【夏休み自由研究イベント】探究の夏! 研究の夏! 脳科学者・茂木健一郎が京大の動物博士と考える「サルのふしぎ・ヒトのふしぎ」2022年7月24日(日)に開催決定!

まだまだ「わかっていないこと」がたくさんあるサルの生態は、どうやって解明していけるんだろう?  この夏、〈探究学習〉の手法を学び、答えのない自由研究に挑戦してみよう!

株式会社小学館集英社プロダクション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:都築伸一郎、以下「ShoPro」)と株式会社ブックハウスカフェ(本社:東京都千代田区、代表取締役:今本義子、以下「ブックハウスカフェ」)は、絵本「どうぶつのわかっていること・わかっていないこと」(小学館集英社プロダクション)の刊行を記念して、「脳科学者・茂木健一郎が京大の動物博士と考える『サルのふしぎ・ヒトのふしぎ』」を、2022年7月24日(日)に開催いたします。

こちらは、ブックハウスカフェ店舗参加とオンラインでの、ハイブリッド実施となります。

  • 「サルたちのナゾとふしぎ」を〈探究学習〉でひも解く
今回のイベントでは、2022年7月22日(金)発売の絵本「どうぶつのわかっていること・わかっていないこと」(小学館集英社プロダクション)の監修に携わった京都大学野生動物研究センターのセンター長・伊谷原一博士が、脳科学者の茂木健一郎氏とともに、子どもたちと一緒に「サルたちのナゾとふしぎ」を考察していきます。

イベントでは、事前課題として子どもたちに、幸島にすむニホンザルたちの生態のナゾを考えてもらい、ナゾの検証方法を、伊谷博士と茂木先生と一緒に考えていただきます。※下記詳細参照

答えのない問いに対して、自ら考えて新しい道を拓いていく力をはぐくむ〈探究学習〉の手法を学べる、実践的なイベントです。
  •  探究学習とは?
子どもたちが自ら未来を切り開いていく力をはぐくむことを目的とした「主体的・対話的で深い学び」を実現するための学習方法。

算数のように答えがあらかじめ決まっている認知能力ではなく、数値化して測ることの難しい内面的なスキル、すなわち「答えのない問いに向き合う力」を鍛える。

具体的には「仮説を立てるスキル」、「周囲とコミュニケーションを図るスキル」、「目標を立てるスキル」、「新しい発想で道を切り開くスキル」などがあげられ、正解のない予測困難な社会に対応するために必要な学習方法として注目されています。
 
  • イベント特典
動物博士認定証がもらえる!
イベントに参加すると、動物博士認定証がもらえるよ!
(オンライン参加の方は、認定証データをお渡しいたします)
 
自由研究のヒントをもらえる!
迷いがちな夏休みの自由研究のヒントになる!
動物博士の研究方法を真似して、君だけの自由研究をやってみよう!
 
動物博士と茂木先生が一緒に仮説を考えてくれる!(店舗参加者限定)
事前に考えてきてくれた仮説の研究方法を、動物博士と茂木先生が直接レクチャーしてくれる!

特製ステッカーがもらえる!(店舗参加者限定)
イベント特製ステッカーがもらえるよ!
  • イベント詳細
新型コロナウィルスの感染拡大を防止する観点から、本イベントは「店舗参加型」と「オンライン参加型」のハイブリッド実施となっております。

日時
2022年7月24日(日) 15:00~16:30(14:30開場)

場所
ブックハウスカフェ 2F
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5

参加方法
完全予約制

参加費
店舗参加型1組 3,000円/オンライン参加型1組 1,000円

参加人数
店舗参加型 15組まで/オンライン参加型 100組まで
※小学生1名・保護者1名で1組(小学生1名のみでの参加も可)、15組限定。
※参加組数は先着順となります。本イベントへの参加にあたっては、キャンセル待ち等の対応はしておりません。

事前課題
あり。下記【事前課題】参照

参加特典
  1. 店舗参加型の参加者には、「動物博士認定証」を差し上げます。オンライン参加型の参加者には、参加申し込み時にご連絡いただいたメールアドレス宛に、「動物博士認定証データ」をお送りします。
  2. 店舗参加型の参加者に限り、提出した事前課題の仮説について、その場で登壇者による検証やコメントが直接もらえます。(オンライン参加型の場合は、ありません。)
  3. 店舗参加型の参加者には、「イベント特製ステッカー」を差し上げます。(オンライン参加型の場合は、ありません。)

その他
  1. 上記参加費は、すべて税込み金額となります。
  2. 「オンライン参加型」の場合、ビデオコミュニケーションサービスツール「Zoom」を介して、本イベントにオンラインで参加していただく参加形態となります。参加用URL等、オンライン参加型の参加方法等の詳細については、後日、お申込み者にお送りするメール記載の情報をご確認ください。
  3. 店舗参加型の参加者は、開催日前日までに事務局にご連絡をいただければ、オンライン参加型へ切り替えることができます。この場合、当日配布予定の「動物博士認定証ステッカー」を、後日、参加者が申し込みをした際の住所へ郵送いたします。ただし、「動物博士認定証データ」はお送りしません。また、参加形態の切り替えに伴う差額分の参加費の返金はいたしません。あらかじめご了承ください。
  4. 本イベントは、日本語で提供され、日本国内に居住する方且つ日本国内から参加する小学生を対象(小学3~6年生推奨)としております。
  • 参加申し込み
申込期間
2022年6月30日(木)午前0時~2022年7月20日(水)23:59まで


本イベントへの申し込み及び参加費のお支払い手続きは、下記URLから行ってください。

申込手続きの完了をもって、本イベントへの参加申込が完了したものとみなします。なお、申し込み完了後においては、キャンセル、支払拒否、返金等の対応はできかねますので、ご容赦ください。

その他の詳細については、下記URL内にある情報をご確認ください。

<イベント詳細ページ>
https://bookhousecafe.jp/event/content/508

・店舗参加型 3,000円 小学生1名・保護者1名で1組(小学生1名のみでの参加も可)、15組限定
<ご予約ページ>
https://bookhousecafe.stores.jp/items/62b2f785288b80354b388a11

・オンライン参加型 1,000円 小学生1名1組 100組限定
<ご予約ページ>
https://bookhousecafe.stores.jp/items/62b1a71839da5f70420b8375
  •  事前課題(店舗参加者必須、オンライン参加者は任意)

宮崎県の幸島(こうじま)に住むニホンザルは、イモを洗ってから食べる。

でも、このサルたちが、なぜイモを洗うのか、わかっていない。

幸島に住むニホンザルが、なぜイモを洗うのか、君の仮説を考えてみよう!


※こちらの課題は、ご予約完了時にお送りするメールに貼付しているURLからご回答ください。
※店舗参加の皆様は、当日、ご自身の仮説をメモに書いてお持ちください。
  • 登壇者プロフィール

伊谷原一教授伊谷原一教授

伊谷 原一(いだに・げんいち)
京都大学野生動物研究センター長・教授。京都大学理学博士。野生ボノボや野生チンパンジーの生態・行動・社会学的研究、飼育下類人猿の環境エンリッチメントや行動学的研究、アフリカ類人猿の保全活動などに携わる。

茂木健一郎先生茂木健一郎先生

茂木 健一郎(もぎ・けんいちろう)
1962年生まれ。東京大学理学部、法学部卒業後、同大学院理学系研究科修了。クオリア(感覚の持つ質感)を研究テーマとする。『脳と仮想』(新潮社)で第4回小林秀雄賞を受賞。近著に『意思決定が9割よくなる 無意識の鍛え方』(KADOKAWA)など。
  • お問い合わせ
ブックハウスカフェのお問い合わせフォームよりご質問ください。
https://bookhousecafe.jp/contact
  • イベント主催・協力
■共催
株式会社小学館集英社プロダクション
株式会社ブックハウスカフェ

■協力
株式会社電通
京都大学野生動物研究センター(WRC)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社小学館集英社プロダクション(ShoPro) >
  3. 【夏休み自由研究イベント】探究の夏! 研究の夏! 脳科学者・茂木健一郎が京大の動物博士と考える「サルのふしぎ・ヒトのふしぎ」2022年7月24日(日)に開催決定!