesが提携し、Web3.0をテーマにした共同イベントやコンテンツ発信を開始

共同イベントシリーズ「進化するインターネット”Web3.0”」やトークンエンジニアリングに関する連載、今後は共同プラットフォーム構築も
株式会社幻冬舎(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:見城徹)のブロックチェーン/暗号資産(仮想通貨)専門メディア「あたらしい経済」と、Fracton Ventures株式会社(本社:東京都品川区、代表者:鈴木雄大、亀井聡彦、赤澤直樹)は業務提携し、両社のリソースを活用して暗号資産・ブロックチェーン・Web3.0を世の中に広げる情報発信やコンテンツ制作及びプラットフォーム構築などの共同事業を実施することを発表いたします。

情報発信やコンテンツ制作に関しましては、5月より共同イベントシリーズ「進化するインターネット”Web3.0”」をVenture Café TokyoのThursday Gatheringの1コンテンツとして毎月定期開催したします。

第1回は「なぜ社会はWeb3.0に移行していくべきなのか?」をテーマに5月20日20時からオンライン開催いたします。なおイベントご参加希望の方は、以下Venture Cafe Tokyoのウェブサイトより無料でお申し込みいただけます。

→【お申し込み】進化するインターネット”Web3.0” Vol.01:なぜ社会はWeb3.0に移行していくべきなのか
https://events.time.ly/rbrvsgs/41704138

さらに本日より「あたらしい経済」にて Fracton Ventures 共同創業者/CTO 赤澤直樹氏による連載コンテンツ「トークンエンジニアリングという武器」の掲載を本日よりスタートいたします。この連載では「DAO(自律分散型組織)の工学」とも言えるトークンエンジニアリングについて様々な角度からの解説や事例紹介を行って参ります。第1回は「Web3.0時代の工学、トークンエンジニア リングとは何か?」をテーマに、これからのWeb3.0に対応したシステムを作り広げていくために欠かすことのできない新たなエンジニアリングについて詳しく解説しています。

→第1回Web3.0時代の工学、トークンエンジニアリングとは何か?
https://www.neweconomy.jp/features/tokenen/110004

さらに今後両社の知見を活かし、共同で、Web3.0を活用したプラットフォームの構築やプロダクト共同制作も実施する予定です。

○株式会社幻冬舎 「あたらしい経済」について

出版社・幻冬舎が運営するブロックチェーン・暗号資産(仮想通貨)に特化したメディア。出版社だからこその取材力・編集力でトッププレイヤーの想いを読者に丁寧に届け、業界の活性化を目指す。テキストコンテンツはもちろん、ニュース解説をラジオ(podcast)で平日毎日配信、Amazonオーディブルでの特別番組配信や、CoinPostと共同のYouTube番組「#CONNECT」の運営、イベント開催、ブロックチェーン関連書籍の出版まで、多岐にわたるメディア展開を実施。「あたらしい経済」時代を生きていく、すべてのビジネスパーソンに、来たるべきパラダイムシフトをサバイバルするための「武器」を提供するメディア・プロジェクト。
URL:https://www.neweconomy.jp/

・Fracton Venturesについて

Fracton Venturesは、Web3.0の未来を支援者ではなく貢献者として共創していく専門家集団です。オープンなプロトコルを長期に渡って育てる為、DAO(自律分散型組織)を前提としたトークン設計をはじめ、Web3.0社会の実現に向けたグローバルエコシステムの一翼を担うために国内外での事例創出を行う事業を展開しています。
URL:https://fracton.ventures/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 幻冬舎 >
  3. 幻冬舎あたらしい経済とFracton Venturesが提携し、Web3.0をテーマにした共同イベントやコンテンツ発信を開始