市販市場初※ 緊急通報機能付き通信ドライブレコーダーを発売

~JAFとのサービス連携により、「つながる」安心・安全を実現~

 パイオニア株式会社は、安心で快適なクルマ社会の実現に向け、市販ドライブレコーダーとして業界初※となる緊急通報機能付き通信ドライブレコーダー『ドライブレコーダー+』を当社オンラインサイトで販売します(11月中旬予定)。販売に先駆けて、クラウドファンディングサービス「Makuake」で先行販売を開始します(9月30日~10月30日)。

 昨今、ドライブレコーダーは不測の事故に備える一般的なツールとして認知され、その需要は伸長し続けています。一方で、ドライブレコーダーの普及以降も重大な事故が後を絶たず社会問題化しており、不測の事態への対応に関する社会的関心はさらに高まりを見せています。

 これらの背景を受け、当社は、株式会社日本緊急通報サービス(代表取締役:倉田 潤)の「HELPNET」サービスを利用した警察・消防への迅速な通報、一般社団法人 日本自動車連盟(会長:藤井 一裕、以下「JAF」)のロードサービスに連携する緊急通報機能付き通信ドライブレコーダー『ドライブレコーダー+』を発売します。『ドライブレコーダー+』は、上記の緊急通報機能に加え、登録したご家族のLINEやメールアドレスにも緊急事態を通知するなど、ドライブレコーダーに「つながる」安心と安全を実現しています。
 なお、「安全で快適なクルマ社会の実現」に向けた社会貢献活動の一環として、売上の一部を交通安全に関する活動を行う団体などに寄付する予定です。
※個人向け保険特約を除く、市販ドライブレコーダー市場において。2020年9月30日時点、パイオニア調べ。

『ドライブレコーダー+』について : https://jpn.pioneer/ja/connected_driverecorder/?ad=pr

TMX-DM04-CS (1カメラタイプ)TMX-DM04-CS (1カメラタイプ)

TMX-DM04-CS-FRC(2カメラタイプ)TMX-DM04-CS-FRC(2カメラタイプ)









【緊急通報機能付き通信ドライブレコーダーの特長】
1)    3つの「つながる」安心機能
①    専門のオペレーターからトラブル対応のプロに「つながる」緊急通報機能
 事故時や車両トラブルの際には、ドライブレコーダーから手動でHELPNETのオペレーションサービスへ通報。オペレーターが状況に応じて警察・消防・JAFロードサービスへ接続します。緊急通報と同時に位置情報や車両情報などをオペレーターに自動送信するため、見知らぬ土地や気が動転して説明が困難な状況でも確実な情報伝達が可能です。また、強い衝撃を検知した場合には自動で緊急通報を行い、オペレーターの問いかけに応答がない場合には速やかに救援を要請します。交通トラブルに対する不安やストレスを感じることなく、安心してクルマに乗れる環境を実現します。

緊急通報機能イメージ緊急通報機能イメージ


②    家族に「つながる」見守り機能
 緊急通報と同時に、登録されたLINEやメールアドレスに自動で通知し、ご家族の緊急事態をリアルタイムに把握することが可能です。トラブル発生時のみ通知されるので、プライバシーを守りながら家族を見守ることができます。

③    AI分析による高度な安全運転支援システムに「つながる」事故防止機能
 パイオニア独自の先進の安全運転支援システム「Intelligent Pilot」を搭載し、ドライバーの事故リスクを事前に予測。日常的に使用する道でも、その時の状況に応じた本当に危険な時だけ警告を行うため、ドライバーの警告慣れを防ぎ安全運転を支援します。

■パイオニアの先進安全運転支援システム「Intelligent Pilot」
パイオニア独自のデジタル地図データと長年収集したプローブデータを活用し、事故多発地点、ヒヤリハットにつながる急減速多発地点などのプローブデータ、天候、運転傾向などから統合的に事故や危険を予測。個々の車両が現在置かれている状況に合わせて注意喚起や警告をする先進的な運転支援システムです。 

「Intelligent Pilot」 の詳細について: https://intelligent-pilot.jpn.pioneer/ja/?ad=pr 

2)    充実したドライブレコーダー機能
 ドライブレコーダーとして初となる「あおりみなされ予防機能」を搭載。ドライバーが意図せずにあおり運転を行い、加害者になることを未然に防ぎます。また、衝撃検知機能や急加速/減速、急ハンドルといった危険挙動警告などのドライブサポート機能のほか、タッチパネルや大型スピーカー、複数のマイクなど走行中の緊急通報でもクリアな会話が可能なインターフェースを採用しています。


3)    サブスクリプションでのサービス提供
 ドライブレコーダー端末代と通信サービス利用料を含むサブスクリプションサービスとして提供します。初期購入費用を抑えたお求めやすい月額料金で、通信ドライブレコーダーの各機能、緊急通報時のオペレーターサービスなど、「つながる」安心が提供されます。

  価格   : TMX-DM04-CS (1カメラタイプ)      1,980円/月(税別)
        TMX-DM04-CS-FRC (2カメラタイプ)     2,480円/月(税別)
        ※契約時に、別途事務手数料(2,000円、税別)がかかります。
  発売予定 : 2020年11月中旬     ※パイオニア Webサイト内 オンラインストア(11月中旬公開予定)にて

【Makuakeによる先行販売】
 本日9月30日(水)から10月30日(金)まで、新しいものや体験を応援購入できるクラウドファンディングサービス「Makuake」にて、特別価格で先行販売を開始します。
 Makuakeプロジェクトページ
 https://www.makuake.com/project/driverecorder-plus/
 

*    LINEおよびLINEロゴはLINE株式会社の登録商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. パイオニア株式会社 >
  3. 市販市場初※ 緊急通報機能付き通信ドライブレコーダーを発売