【京都水族館】体長約4.8メートル、重さ約140キロ 京都の海で採集された「ダイオウイカ」を特別展示

2020年1月21日(火)・22日(水)二日間限定

京都水族館(京都市下京区、館長:松本 克彦)は、2020年1月21日(火)・22日(水)の二日間限定で、「ダイオウイカ」を特別展示しますのでお知らせします。

 

 

 

京都水族館に到着した「ダイオウイカ」          「ダイオウイカ」測定のようす京都水族館に到着した「ダイオウイカ」          「ダイオウイカ」測定のようす

 

 展示する個体は、体長約4.8メートル、重さ約140キロで、2020年1月20日(月)早朝、京都府丹後半島沖での漁の定置網に入網したものです。当館での展示は、氷で保存した状態のダイオウイカをご覧いただけます。

 ダイオウイカは、ダイオウイカ科の頭足類で、世界最大のイカとして知られています。その生態は謎に包まれています。漂着の多い地域は冷水と暖水の混合域が多く、日本国内では日本海側の京都府や島根県沿岸、東京湾口、伊豆・小笠原諸島などから漂着記録があります。

 京都水族館ではこれまでにも、貴重ないきものをとおして、京都の海の多様性を知っていただくことを目的に、ダイオウイカを氷で保存した展示や乾燥標本展示を行っています。氷での保存展示は、5年ぶりで、過去の展示個体より大きいものになります。ぜひ、貴重な「ダイオウイカ」の姿をご覧ください。

◆展 示 日:2020年1月21日(火)・22日(水)10時から18時
◆展示内容:採集された状態のダイオウイカを氷で保存して展示します
◆展示場所:京都水族館 エントランス (無料エリア)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オリックス株式会社 >
  3. 【京都水族館】体長約4.8メートル、重さ約140キロ 京都の海で採集された「ダイオウイカ」を特別展示