日本初※実質再生可能エネルギー100%利用の分譲タワーマンション「ドレッセタワー武蔵小杉」が始動

~脱炭素社会への貢献や、安全・安心で一人ひとりのライフスタイルに対応した住まいの提供に取り組みます~

東急株式会社(以下、東急)と、伊藤忠都市開発株式会社(以下、伊藤忠都市開発)は東横線・目黒線武蔵小杉駅徒歩3分、実質再生可能エネルギー100%の電力を利用した、免震構造の分譲タワーマンション「ドレッセタワー武蔵小杉」(以下、本物件)の竣工を2024年5月、モデルルームのオープンを2022年1月に予定しています。本日9月27日に、ホームぺージにて本物件の詳細情報を公開します。分譲タワーマンションにおける実質再生可能エネルギー100%利用は、日本初の取り組みです。

東急株式会社(以下、東急)と、伊藤忠都市開発株式会社(以下、伊藤忠都市開発)は東横線・目黒線武蔵小杉駅徒歩3分、実質再生可能エネルギー100%の電力を利用した、免震構造の分譲タワーマンション「ドレッセタワー武蔵小杉」(以下、本物件)の竣工を2024年5月、モデルルームのオープンを2022年1月に予定しています。本日9月27日に、ホームぺージにて本物件の詳細情報を公開します。分譲タワーマンションにおける実質再生可能エネルギー100%利用は、日本初の取り組みです。

本物件の全住戸・共用部の電力は、再生可能エネルギー由来の電力小売事業業界最大手のネクストパワー社より調達し、高圧一括受電方式で提供する、非化石証書を利用した実質再生可能エネルギー100%で賄います。また、共用部の一部電力には太陽光発電による電力を使用することに加え、共用部には非常時に使用可能な蓄電池設備を採用しているほか、電気自動車(EV)の普及に対応し、EVカー対応の機械式駐車パレットを複数台導入します。

本物件は、“ひとつ先を住まう”をコンセプトに掲げ、脱炭素社会への貢献、新しい働き方・暮らし方への対応、スマートホームや顔認証などデジタル技術の導入、防災対策などの観点から、次世代のライフスタイルに対応した住宅提供を目指します。
3階の共用施設“ENGAWAラウンジ”は、読書などに適した「和」をコンセプトとする静かな空間で、テレワークが可能な複数の個室ブースを設置しています。加えて、屋上テラス“ルーフトップラウンジ”には、「空の仕事場」をテーマにしたWi-fi完備のワークスペースを設けるとともに、キッズスペース、大型LEDモニターを併設したシネマラウンジを設置し、多様な生活シーンで利用できる空間を提供します。
また、エントランス・エレベーターには、非接触で解錠可能な「顔認証システム」を導入し、住戸部分においては、外出先でスマートフォンから家電の操作ができるスマートホームサービスが利用可能なほか、テレワーク環境の整備やリフレッシュ空間の創出など、多様化するお客様のライフスタイルに対応する間取り変更のメニュープランを用意しています。

東急は住宅事業において、2023年10月中旬に「ドレッセタワー新綱島」、2024年1月上旬に「ドレッセタワー南町田グランベリーパーク」の竣工を予定しています。今後も、脱炭素社会への貢献や、安全・安心で一人ひとりのライフスタイルに対応した住まいの提供に取り組むことで、事業を通じた社会価値を提供するとともに、東急線沿線のサステナブルなまちづくりを推進していきます。
詳細は別紙の通りです。
※当社調べ(2021年9月27日時点)
 



                                           以      上


 
  1. プレスリリース >
  2. 東急 >
  3. 日本初※実質再生可能エネルギー100%利用の分譲タワーマンション「ドレッセタワー武蔵小杉」が始動