【教員採用試験】2021年受験生必見!「人物対策 特訓編」が、資格の学校TACで7月から開講。

小人数制で相互研究型の実践講座です。

資格取得に向けた教育サービスを展開しているTAC株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:多田 敏男)では、今年の教員採用試験を受験する方に向け、「人物対策 特訓編」を、2021年7月から開講します。

 

人物対策 特訓編:https://www.tac-school.co.jp/kouza_kyoin/kyoin_crs_op_tokkun.html

 


人物対策 特訓編とは
2021年の人物試験に向けてTACが開講する最後の人物試験対策です。これまでの人物対策実践編を発展させた相互研究型の講座として、チームでの実践を重視した対策を実施します。受験者、面接官、教師、生徒など、様々な立場を体験しながら、互いの実力を比較・評価し、多角的視点の獲得をめざします。人物対策指導の中核を担う講師陣の戦略的アドバイスのもと、実践を主体的・協働的学習へとつないでいきましょう。

コース概要
<個人面接 特訓>  1回180分
・グループ練習
 2チーム編成で、頻出質問の回答練習を行います。講師主導のもと、自分の回答内容や答え方を他者と相互比較・検討し、多角的視点で改善を図ります。
・ロールプレイング
 実際の個人面接を想定し、一人ずつロールプレイングを行います。全員が実践練習・面接官役を最低1回は経験し、チームとして、また個人としての面接戦略を磨きます。

開講情報:


<集団討論 特訓>  1回180分
・グループ練習
 まずは簡単なグループ課題に取り組み、エンカウンター体験を深めます(構成的グループエン カウンター)。教師らしいふるまい・発言について考えましょう。
・ロールプレイング
 実際の集団討論を想定し、順番にロールプレイングを行います。提示された課題について、集団の中で自分がどのような貢献をするかを意識し、経験を積むことが目的となります。

開講情報:


<模擬授業 特訓>  1回180分
・授業案作成
 講義当日までに各自で授業案を作成をします。
・ロールプレイング
 教師役と生徒役に分かれてチームで模擬授業研究をおこないます。1名あたり約30分を使い、模擬授業と講師によるコーチングを順に実施。様々な授業スタイルと評価を知ることで、基本授業力と本試験での精神的安定感を高めていきます。

開講情報:


▽講師


鴨田 拓 講師
大手予備校で教員採用試験に約10年携わり、全国の試験を熟知。聞き手を全く飽きさせないスピーディーかつパワフルな講義で絶大な人気を獲得している。明快な出題ポイントの指摘と一度聞くだけで記憶に焼きつく巧みな解説は受験生必見。
 


水口 敏也 講師
教育系大学院を修了後、高等学校社会科の教師として活躍。多数の教材・教育図書の製作や編さんにも携わる。確かな知識と実務経験に基づいた的確な指導に定評がある。

 


高橋 俊明 講師
東京都教育庁及び、市教育委員会の教員人事担当管理職として長く勤務し、教員の採用や配置等について熟知している。これらの行政経験や統括校長として教員の育成に取組んだ経験を基に、受験者へ適切な助言をしている。
 


河東 久信 講師
大学院文学研究科修了後、大学や教員・公務員専門予備校で教鞭をとる。専門は論作文指導と人文系一般教養。初学者にもわかりやすく、効果的なメソッドを伝える講義に定評があり、受講生からの信頼も厚い。

受講料
1講義あたり通常受講料 ¥10,000円(教材費・消費税込み)

▽詳細・お申込みはこちら
https://www.tac-school.co.jp/kouza_kyoin/kyoin_crs_op_tokkun.html

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. TAC株式会社 >
  3. 【教員採用試験】2021年受験生必見!「人物対策 特訓編」が、資格の学校TACで7月から開講。