万城目学の最新刊カバーデザイン解禁!『ヒトコブラクダ層ぜっと(上・下)』6月23日発売

6月23日(水)に刊行される万城目学の新作長編『ヒトコブラクダ層ぜっと(上・下)』。
刊行前から大反響で、「ずーっと面白い!」「一気に引き込まれる」と話題騒然の本作のカバー画像を公開いたします。
発売まであと二週間。楽しみにお待ちください!

発売に先駆けて予約受付も開始しています。

●上巻
→Amazonで予約する https://www.amazon.co.jp/dp/4344037995
→楽天ブックスで予約する https://books.rakuten.co.jp/rb/16754315/
→ セブンネットで予約する https://7net.omni7.jp/detail/1107202246

●下巻
→Amazonで予約する https://www.amazon.co.jp/dp/4344038002
→楽天ブックスで予約する https://books.rakuten.co.jp/rb/16754316/
→ セブンネットで予約する https://7net.omni7.jp/detail/1107202247

■書籍紹介
●上巻
梵天、梵地、梵人(三つ子)。その特技は
泥棒、恐竜化石発掘、 メソポタミア、未来予知。
彼らが向かった先に待つものは!?

貴金属泥棒で大金を手にした三つ子の前に、ライオンを連れた謎の女が現れたとき、彼らの運命は急転する。わけもわからず向かわされた砂漠の地で、三つ子が目撃する驚愕の超展開とは!? 稀代のストーリーテラー・万城目学が挑む、面白さ全部載せの物語。アクションあり神話ありでどのページからも目が離せないジェットコースターエンターテインメント!


●下巻
梵天、梵地、梵人(三つ子)。
砂漠に埋もれた古代文明のど真ん中で、
生きるか死ぬかの
奇跡の大作戦開始!!

自衛隊PKO部隊の一員としてイラクに派遣された三つ子。彼らを待ち構えていたのは砂漠の底に潜む巨大な秘密、そして絶体絶命の大ピンチだった! 展開予測は不可能。唯一無二の物語の紡ぎ手・万城目学、とどまるところを知らず。ページをめくるたびに新たな驚きが待ち受ける超ド級スペクタクル巨編、ここに完結!

【著者プロフィール】
万城目学(まきめ・まなぶ)
1976年大阪府生まれ。京都大学法学部卒業。2006年にボイルドエッグズ新人賞を受賞した『鴨川ホルモー』でデビュー。ほかの小説作品に『鹿男あをによし』『プリンセス・トヨトミ』『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』『偉大なる、しゅららぼん』『とっぴんぱらりの風太郎』『悟浄出立』『バベル九朔』『パーマネント神喜劇』など、エッセイ作品に『べらぼうくん』などがある。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 幻冬舎 >
  3. 万城目学の最新刊カバーデザイン解禁!『ヒトコブラクダ層ぜっと(上・下)』6月23日発売