「たまひよ」創刊24周年新ブランドスローガン「Enjoy 1000 days」を発表

~創刊24周年キャンペーンとあわせて雑誌、SNSなどで発信~

 

 株式会社ベネッセホールディングスの子会社、株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市、以下:ベネッセ)の妊娠・出産・育児ブランド「たまひよ」は、今年10月より新ブランドスローガン「Enjoy 1000 days 今のキミと今を楽しむ」を発表しました。スローガンは雑誌創刊24周年キャンペーンにてメッセージ動画配信、雑誌「たまごクラブ」「ひよこクラブ」、WEBサイト、SNS、イベントなどで展開していきます。
 新ブランドスローガンは、妊娠期から子どもが2歳になるまでの約1000日間に焦点を当てています。
ワンオペ育児や産後クライシスなどが話題になるなか、親子にとってよりよい環境をつくるには、子育てスタート時期の保護者の育児への肯定感が影響力をもつ(*1)とされています。出産育児を24年間応援してきた「たまひよ」ブランドは、母親とその家族がハッピーに子育てを楽しむためのコンテンツをお届けしたい、そんな想いをこめて「Enjoy 1000 days」のメッセージを制作しました。
 この「Enjoy 1000 days」のスローガンのもと、今年度実施する創刊24周年キャンペーンでは、あるあるエピソードの投稿募集などお客様参加型のものや、「たまごクラブ」表紙モデルを務める相武紗季さんの絵本読み聞かせ動画の配信、赤ちゃんの「はいはい競走」などが体験できる家族イベント「たまひよ ファミリーパーク」など、昨年以上に多くのご家族に楽しんでいただける企画となっています。
 「たまひよ」では、今後も赤ちゃんとその家族の課題や不安解決に役立つ情報・サービス提供に引き続き取り組んでまいります。
(※1)菅原ますみ教授(お茶の水女子大学基幹研究院人間科学系)への取材より。子どものパーソナリティー発達と精神病理を専門とし、0才~30才までの発達を追う、日本では数少ない長期にわたる縦断研究を行っている。


【新ブランドスローガン・イメージビジュアル】


【「Enjoy 1000 days」ブランドメッセージ】
赤ちゃんとの毎日は、思いがけないことの連続。
笑ったり、泣いたり、怒ったり。
今までの常識では測れないことばかり。
でも、そこにあるのは赤ちゃんが見せてくれる新しい世界。
わたしが、どんどん、広がっていく。
楽しもう。キミの成長を。
目の前にある今、この時間を。
ママであることを。パパであることを。家族であることを。
いつか大きくなって離れていくから
お腹の中にやってきて2歳になるまでの
かけがえのない赤ちゃん期、1000days。
キミと一緒に 家族と一緒に


育児スタート時の前向きな気持ちが、子どもにとって良い成長環境づくりにつながる
           菅原ますみ教授(お茶の水女子大学基幹研究院人間科学系)
少子社会である現在、子どもについての知識がなかったり、リアルにかかわった経験が少ないなかで、初めて妊娠出産を経験することに戸惑う人が多く存在します。子育てのスタート時期に保護者が育児への肯定感をもち、自信をもつことは子どもの成育にとって大切なことです。育児や家事の負担が重過ぎると子育てへの自信が低下するという研究結果(*1)もあり、大人たちが臨機応変に育児や家事を分担しあえるのが理想的です。小さな子どもたちのケアは確かに大変ですが、子どもの目線から世界を眺めたり、大人自身が子どもとかかわるのを心から楽しむことなど、肩の力を抜いて子どもに接することで、親子の情緒をともに安定させることが可能になります。
*菅原先生インタビュー<妊娠から2歳までの1000日間に大切にしたい4つのこと>
https://st.benesse.ne.jp/ikuji/content/?id=2785

*1【データ】乳幼児期に育児に加えて家事も大変な場合、子育てへの自信が低い傾向
子育てに自信がもてるようになった(2歳児期)

※家事:「洗濯」「掃除」「炊事」/育児:「○○ちゃんと遊ぶ」「○○ちゃんのおむつ替え・トイレ」「○○ちゃんを寝かしつける」「○○ちゃんがぐずったとき、落ち着かせる」これらについて「とても大変である」=5点、「やや大変である」=4点、「どちらとも言えない」=3点、「あまり大変ではない」=2点、「まったく大変ではない」=1点として算出し、平均点より高い場合を「大変群」、低い場合を「大変でない群」とした。

出典:ベネッセ教育総合研究所「第1回妊娠出産子育て基本調査・フォローアップ調査(2011)」より。調査対象は「第1回 妊娠出産子育て基本調査(横断調査)〔2006〕」の妊娠期の回答者のうち、 フォローアップ調査に同意した夫婦およびその後追加で調査に参加した夫婦288組。調査時期は、2006年から2009年。郵送調査にて実施。

【創刊24周年キャンペーンご紹介】
新ブランドスローガンのもと創刊24周年の「たまひよ」ではさまざまな取り組みを企画しています。
①    Enjoy1000days~今のキミと今を楽しむ~
予測不能なことが次々と起こる妊娠・育児期を、普段とは少し違う視点で楽しもうというメッセージを動画を配信中です。URL:https://st.benesse.ne.jp/24th/

②    相武紗季さん愛読の絵本プレゼント&読み聞かせ動画配信

 

24周年記念号「たまごクラブ」11月号の表紙モデル・相武紗季さんがおなかの赤ちゃんへの絵本の読み聞かせする特別動画を配信中。また、合わせて抽選で限定5,000名の方に相武紗季さん愛読の絵本をプレゼントいたします。
URL:https://st.benesse.ne.jp/cam/lp/tamago/


③    『#たまひよあるある』で妊娠育児期のエピソードを投稿しよう
妊娠・出産・育児に関する家族のあるあるエピソードを写真、動画、キャッチコピー、イラストにて募集します。応募作品の中から選ばれた方にはAmazonギフト券1万円分など特典をご用意しています。
URL:https://st.benesse.ne.jp/aruaru/

④   24周年記念 豪華家電&育児グッズプレゼント
URL:https://st.benesse.ne.jp/cam/

⑤    なりきり表紙SNS投稿キャンペーン(2017年10月15日より)
URL:https://st.benesse.ne.jp/tamahiyo/photocard/th/

⑥    子育て家族に大人気イベント!たまひよファミリーパーク(2017年11月3日開催)
URL:http://lifesmile.jp/sp/tama/tamahiyopark/

⑦   「たまひよ写真スタジオ」バースデーフォトキャンペーン(2017年11月1日より)
URL:http://studio.benesse.ne.jp/campaign/gentei24th/

【ご参考】
「たまひよ」事業ご紹介https://st.benesse.ne.jp

「たまごクラブ」「ひよこクラブ」24周年記念特大号10月13日発売!
妊娠・出産・育児ブランド「たまひよ」は、雑誌とともに「たまひよnet」、「まいにちのたまごクラブ」アプリ等、WEBを通じたサービス提供のほか、母子向け通販事業、家族が楽しめる企画を集めたイベント等、妊娠・育児における情報を幅広く提供しています。

■ママパパ向けイベント開催ご案内
大学で親力やキャリアを学ぶ!ママtomoパパtomoカレッジ

「たまひよ」では、立教大学、実践女子大学、東京学芸大学などの大学と協同し、夫婦が子ども連れで学べる講座を実施しています。2015年スタート以来、ペアレンティング(親力)やキャリア・ライフ(両立学)を学べる講座は人気を集め、2017年度は年6回実施予定です。 

http://women.benesse.ne.jp/cos/common/mamatomo/osusume/college.html

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ベネッセホールディングス >
  3. 「たまひよ」創刊24周年新ブランドスローガン「Enjoy 1000 days」を発表