世界の自動車用塗料市場-サイズ調査、塗料の種類別、技術別、樹脂の種類別、テクスチャー別、車両タイプ別(乗用車、軽商用車、トラック、バス)、内容別、地域予測2020-2027年

Kenneth Researchは調査レポート「世界の自動車用塗料市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2020年11月 26日に発刊しました。これは、2020〜2027年の予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。

レポートのサンプルURL:
https://www.kennethresearch.com/sample-request-10336484

レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

自動車用塗料は水性溶液と呼ばれ、スプレーガンを使用して自動車の表面にスプレーされます。これらの塗料はポリウレタンベースのエナメルでできており、自動車の表面を環境への損傷から保護し、自動車の美観を高めます。世界の自動車用塗料市場の成長を推進する主な要因は、自動車生産の増加、厳しい排出規制、および環境に優しい塗料の市場を強化するための塗料製造プロセスに対する環境への懸念です。

世界の自動車用塗料市場は2019年に約90億米ドルと評価されており、2020ー2027年の予測期間中に2.88%を以上の成長率で成長すると予想されています。

交通事故の増加は、自動車や政府の主な懸念事項の一つです。国道交通安全局(NHTSA)によると、2016年の米国の交通事故による総死亡者数は37,461人で、2015年から5.6%増加しました。さらに、自動車業界は安全技術の劇的な変化を目の当たりにしています。安全機能の需要は、今後数年間で急速に発展すると予想されます。車両と乗客の安全性の問題が拡大するにつれて、自動車には高度でスマートなテクノロジーが搭載されています。

しかし、自動車用塗料を製造するための原材料価格の上昇が需要を妨げています。また、費用対効果の高い自動車用塗料の製造に重点を置くことで、市場に有利な機会がもたらされると予想されます。

快適さと安全性に関する高度で安全なソリューションをお客様に提供するために、自動車業界は長年にわたって大きく変化しました。2009年から2019年の間に、自動車生産の著しい成長が観察されました。OICA(国際自動車メーカー協会)によると、自動車と商用車の両方を含む自動車生産は、2009年の61,762,324から2019年の91,786,861に増加しました。

2019年にドイツ、日本、米国は、最高の自動車輸出国でした。さらに、世界中のスマートシティや自動車の接続性などの技術の進歩の進展に伴う人口の増加と人々の収入の増加は、世界の自動車用塗料市場の成長に貢献している主要な要因です。この調査は、CO2排出量の増加と自動車業界に関連する厳しい政府規制による、電気自動車に対する成長の見通しとともに、課題、傾向、機会、高まる傾向など、包括的で生産的な計画に焦点を当て、クライアントが全体的な市場シナリオを理解できるよう支援します。

市場セグメンテーション洞察
世界の自動車用塗料市場は、、塗料の種類別(エレクトロコート、プライマー、ベースコート、クリアコート)、技術別(溶剤型、水性、粉体塗装)、樹脂の種類(ポリウレタン、エポキシ、アクリル)、テクスチャー別(固体テクスチャー、メタリックテクスチャ、マット仕上げ塗料、真珠光沢塗料、太陽光反射塗料)、車両タイプ別(乗用車、軽商用車、トラック、バス)、内容(エレクトロコート、溶剤型塗料、水性塗料)などによって分割されています。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

世界の自動車用塗料市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。

北米は、世界をリードする/重要な地域
北米は、環境にやさしい塗料の需要を高めるための厳しい汚染規制と塗料製造プロセスの環境問題の点で、世界をリードする/重要な地域です。一方、アジア太平洋地域も2020-2027年の予測期間中に最高の成長率/ CAGRを示すと予想されます。自動車仕上げの市場を推進するために業界で組織化されたプレーヤーの存在を増やすなどの要因は、アジア太平洋地域全体の自動車用塗料市場に有利な成長見通しを生み出します。

世界の自動車用塗料市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
  • 北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • 中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

主要企業
世界の自動車用塗料市場における業界のリーダーはPPG、BASF、Axalta、Akzonobel、Sherwin Williams、Kansai、Solvay、Valspar、Covestro、3M、DOW Chemical、KCC、Nippon Paintなどです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。さらに、レポートは、主要なプレーヤーの収益、企業が提供する製品、およびいくつかの主要な財務指標に関する計算分析を提供します。また、企業の本社、設立年、従業員の総数、企業の概要、企業が取った事業戦略など、その他のいくつかの支援情報も市場のレポートに含まれています。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/automotive-paint-market/10336484

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 世界の自動車用塗料市場-サイズ調査、塗料の種類別、技術別、樹脂の種類別、テクスチャー別、車両タイプ別(乗用車、軽商用車、トラック、バス)、内容別、地域予測2020-2027年