「写真新世紀」2020年度の受賞者が決定 受賞作品展「写真新世紀展2020」やトークショーを開催

新人写真家の発掘・育成・支援を目的としたキヤノンの文化支援プロジェクト「写真新世紀」の2020年度(第43回公募)の受賞者が決定し、受賞作品展「写真新世紀展2020」を、10月17日(土)から11月15日(日)まで、東京都写真美術館(通称:TOPMUSEUM/東京・恵比寿)にて開催します。

優秀賞選出審査会の様子優秀賞選出審査会の様子

2019年度グランプリ受賞者のプレゼンテーションの様子2019年度グランプリ受賞者のプレゼンテーションの様子

■ 2020年度の優秀賞・佳作受賞者が決定

「写真新世紀」2020年度(第43回公募)は、3月18日(水)から5月31 日(日)の期間で募集を行い、国内外から2,002名(組)の応募がありました。応募数が2,000名(組)を突破したのは30年目を迎えた「写真新世紀」史上初めてのことです。これらの数多くの応募の中から優秀賞受賞者7名と佳作受賞者14名が選出されました。

【優秀賞 7名】
金田 剛、後藤 理一郎、セルゲイ・バカノフ、立川 清志楼、樋口 誠也、宮本 博史、吉村 泰英(五十音順/敬称略)
【佳作 14名】
石川 古雨、石川 琢也、小川 修司、郭 勇志、柏田 テツヲ、河津 晃平、五味 航、澤田 詩園、志賀 耕太、高崎 恵、ダビド・ナタナエル・ロブ、塚原 誠、遠山 寛人、藤原 香織(五十音順/敬称略)

■ 本年度の受賞作品展およびグランプリ選出公開審査会を開催
10月17日(土)から11月15日(日)まで、受賞者の作品を展示する「写真新世紀展2020」と、昨年度のグランプリ受賞者である中村 智道氏の新作個展『Ants』を東京都写真美術館にて同時開催します。また、10月30日(金)には2020年度の優秀賞受賞者7名の中からグランプリを選出するグランプリ選出公開審査会を開催します。審査会では、優秀賞受賞者7名による作品のプレゼンテーションと審査員との質疑応答が行われ、その後審査員の審議により、グランプリが選出されます。

■ 受賞者や審査員によるトークショーを開催
10月22日(木)には、受賞者および中村氏によるアーティスト・トークを行います。また、10月31日(土)には「第1回写真新世紀展」に出展し、本年度の審査員であるオノデラユキ氏・野村 浩氏の両審査員によるトークショーを二部構成で開催します。

* 「グランプリ選出公開審査会」、「トークショー」の観覧は「写真新世紀」ホームページから事前予約が必要です。
* 新型コロナウイルス感染症の影響により、「写真新世紀展2020」および関連イベントの中止、または日時の変更や定員の調整などを行う可能性があります。最新情報については「写真新世紀」ホームページをご確認ください。また、「写真新世紀展2020」および関連イベントに来場される際は、マスクの着用など感染症対策へのご協力をお願いします。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. キヤノン株式会社 >
  3. 「写真新世紀」2020年度の受賞者が決定 受賞作品展「写真新世紀展2020」やトークショーを開催