プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社インフォマート
会社概要

北海道を中心に全国で観光施設を経営する加森観光が「BtoBプラットフォーム 受発注」を採用

加森観光グループ全体で受発注業務のデジタル化・標準化を目指す

株式会社インフォマート

デジタルの力であらゆる業務を効率化する株式会社インフォマート(本社:東京都港区 代表取締役社長:中島 健、以下「当社」)は、当社が提供する「BtoBプラットフォーム 受発注」が、加森観光株式会社(本社:北海道札幌市 代表取締役社長:加森 久丈、以下「加森観光」)に採用されたことをお知らせします。


  • 導入の背景

北海道のルスツリゾートを中心に全国で観光施設を経営する加森観光では、一部、電話やFAX等、アナログな手法で受発注業務が行われていました。また、業務手順も人によって異なっていたため、受発注業務を標準化する必要性を感じていました。


受発注システムの導入を検討する中で、「BtoBプラットフォーム 受発注」が業界に浸透していることや、インボイス制度・電子帳簿保存法等の法令対応を加速度的に進められる点にメリットを感じ、当社の「BtoBプラットフォーム 受発注」を採用いただきました。



  • 加森観光 ご担当者様からのコメント

日本全体における旅行・観光需要は高く、今後さらなる増加が見込まれます。今回の「BtoBプラットフォーム 受発注」の採用をきっかけに、デジタル化による業務効率化、ペーパーレス化だけでなく、月次決算の早期化、そして施設ごとに単独で行っている契約や仕入れの単品管理等における業務の標準化を、加森観光グループ全体で取り組んでいきたいと考えております。



■ サービス概要

「BtoBプラットフォーム 受発注」は、外食・給食・ホテル等と、その取引先である卸・メーカーとの間の受発注・請求業務が行えるクラウドサービスです。

日々の受発注から請求処理までをデジタル化し、計数管理を一元化。双方の業務効率化、時間短縮、コスト削減、生産性向上が実現します。(2024年4月現在で4万社以上が利用しています。)

URL:https://www.infomart.co.jp/asp/index.asp



■ 会社概要

【加森観光】

 会社名:加森観光株式会社

 代表者:代表取締役社長 加森 久丈

 本社所在地:北海道札幌市中央区北4条西4丁目1番地 加森ビル3

 設立:1981年9月1日

 資本金:1億円

 事業内容:旅客運輸業務、観光施設・ホテルの経営、スポーツ施設の経営、飲食店・売店・娯楽施設の

      経営、不動産の開発・賃貸に関する業務

 従業員数:2,000名(2023年2月現在)

 URL:https://kamori.co.jp/overview


【インフォマート】

 会社名:株式会社インフォマート(東証プライム市場:2492)

 代表者:代表取締役社長 中島 健

 本社所在地:東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング13階

 設立:1998年2月13日

 資本金:32億1,251万円

 事業内容:BtoB(企業間電子商取引)プラットフォームの運営

 従業員数:791名(2023年12月末現在)

 URL:https://corp.infomart.co.jp/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
関連リンク
https://corp.infomart.co.jp/news/20240403_5408/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社インフォマート

77フォロワー

RSS
URL
https://corp.infomart.co.jp/
業種
情報通信
本社所在地
東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング13階
電話番号
03-5776-1147
代表者名
中島 健
上場
東証プライム
資本金
32億1251万円
設立
1998年02月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード