明治浪漫ファンタジー「あやかし恋廻り」、「暮の章・後編~恋~」配信が7月24日(水)より配信開始!第1弾は妖界のひねくれ貴公子「由利藤一郎」

 株式会社ボルテージ(本社:東京都渋谷区 代表取締役:津谷 祐司)は、提供中のカード型恋愛ドラマアプリ「あやかし恋廻り」 (以下、「あや恋」)にて由利藤一郎「暮の章・後編~恋~」を7月24日(水)より配信を開始したことをお知らせいたします。
 「あや恋」は、昨年10月に配信開始以降、明治を舞台とした世界観や個性豊かなキャラクター、美麗イラストが人気を博し、配信1ヶ月で60万ダウンロードを突破したカード型恋愛ドラマアプリです。4月に配信を開始いたしました本編第2弾「暮の章」の待望の「後編~恋~」を7月24日(水)より配信を開始いたしました。第1弾の配信キャラクターは由利藤一郎です。
 藤一郎は九尾の妖狐で、“ある目的”のため、ヒロインを利用して前世の記憶を探る飄々としたキャラクターです。そんなとらえどころのない藤一郎の、心に秘めた本当の気持ちやヒロインとの関係の変化などをぜひお楽しみください。
 藤一郎の「後編~恋~」の配信に合わせ、配信記念ログインボーナスもご用意しておりますのでこの機会にぜひ「あや恋」をお楽しみください。

「あやかし恋廻り」公式サイト: https://products.voltage.co.jp/ayakoi/  
「あやかし恋廻り」公式Twitter(@ayakoi_official): https://twitter.com/ayakoi_official

 
  • 妖界のひねくれ貴公子 由利 藤一郎(ゆり とういちろう)


年齢:24歳 身長:175cm 体重:61kg
誕生日:1月14日 職業:華族
妖名:妖孤(特徴:人間をたぶらかすもの。化け狐。)
好きなもの:あぶらあげ(皆には内緒)  嫌いなもの:騙し甲斐がない人

九尾の妖狐で、妖狐の里では当主の家系の末の子。昔、穏月の命を助け、自分の世話係にした。今は自分に関わる”あること”を探るため、帝都で華族に扮して暮らしている。浪費家で大抵のことは金で解決できると思っている。狡猾で飄々とした性格で、人を食ったような物言いをしたり、相手を騙して反応を楽しんだりする。
 
  • 藤一郎「後編~恋~」 あらすじ
ある目的のため、あなたを利用して前世の記憶を探る藤一郎。その過程で、帝都で反乱を起こそうとしている妖の組織と対立してしまう。やがてそれは、藤一郎がもっとも大切にしている“妖狐の里”との争いに発展。力になりたいと願うあなたに、「無関係だ」と一線を引く藤一郎。その真意は――
 
  • 藤一郎「後編~恋~」 リリース記念ログインボーナス
藤一郎の「後編~恋~」リリースを記念したログインボーナスを7月25日(木)より実施いたします。
実施期間:7月25日(木) 5:00~7月28日(日) 4:59

 
  • あやかし恋廻りとは
あやかし恋廻りは、文明開化で華やぐ明治時代の帝都を舞台に、突然陰陽師の力に目覚めた主人公が、
前世の縁で結ばれた妖(あやかし)たちと共に大いなる陰謀に立ち向かっていく、明治浪漫ファンタジーです。2018年10月に配信開始以降、明治を舞台とした世界観や個性豊かなキャラクター、美麗イラストが人気を博し、配信開始1ヶ月で60万ダウンロードを突破いたしました。
公式サイト: https://products.voltage.co.jp/ayakoi/  
公式Twitter(@ayakoi_official): https://twitter.com/ayakoi_official


■配信概要
■コンテンツ名:あやかし恋廻り
■料金体系:基本プレイ無料 / アイテム課金制
■対応機種:iOS 8.0以上/Android OS 4.4以上※機種によりご利用いただけない場合がございます。
■権利表記: © Voltage                      

※記載されている会社名・商品名・サービス名は、各社の商標または登録商標です。

ボルテージ会社概要
社名:株式会社ボルテージ (1999年9月設立)  
所在地:東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー28階  
代表取締役社長:津谷 祐司(つたにゆうじ)

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ボルテージ >
  3. 明治浪漫ファンタジー「あやかし恋廻り」、「暮の章・後編~恋~」配信が7月24日(水)より配信開始!第1弾は妖界のひねくれ貴公子「由利藤一郎」