初のグリーンボンドの発行について

オリックス株式会社(本社:東京都港区、社長:井上 亮)は、このたび、国内市場で公募形式によるグリーンボンド(無担保普通社債)を初めて発行しますのでお知らせします。
 グリーンボンドとは、企業などがグリーンプロジェクト(再生可能エネルギー、省エネ構築物の建設・改修、環境汚染の防止・管理など環境改善効果がある事業)に要する資金を調達するために発行する債券です。本件により調達した資金は、全額を当社が手掛ける太陽光発電事業に充当する予定です。グリーンボンドとしての適格性は、グローバルな第三者ESG評価機関であるサステイナリティクスからセカンドパーティ・オピニオン※1を取得しています。

 オリックスは、「オリックスグループ サステナビリティポリシー」※2で、社会に大きな影響を与える事業領域として「環境エネルギー事業」「自動車事業」「不動産事業」から重要課題を特定し、優先的に課題解決に取り組んでいます。本グリーンボンドの対象となる環境エネルギー事業では、国内で設備容量合計約1,000MWの太陽光発電事業の開発・運営をはじめ、風力発電事業、地熱発電事業、バイオマス発電事業など再生可能エネルギー事業を積極的に推進しています。当社は、再生可能エネルギー事業を推進することで、グローバルな課題である気候変動問題の解決に向き合うとともに、長期的な事業の成長を実現していきます。

 本グリーンボンドの発行により、資金調達の多様化を進めるとともに、事業活動を通じて持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

※1 サステイナリティクスウェブサイト:https://www.sustainalytics.com/sustainable-finance/wp-content/uploads/2020/01/ORIX-Corporation-Green-Bond-Second-Party-Opinion-JAPANESE.pdf
※2 当社サステナビリティページ:https://www.orix.co.jp/grp/company/sustainability/
 


本グリーンボンドに関する投資表明
(2020年1月24日時点)

アセットマネジメントOne株式会社
大分県信用組合
株式会社香川銀行
神奈川県信用農業協同組合連合会
株式会社かんぽ生命保険
北おおさか信用金庫
株式会社京都銀行
巣鴨信用金庫
諏訪信用金庫
相愛信用組合
大東京信用組合
日本生命保険相互会社
日本電技株式会社
沼津信用金庫
マックス株式会社
三井住友DSアセットマネジメント株式会社
三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社
労働金庫連合会

■本プレスリリースに関する注意事項
 本プレスリリースは情報提供のみを目的としたものであり、当社が発行する有価証券への投資の勧誘・募集を目的としたものではありません。
 また、掲載されている、当社の現在の計画、見通し、戦略などのうち、歴史的事実でないものは、将来の業績に関係する見通しであり、これらは、現在入手可能な情報から得られた当社の判断に基づいております。
 従いまして、これらの見通しのみに全面的に依拠することはお控えくださるようお願いいたします。実際の業績は、外部環境および内部環境の変化によるさまざまな重要な要素により、これらの見通しとは大きく異なる結果となりうることを、ご承知おきください。
 これらの見通しと異なる結果を生じさせる原因となる要素は、当社がアメリカ合衆国証券取引委員会(SEC)に提出しておりますForm20-F による報告書の「リスク要因(Risk Factors)」、関東財務局長に提出しております有価証券報告書および東京証券取引所に提出しております決算短信の「事業等のリスク」に記載されておりますが、これらに限られるものではありません。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オリックス株式会社 >
  3. 初のグリーンボンドの発行について