プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社
会社概要

ヴーヴ・クリコの最高峰シャンパーニュ「ラ・グランダム 2015」と「villa aida」小林寛司シェフが奏でるペアリング体験【ラ・グランダム 2015 ガーデンラウンジ】

期間限定開催:2023年5月26日(金)~28日(日)

MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社

MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社(東京都千代田区神田神保町)の取り扱いブランドであるヴーヴ・クリコは、シャンパーニュ地方の「ラ・グランダム(偉大なる女性)」と呼ばれたマダム・クリコへのオマージュを込めた最高峰のシャンパーニュ「Veuve Clicquot La Grande Dame 2015 (ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム 2015)」 の発売を記念し、「ラ・グランダム 2015 ガーデンラウンジ」を5月26日(金)~28日(日)の3日間限定で、東京ミッドタウン日比谷内のDRAWING HOUSE OF HIBIYAにて開催いたします。

本イベントでは、「ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム 2015」のラベルとギフトボックスを手がけたイタリア人現代アーティスト、パオラ・パロネットの世界観を表現した色彩豊かな空間で、和歌山県「villa aida(ヴィラ アイーダ)」 の小林寛司シェフによるペアリング体験をお楽しみ頂けます。


「villa aida」は、2021年に「ミシュランガイド京都・⼤阪+和歌⼭ 2022」⼆つ星、ミシュラングリーンスター(*1)をダブル受賞、2023年には「Asia’s 50 Best Restaurants」14位を2年連続で獲得するという快挙を成し遂げ、現在ガストロノミー界で最も注目されるレストランの一つです。この度、小林寛司シェフが「ラ・グランダム 2015」のために開発したフードペアリングを堪能できるランチ、ディナーセッションに加え、「ラ・グランダム 2015」をグラス一杯からお楽しみいただけるアフタヌーンティーセッションと、シャンパン・テイスティングの4つのセッションを3日間限定でご用意いたしました。


「ラ・グランダム」は、「グラン・クリュのブドウには“グラン・クリュ”の野菜を」というマダム・クリコの信念のもと、「ガーデン・ガストロノミー」というガストロノミー体験を提唱しています。世界中のシェフたちとパートナーシップを組み、ガーデンで採れた野菜やハーブを駆使し、彼らのクリエイティビティ―とクラフツマンシップによって、究極の食体験を提供しています。また、メゾン伝来のブドウ畑のあるヴェルジーのガーデンには、300種類を超える野菜やハーブが生育しています。そんなマダム・クリコの信念と、季節と共に変わる自然や畑を通し、あくなき料理への探求を続ける小林寛司シェフとが出会い実現した今回のフードペアリングでは、自然の恵みを贅沢に使用した料理の数々とともに特別なガーデン・ガストロノミー体験をご堪能いただけます。


小林寛司シェフは、今回コラボレーションについて以下のように語っています。

「ラ・グランダム 2015は、とても繊細で、華やかなイメージだったので、そこからインスピレーションを受けて、料理を考案しました。その土地・その場所で、その時期に採れた新鮮なものを合わせる、ということを、料理において一番大切にしているため、今回は旬の食材であるホワイトアスパラを使用しました。また、ラ・グランダム 2015のエチケットのようなカラフルな彩りも意識した一皿としました。この料理とラ・グランダム 2015の特別なマリアージュを、ぜひ皆さんにお楽しみいただきたいと思います。」


ガーデン・ガストロノミーを体現する小林寛司シェフの料理と「ラ・グランダム 2015」との、至高のフードペアリングを是非ご体験ください。


*1: ミシュラングリーンスターとは、持続可能なガストロノミーに対し、積極的に活動しているレストランにミシュランに与えられた称号。


【ラ・グランダム 2015 ガーデンラウンジ 開催概要】

■開催期間:

2023年5月26日(金)~ 28日(日)

■会 場 :

DRAWING HOUSE OF HIBIYA

(東京都千代田区有楽町1丁目1-2 東京ミッドタウン日比谷 6F)

■タイムテーブル:

●ランチ

12:30より一斉スタート/着席スタイルにてコース料理提供(所要時間約 120分)

ヴーヴ・クリコ イエローラベル(1杯)、ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム 2015(2杯)

18,700円(税込み)※事前予約制

●アフタヌーンティー

15:00~18:00 各回90分制/着席スタイルにて提供 

ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム  2015 (1杯)

6,600円(税込み)※事前予約制

●ディナー

18:30より一斉スタート/着席スタイルにてコース料理提供(所要時間約 120分)

ヴーヴ・クリコ イエローラベル(1杯)、ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム 2015(2杯)

18,700円(税込み)※事前予約制

●シャンパーニュ・ テイスティング

11:30~20:30 各回90分制/スタンディング ※当日ウォークインでの参加可

ラ・グランダム 2015 (1杯)

5,500円(税込み)


ご予約:https://lagrandedame2015-japanpopup.peatix.com/

※4月26日より予約可能。席数限定のため、売り切れる場合がございます。

ホワイトアスパラ/ビーツ/タマネギ/マスタードホワイトアスパラ/ビーツ/タマネギ/マスタード

地鶏(軍鶏)/根セロリ/ふきのとう地鶏(軍鶏)/根セロリ/ふきのとう

villa aida オーナーシェフ ⼩林 寛司 (Kanji Kobayashi)

1973 年、和歌⼭県⽣まれ。辻調理師専⾨学校卒業後、⼤阪のイタリアンレストラン「アルバ」に 2 年勤め、1994 年 21 歳で渡伊。トスカーナ州やカンパーニャ州など、イタリア各地のレストランで修⾏する。1996 年からカンパーニャ州ソレントの三ツ星(当時)「ドン・アルフォンソ 1890」でパスタ部⾨のシェフを務め、1998 年帰国。同年 12 ⽉、実家が持つ⽥んぼの真ん中に、「リストランテアイーダ」をオープン。2007 年には現在のスタイルに改装、「ヴィラ アイーダ」として再出発する。

レストランに隣接する⾃家菜園で、年間約 100 種類以上の野菜やハーブをマダムの有⺒⽒と共に栽培。その⽇に収穫した野菜やハーブを中⼼に、近隣の⿂介、家禽、ジビエを合わせた料理を提供する「ガーデン・ガストロノミー」として、⼀⽇⼀組のみでゲストをもてなしている。

著書「⾃然から発想する料理」(柴⽥書店)


泉里香さんが「villa aida」でガーデン・ガストロノミーを体験

「ラ・グランダム 2015 ガーデンラウンジ」の開催に先駆け、お料理が好きでシャンパーニュとのフードペアリングを嗜んでいる女優の泉里香さんが、ヴーヴ・クリコのセラーマスター ディディエ・マリオッティと共に和歌山県の「villa aida」を訪れ、一足先に小林寛司シェフが創り上げるフードペアリングを体験しました。

ご自身でもよくお料理をし、「villa aida」には以前から訪れてみたかったという泉里香さん。小林寛司シェフの案内で畑で収穫体験した後、シェフのお料理哲学に触れ、獲れたての野菜やハーブを使って本イベントのシグネチャーディッシュでもある、『ホワイトアスパラ/ビーツ/タマネギ/マスタード』の盛り付けを体験しました。

また、ヴーヴ・クリコのセラー・マスターであるディディエ・マリオッティからはシャンパーニュ地方の「ラ・グランダム(偉大なる女性)」と呼ばれたマダム・クリコの革新性について学び、実際に「ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム 2015」をテイスティングしました。


テイスティングを堪能したあとは、いよいよ、小林寛司シェフのお料理とのペアリングを体験。一足先に「ラ・グランダム 2015 ガーデンラウンジ」で提供されるメニューを味わった泉里香さんは、「見た目にも味わい的にも繊細で優しいホワイトアスパラのシグネチャーディッシュは、太陽の日差しをいっぱいに受けたというラ・グランダム 2015にぴったり合う美味しさでした。」とコメント。また、この特別な一日を振り返り、「実際に畑で収穫した野菜を調理することの楽しさ・豊かさを感じました。実際にシェフとともにキッチンに入って一緒に盛り付けをさせていただいて、すごくいい経験ができました。」と語りました。

泉さんが「villa aida」を訪れた様子のムービーは、ヴーヴ・クリコ公式LINEアカウントにて5月12日よりご覧いただけます。

ヴーヴ ・ クリコ ラ・グランダム 2015 商品概要

□商品名:Veuve Clicquot La Grande Dame 2015 × Paola Paronetto 

(ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム 2015 × パオラ・パロネット)

□価格:29,370円(税込)

□内容量:750ml 1本

□ブレンド:ピノ・ノワール 90%、シャルドネ 10%

□ドサージュ:6g/L

□熟成ポテンシャル:15年以上

□サーブ:最適温度 10~12度

□取り扱い:全国の主要百貨店他

■ヴーヴ・クリコについて

1772年にフランスのランスで創業して以来、シャンパーニュメゾン、ヴーヴ・クリコは、人々の生活に大胆な彩りを与えてきました。ヴーヴ・クリコは、シャンパーニュカテゴリーを超えた「ラグジュアリーブランド」として、人々に夢と希望、そして美しいライフ スタイルを提供し続けることをブランドのミッションとしています。「ソレール=太陽のように輝くブランド」として、その象徴的な “イエロー” カラーを通し、人々に「夢」「希望」「喜び」に溢れた美しいライフスタイルと体験をお届けします。大胆さと革新的な感性をもち、シャンパーニュ地方の「ラ・グランダム(偉大なる女性)」として知られたマダム・クリコがメゾン経営を引き継いだのは1805年のことでした。まもなく、商才を遺憾なく発揮してメゾンの礎を築いたマダム・クリコは、まだまだ女性が

ビジネスに進出することが困難であった時代に、初期のビジネスウーマンとも言うべき存在となりました。マダム・クリコの情熱、ビジョン、そして内からあふれでるフランスならではのアール ド ヴィーヴルは、今日まで、彼女の名前を冠するメゾンの中に生き続けています。

ヴーヴ・クリコは、アイコニックなイエローラベルをはじめとする卓越したシャンパーニュと、世界中の楽しい体験を通して、人々に喜びを届けます。

www.veuveclicquot.com


ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム 2015 × パオラ・パロネット スペシャルWEBサイト

https://www.veuveclicquot.com/ja-jp/our-champagne/la-grande-dame-2015


【ヴーヴ・クリコのLINEでは最新情報なども配信中。この機会に、是非友だち登録を!】

 •Facebook: facebook.com/veuveclicquot

 •Instagram: instagram.com/veuveclicquot

 •Twitter: twitter.com/veuveclicquot


#veuveclicquot  #liveclicquot #LaGrandeDame


モエ ヘネシーの環境配慮「Living Soils, Living Together生きた土壌、共に生きる」に関してはこちら

https://www.mhdkk.com/company/csr/sustainable_development/living_soils/


MHDモエ ヘネシー ディアジオのSustainability/CSRに関してはこちら

https://www.mhdkk.com/company/csr/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
イベント
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社

200フォロワー

RSS
URL
http://www.mhdkk.com/index.html
業種
商業(卸売業、小売業)
本社所在地
東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビ ル13F
電話番号
03-5217-9777
代表者名
ブルノ・イヴォン
上場
未上場
資本金
-
設立
-
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード