株式会社INPEXの島根・山口県沖合における探鉱事業の出資採択について~JOGMEC初の国内探鉱出資対象事業~

JOGMECは、株式会社INPEX(以下、「INPEX」))の子会社である株式会社INPEX山陰沖開発(以下、「INPEX山陰沖開発」)が島根・山口県沖合においてオペレーターとして実施する探鉱事業について、出資対象として採択しました。
プレスリリース本文はこちら↓
https://www.jogmec.go.jp/news/release/news_08_00009.html?mid=pr211217INPEXは、2010年代初頭より油・ガス田の成立が期待される島根県から福岡県の沖合海域において地質物理探査評価作業を実施してきました。その一環として、2012年には、JOGMECが経済産業省からの受託事業として実施した基礎物理探査「山口沖3D」の物理探査データ取得について、INPEXはデータ解釈作業をJOGMECより受託しました。これらの結果に基づき、INPEXは、2016年には経済産業省より受託した基礎試錐「島根・山口沖」の調査作業を実施しました。同結果及びその後の地質物探評価作業を経て、島根・山口県沖合において石油・天然ガスの賦存が期待されることから、INPEX山陰沖開発が2022年3月より試掘調査を実施することとしたものです。

本事業は、JOGMEC初の国内における探鉱出資対象事業であるとともに、国が進めてきた基礎物理探査や基礎試錐の成果を活用して民間企業がオペレーターとして事業を引き継ぐ最初の事例です。商業規模の石油・天然ガスが発見されれば、我が国のエネルギー安定供給に直結するものであり、また、INPEXが取り組む国産エネルギー資源の有効かつ効率的な活用を一層充実させ、INPEXの持続的発展に寄与することが期待されます。

■ 事業実施会社の概要
名称 株式会社INPEX山陰沖開発
設立年月日 2019年12月9日
代表取締役 平山 公也 氏
JOGMEC出資比率 試掘井掘削費用等については対象事業費の75%を限度とするが、将来的には対象事業費の50%となるよう調整する(ただし、議決権は、常時、INPEX 50%超、JOGMEC 50%未満)

 

■ 試掘井掘削位置
山口県北沖合約150キロメートル、島根県北西沖合約130キロメートル、水深約240メートル

■ 権益保有比率
株式会社INPEX山陰沖開発(オペレーター) 100.0%

■ 採択の内容

 

採択年月日 2021年12月27日
出資見込額 約165億円
採択理由 本事業については、(1)技術的事項、(2)経済的事項、(3)政策的事項、(4)事業実施関連事項等の観点から構成されるJOGMECの採択審査基準を満たすと判断されることから、出資対象事業として採択することとした。
また、本事業は、一定規模の埋蔵量が期待されるオペレーター案件であることに加え、国内の事業であり、開発産業育成の観点から戦略的意義を有することから、一部の費用について75%出資対象として採択することとした。
なお、本件の採択に際しては、経済産業大臣と協議し、同意を得ている。

■ 参考:

位置図位置図

プレスリリース本文はこちら↓
https://www.jogmec.go.jp/news/release/news_01_00002.html?mid=pr220117
  1. プレスリリース >
  2. JOGMEC >
  3. 株式会社INPEXの島根・山口県沖合における探鉱事業の出資採択について~JOGMEC初の国内探鉱出資対象事業~