下半身不随でも前向きすぎるギャルのYouTuber、渋谷真子。 彼女が車いすから見る景色がとにかく明るい!

車いすで生活をするYouTuberでギャルの渋谷真子。
自然あふれる山形県の山奥、茅葺き屋根の家に暮らし、元マタギとして狩猟もしていた。
その暮らしぶりから、『現代のもののけ姫Maco』というチャンネルのYouTubeを発信している。

 2018年7月に屋根からの落下事故で、脊髄損傷によって下半身が麻痺してしまった。
その事故で屋根から落下したとき、下半身が動かなかったけど真っ先に自撮りをしたという彼女。
「こんな経験二度とできない」と思ったという。

『普通で最高でハッピーなわたし ~特別でもなんでもない二度目の人生~』『普通で最高でハッピーなわたし ~特別でもなんでもない二度目の人生~』

さらに彼女は
「じぶんの不注意で障がいを負ってしまったから仕方ない」
「海外旅行にも行きたいし、また狩猟もしたい」
「セックスができてまた女性として自信を持てた」
「おしゃれをしているときこそ、“してやった感"がある」
と、とにかく前向きで、明るい。

「前向きすぎる」彼女のマインド「前向きすぎる」彼女のマインド

恋にファッション、Hに仕事、歩くことを当たり前のように諦めない。
障がいを負ったって、毎日の生活から楽しさを失わない。
なんでそんなに強いの?
なんで誰よりも笑顔でいられるの?
いったいどういう心の構造になっているの?
その前向きなマインドのなかを、すこしでものぞいてみたい。
周りからどう思われているか気になってしまう人、人生の壁にぶちあたっている人、欠点やコンプレックスに悩み、自信をなくしている人。私たちの生きる日常は、悩みに満ち溢れている。
そんな多くの人の気持ちを、車いすの彼女が押してくれる。

きっと誰よりもポジティブに生きている。きっと誰よりもポジティブに生きている。

■著者プロフィール

 

渋谷 真子(しぶや・まこ)
山形県の山奥にて茅葺き職人を目指しながら、猟師としても活動していた。
2018年7月仕事中に家の屋根から落下し、脊髄損傷による障がいを負い車いすの生活に。障がいにおいてタブーのように扱われる、性や排せつについてなどを包み隠さず自身のYouTubeで発信している。それはすべて、「今後の誰かの役に立つのであれば! 」という思いによるもの。

 


■書誌情報
タイトル:『普通で最高でハッピーなわたし ~特別でもなんでもない二度目の人生~』
著者:渋谷真子
発売:2020年11月28日
定価:本体1200円+税
判型:四六判
ページ数:200P
発売元:株式会社 扶桑社
ISBN:978-4-594-08660-2

■購入リンク
Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4594086608/
楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/16520426/

■本書の内容、取材などについては下記へお問い合わせください
株式会社扶桑社 宣伝部 PR担当
Mail:fusoshapr@fusosha.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社扶桑社 >
  3. 下半身不随でも前向きすぎるギャルのYouTuber、渋谷真子。 彼女が車いすから見る景色がとにかく明るい!