【無料オンラインセミナー】キヤノンITS/ドクターズ共催「現役医師が語る 医療現場に求められるデジタルヘルスとは?」を開催

キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金澤 明、以下キヤノンITS)は、オンラインセミナー「現役医師が語る 医療現場に求められるデジタルヘルスとは?」を2021年6月28日(月)に開催します。
高齢化社会を迎えた日本において、医療・介護の需要が確実に増加する一方、医療現場では人手不足や待遇悪化、長時間労働などが大きな問題となっています。その解決策として注目されているのが、医療におけるデジタル化であり、医療業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)です。

このような背景を受け、クラウドを用いて医療・ヘルスケア分野のデジタルサービスを開発し、新たな市場に新規参入しようとする企業は増加しています。しかしながら、医療情報を扱うクラウドサービスは、医療機関における安全なクラウド利用の在り方を定めた国のガイドラインへの準拠が必要となります。

本セミナーでは、医療従事者目線で本質を捉えたデジタルヘルスケアサービスと、医療情報システムのクラウド化において求められるガイドラインへの対応ポイントについてご紹介します。

 【開催概要】
■日時       :2021年6月28日(月) 14:00 ~ 15:30
■参加費      :無料(事前登録制)
■会場       :オンライン(全国どこからでも参加可能です)
■主催       :キヤノンITソリューションズ株式会社
■協賛       :ドクターズ株式会社
■お申し込み    :以下のサイトよりお申し込みください。
https://reg.canon-its.co.jp/public/seminar/view/10128
※セミナー登壇者、内容等は、都合により予告無く変更する場合がございます。ご了承下さい。
※同業他社様からのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

■内容

第一部
医療機関のDXを支援するデジタルヘルスサービス
[講演]ドクターズ株式会社
代表取締役社長 兼 CEO 日本脳神経外科学会専門医 柳川 貴雄氏

選定されたエキスパート医師が、それぞれの専門科や経験に基づいて医療のリアリティに沿ったサービス化ができるようアドバイスすることで、医療業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)がより推進されます。本セッションでは、現場から求められる「デジタルヘルス支援」について、現役医師が解説します。

第二部:デジタルヘルスのクラウド実装時に気を付けたいポイント
[講演]キヤノンITソリューションズ株式会社
デジタルビジネス統括本部 デジタルソリューション開発本部
クラウドサービス推進部 部長 上島 努

昨今、デジタルヘルスケアサービスの開発・提供においてクラウドは欠かすことのできない技術となってきています。半面、コスト構造や3省2ガイドライン対応の要件等、クラウドでデジタルヘルスケアサービスを実装するうえでは従来の医療機関設置型とは異なる視点での検討・対応項目が発生します。
本セッションでは、クラウド上でのデジタルヘルスケアサービス実装時に考慮すべきポイントと弊社がご提供するクラウド活用支援ソリューションをご紹介します。

●報道関係者のお問い合わせ先 
企画本部 コミュニケーション推進部 コミュニケーション推進課
03-6701-3603(直通)

●一般の方のお問い合わせ先
デジタルビジネス営業本部 デジタルビジネス企画課
03-6636-5470(直通)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. キヤノンITソリューションズ株式会社 >
  3. 【無料オンラインセミナー】キヤノンITS/ドクターズ共催「現役医師が語る 医療現場に求められるデジタルヘルスとは?」を開催