かまいたち・山内による初のエッセイ本『寝苦しい夜の猫』発売決定!

本書はお笑い芸人、かまいたち・山内健司による初の著書。山内の飼い猫“にゃんじ"が見聞きした様子を綴ったエッセイである。

『寝苦しい夜の猫』(定価:本体1300円+税)は株式会社扶桑社より12月22日発売予定。(Amazonほか、一部ネット書店では12月20日発売)
「こんなに読み入ってしまう本は初めてです!ますます山内さんが好きになりました!」(かまいたち・山内)
 2019年12月22日のM-1決勝戦の前夜、山内は、翌日披露するであろうネタを、一人でひたすら繰り返した。
不安で胸がはちきれそうな山内の様子は、愛猫たちだけが知っていた――。

『寝苦しい夜の猫』書影『寝苦しい夜の猫』書影

 山内自身のことはもとより、『かまいたち』のこと、家族のこと、お笑いのこと、そして、『M-1』のことなど、そばにいるからこそわかる生の山内の姿。
 山内に興味のある人もない人も、その真っすぐな生き様に、思わず読み入ってしまうこと間違いなし!!

山内の飼い猫・にゃんじ山内の飼い猫・にゃんじ

■内容紹介
「波乱含みの予感を胸に、最後のM-1決戦を待つ夜」
「失恋ソングの作詞に明け暮れた、思春期の夜」
「ある夜、とてつもなく変わっていた実家について考えてみた」
「“おもろい山内くん”と決別した高校時代の夜」
「モテ期到来!?ワンナイトラブなんかもしちゃった山内くん」
「やっと見つけた相方に、その夜、即行別れを告げた」
「かまいたち結成。“鎌鼬”の漢字を密かに練習した夜」
「その夜、僕は手取り450円を握りしめてパチスロに向かった」…など。

■著者プロフィール

山内健司山内健司

山内 健司(やまうち・けんじ)
1981年1月17日、島根県生まれ。2004年5月に濱家隆一とお笑いコンビ『鎌鼬』を結成。のちに『かまいたち』に改名。ネタ作りとボケを担当。NSC26期生。2017年キングオブコント優勝、2019年M-1準優勝。嫁と長男と猫5匹と暮らす。
 
■書誌情報
タイトル:『寝苦しい夜の猫』
著者:山内 健司
発売:2020年12月22日
(Amazonほか、一部ネット書店では12月20日発売)
定価:本体1300円+税
判型:四六判
発売元:株式会社 扶桑社
ISBN:978-4-594-08679-4

■購入リンク
Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4594086799
楽天ブックス 
https://books.rakuten.co.jp/rb/16533981/
HMV&BOOKS online 
https://www.hmv.co.jp/product/detail/11397836


■本書の内容、取材などについては下記へお問い合わせください
株式会社扶桑社 宣伝部 PR担当
Mail:fusoshapr@fusosha.co.jp
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社扶桑社 >
  3. かまいたち・山内による初のエッセイ本『寝苦しい夜の猫』発売決定!