人権フォーラム2021「コロナ禍における子どもたちへの支援」を開催

ラジオ公開生放送内で開催!

新型コロナウイルス感染症により様々な制限が強いられる中、学校や家庭など子どもたちを取り巻く環境にも、大きく影響を及ぼしております。このような中で、子どもたちの人権問題をはじめ、感染症に関する不当な差別やSNSでの誹謗中傷など様々な問題について、理解を深めていただくため、KBS京都開局70周年記念番組「夢は叶う!」(6月25日~27日)内で人権フォーラムを実施、併せてラジオ公開生放送を行います。是非、私たち一人ひとりに求められることや行動すべきことは「何か」について考える機会にしてください。

  • 開催日時
令和3年6月25日(金) 午後3時~5時
  ◆KBS京都開局70周年記念番組「夢は叶う!」内でラジオ公開生放送◆
  ※基調講演は、ラジオ放送を行いませんが同会場で実施します。
 
  • 会場
KBSホール(京都市上京区烏丸上長者町 KBS京都放送会館)
 
  • 内容
○基調講演
「コロナ禍における子どもへの影響と支援方策」」
 大阪府立大学大学院人間社会システム科学研究科教授  山野 則子(やまの のりこ)
 
○コロナ差別等に対する府の取組
 京都府人権啓発推進室室長  角田 幸総(つのだ よしふさ)

○パネルディスカッション
 ・進行:KBS京都アナウンサー  梶原 誠(かじわら まこと)
 ・コーディネーター&パネリスト
  (公財)世界人権問題研究センター所長(神戸大学名誉教授) 坂元 茂樹(さかもと しげき)
 ・パネリスト
  大阪府立大学大学院人間社会システム科学研究科教授     山野 則子(やまの  のりこ)
  外務省NGO相談員/認定NPO法人テラ・ルネッサンス   栗田 佳典(くりた よしのり)
  KBS京都 笑福亭晃瓶のほっかほかラジオDJ       笑福亭晃瓶(しょうふくてい こうへい)
                               中村 薫(なかむら かおる)
  ※笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ
 KBS京都ラジオで毎週月曜日~金曜日の朝6:30~10:00に放送されているラジオ番組。
 1998年4月6日にスタートし放送回数は5,500回をこえる。家族との語らいのように、笑いにあふれ、気取らず聴ける、朝ワイドとして存在感を放ち続けている
 
  • 申込み等
事前申込み不要(多数の場合は、会場において入場制限)
入場無料
 
  • 主催者
京都府、(公財)世界人権問題研究センター、京都人権啓発推進会議


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 京都府 >
  3. 人権フォーラム2021「コロナ禍における子どもたちへの支援」を開催