3割以上の人事が、自身の評価に不満?! ~人事のホンネ アンケート調査を実施~

人事担当者のためのポータルサイト「人事の図書館」でアンケートを実施しました。

株式会社学情(本社:東京都中央区・大阪市北区/代表取締役社長:中井清和)は、運営している人事担当者のためのポータルサイト「人事の図書館」の会員向けアンケート調査を実施いたしました。「人事の仕事、やりがいを感じている?評価されている?」「面接は3秒で決まるってホント?」「応募者のSNSって本当にチェックしてる?」「1人当たりの採用単価とその理想は?」等、普段なかなか表に出ることのない人事のホンネを直撃!今回は、人事の皆さんがその仕事についてどう感じているのかをお知らせします。
▼「人事のホンネ」アンケートは、「人事の図書館」からご覧ください。
https://jinji-library.jp/report/3039/

【TOPICS】
1.人事の97.2%が、仕事にやりがいを感じている。一方、3割以上が評価に不満。
2.人事の役割については、立場によって考えが異なる。

1.人事の97.2%が、仕事にやりがいを感じている。一方、3割以上が評価に不満。

 

回答者の97.2%が人事の仕事へのやりがいを感じていると回答。『人と会社の成長といった両軸で貢献できる』、『採用した方が活躍すると嬉しい』、『入社だけでなく社員の成長にも携われる』といった声が目立ったほか、『これほど学び続けられる業務はほかにはない』という声も挙がりました。

 

「人事の仕事は社内で評価されていると思うか」については「はい」と答えた方が18.2%、「どちらかといえば、はい」を合わせても68.5%に留まりました。「はい」と答えた方からは、『会社から最重要部門として認知されている』、『人材は必要不可欠だと感じる』という声が挙がった一方、「どちらかといえば、はい/いいえ」「いいえ」と答えた方からはネガティブな声も目立ち、『営業部門が花形だからやっている業務が理解されていない』、『現場との温度差を感じる』『人事のスキルの専門性が評価されにくい』、といった声も。自身の仕事が定量的に評価しづらい部門なだけに、職場の人事の仕事に対する理解度が、担当者の評価に対する満足度に繋がっており、人事のやりがいアップにはいかに成果を可視化し社内の理解を得るかが重要といえます。

2.人事の役割については、立場によって考えが異なる。

人事の役割について尋ねたところ、「経営戦略の中枢を担う、企業運営で最重要な役割」が最多の32.2%、僅差で「最重要とは言えないが、経営戦略の中枢を担う役割」が続き、3分の2弱が企業の経営戦略に大きく影響する役割と考えていることが分かりました。

回答者の職場での立場別に集計したところ、採用戦略の決裁権者は「経営戦略の中枢を担う、企業運営で最重要な役割」と答えた方が半数を超えました。一方、実務担当者のそれは22.2%に留まり、「経営戦略とまでは言えないが、組織活性化に必要な役割」が最多の46.7%となっております。実務担当者は「企業の経営戦略の中枢と考えている」と答えた2項目の合計も35.5%と、決裁者・立案者の同値の半数以下でした。採用戦略の決裁権者は人事の業務を重要な経営戦略としてとらえる一方で、若手の実務担当者はそう捉えていないといった傾向がみえました。

他にも、「人事のホンネ」アンケートには、「面接は3秒で決まるってホント?」「応募者のSNSって本当にチェックしてる?」「1人当たりの採用単価とその理想は?」等といった調査結果を収録しています。

▼「人事のホンネ」アンケートは、「人事の図書館」からご覧ください。
https://jinji-library.jp/report/3039/

■調査概要
・調査対象:全国の人事担当者
・調査方法:「人事の図書館」登録会員へのWeb調査
・調査期間:2020年10月1日~2020年10月15日
・有効回答数:143名

■「人事の図書館」とは
2020年10月に1周年を迎えた、学情が運営する人事担当者のためのポータルサイト。学情の得意領域の「20代通年採用」や人事・採用にまつわる最新のトレンドを始めとした様々な情報を毎週月曜日に掲載。記事はすべて、編集部による直接取材により作成。他のメディアでは見ることができないオリジナルな情報が満載のメディアです。

■株式会社学情とは
東証一部上場・経団連加盟企業。法人株主として朝日新聞社・大手金融機関が資本出資。17年前から、「20代通年採用」を提唱。会員数40万名の、ダイレクトリクルーティングサイト会員数No.1の「就職情報サイト〈あさがくナビ(朝日学情ナビ)〉」や、会員数150万名の「20代専門転職サイトNo.1の〈Re就活〉」を軸に、業界で唯一20代の採用をトータルにサポートする大手総合就職・転職情報会社です。
また1984年に日本で初めて「合同企業セミナー〈就職博〉」を開催して以降、合同企業セミナーのトップランナーとして、年間延べ来場学生20万名以上の日本最大級の「合同企業セミナー〈就職博〉」や、20代動員数No.1の「20代・30代対象の合同企業セミナー〈転職博〉」を運営。2019年には外国人材の就職・採用支援サービス「Japan Jobs」を立ち上げるなど、若手人材の採用に関する多様なサービスを展開しています。
[創業/1976年 資本金/15億円 加盟団体/一般社団法人 日本経済団体連合会、公益社団法人 全国求人情報協会/日本就職情報出版懇話会 代表幹事会社]
https://company.gakujo.ne.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社学情 >
  3. 3割以上の人事が、自身の評価に不満?! ~人事のホンネ アンケート調査を実施~