観光案内所「中部地方インフォメーションプラザin 京王新宿」にて高山グリーンホテルで取り扱う飛騨土産品を期間限定で販売します!

~「高山グリーンホテルin 京王新宿」~

 京王電鉄株式会社(本社:東京都多摩市、代表取締役社長:紅村 康)と株式会社高山グリーンホテル(本社:岐阜県高山市、代表取締役社長:中島 一成)では、2021年10月14日(木)から10月24日(日)の11日間、新宿京王モール内の観光案内所「中部地方インフォメーションプラザin 京王新宿」にて、「高山グリーンホテルin 京王新宿」を開催します。

 

 

 本企画は、飛騨高山随一の面積を誇り、7,000点以上の地域産品を一堂に集めた高山グリーンホテル土産物処「飛騨物産館」から厳選した商品である飛騨高山名物の朴葉味噌や漬物、飛騨物産館オリジナル商品等、魅力ある飛騨高山土産を新宿で販売します。また、会場では飛騨高山周辺の観光地やホテル館内の様子の動画放映やポスター展示などによる、飛騨高山観光ならびに高山グリーンホテルの魅力の紹介のほか、京王グループが飛騨高山で提供する飛騨の旅を便利にするMaaSサービス「TAMa-GOたま・ごー)紹介も行います。

 なお、今回の輸送は、飛騨高山の農産物輸送で活用している、当社グループの高速バス「飛騨高山線」と京王線による貨客混載を活用し、飛騨高山からの輸送に伴う環境負荷の低減配慮しております。
また高速バスの車両には、岐阜県高山市と濃飛乗合自動車株式会社を始めとする、市内関係団体等との連携により、高山市がラッピングを施した、飛騨地域伝説の英雄「両面宿儺(りょうめんすくな)ラッピングバス使用し地域PRにもつなげます。

 新型コロナウイルスの影響により思うような旅行が難しい日々が続く中、土産品の販売を通じて飛騨高山の魅力を伝えることにより、同地域の知名度向上や観光誘致の拡大につなげるとともに、同地域商品の販売機会の拡大も図ることで、飛騨地域の経済活性化に一層貢献していきます。
 詳細は下記のとおりです。

1.「高山グリーンホテルin京王新宿」について
(1)概  要
 飛騨高山の土産品を一堂に集めた高山グリーンホテルの土産処「飛騨物産館」で取り扱う、魅力ある
 飛騨高山の土産品販売とともに、動画・ポスター等で飛騨高山観光ならびに高山グリーンホテルの魅力を
 紹介します。
(2)開催期間
 10月14日(木)から10月24日(日) 11:00~18:00
(3)開催場所
  中部地方インフォメーションプラザin 京王新宿
  住  所:東京都新宿区西新宿一丁目
       南口地下街一号(京王モール内)
  営業時間:11:00~18:00 


(4)販売商品
 高山グリーンホテル土産処「飛騨物産館」の土産品 ※…オリジナル商品
 朴葉味噌(緑亭朴葉みそ※)、漬物類(めしどろぼ漬、にっこりグーちゃん)、
 高山ラーメン(白川郷ラーメン※)、飛騨牛カレー(プレミアムビーフカレー※)、
 菓子類※(くるみむらさき、飛騨牛おこげ、天領閣(栗羊羹)、高山温泉まんじゅう)など 
 約20アイテムを予定

飛騨高山農産物輸送で活用する高速バス・鉄道による貨客混載輸送について
 ①岐阜県高山市から高速バス「飛騨高山線」で京王バス㈱永福町営業所へ輸送
 ②トラック・台車で八幡山駅へ(京王運輸㈱世田谷営業所経由)。八幡山駅から午前10時台の各駅停車
  新宿行きで京王線新宿駅へ輸送
 ③京王線新宿駅から「中部地方インフォメーションプラザin京王新宿」へ輸送
 


お客さまのお問い合わせ先
   京王お客さまセンター
   TEL.042-357-6161 平日・土休日9:00~18:00
   ※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業時間が変更となる場合がございます。

                                               以 上

【参考1】高山グリーンホテルについて
高山市で40年以上の営業実績を有する、市内の中心的ホテルとして強いブランド力と、地域との深い関係性を持った老舗ホテルです。2020年6月に、客室・レストラン・宴会場を備えた新館「桜凛閣(おうりんかく)」をオープンしています。
(所 在 地)岐阜県高山市西之一色町二丁目180番地
(敷地面積)約30,000㎡
(延床面積)約35,800㎡
(建物概要)① 本館、②天領閣別邸 和風本館、③天領閣 ④桜凛閣 客室238室
レストラン6店舗、宴会場8会場、土産物店「飛騨物産館」、温泉大浴場
(開 業 年)1973年
(H  P)https://www.takayama-gh.com
土産物店「飛騨物産館」
JR高山駅徒歩6分に位置する高山グリーンホテル直通のお土産処。高山中の土産を一堂に集めた館内7,000点以上の品揃えが自慢です。さらに、手作りさるぼぼ、手焼きせんべい、数々の試飲・試食や期間限定のイベントなど観光体験コーナーも多く揃えています。

 

飛騨高山の定番商品から、ちょっとツウなお土産までそろっており、「飛騨高山のお土産ミュージアム」として、地元の方にも人気です。
(所 在 地)岐阜県高山市西之一色町2-180
(高山グリーンホテル敷地内)
(営業時間)7:00~22:00(年中無休)


【参考】TAMa-GO(たま・ごー)について
 京王電鉄が提供する「スマホひとつでおでかけが便利になる」サービス。沿線のお出かけスポット情報が分かる「デジタルマップ」、24時間いつでも事前購入可能・非接触で使える「Webチケット」などが利用可能。現在、飛騨高山エリアでは「レンタサイクル・レンタカーのオンライン予約」のほか、新宿からの高速バス企画乗車券や高山市内での周遊バスチケットを発売中。
URL:https://tama-go.jp/

【参考両面宿儺(りょうめんすくな)ラッピングバスについて
 高山市が、都市部の若年層に飛騨高山を認知、想起してもらうことを目的に制作した飛騨高山の英雄「両面宿儺※」を施したラッピングバス。2台のバス車両にラッピングを施し、令和3年7月1日(木)より約1年間の予定で、飛騨高山~新宿、名古屋、京都・大阪、岐阜への高速バス路線等で運行。
  (制作)高山市観光連絡協議会
  (協力)濃飛乗合自動車株式会社、
      飛騨千光寺、両面宿儺遺蹟保存会
 高山市では両面宿儺ラッピングバスSNS投稿キャンペーンを開催中。先着300名様限定で素敵なプレゼント
 を準備しております。詳しくはこちら:https://www.hidatakayama.or.jp
 


【参考】京王グループにおける飛騨地域と連携したこれまでの取り組み
・1998年3月、京王電鉄バスにて高速バス路線「飛騨高山線」(新宿~飛騨高山間)を運行開始。
・2016年7月、訪日外国人をはじめ多くの観光客に中部地方の魅力を伝えるため、高山市など地域の
 自治体等が出展する観光案内所「中部地方インフォメーションプラザin京王新宿」を京王線新宿駅の京王
 モール内に開業。新宿から高山などを経由し金沢・富山へ至るルートを三つ星日本アルプスラインと名付け、
 バス乗車券を販売するなど、中央道を中心とした観光誘客を推進。
・2017年9月、新たな経済交流として、京王電鉄バスと濃飛乗合自動車が共同運行する「飛騨高山線」の
 高速バスのトランクを活用した「貨客混載」により、飛騨高山の新鮮な野菜や旬の果物を東京へ輸送し、京王
 ストアが運営する「キッチンコート永福町店」で販売開始。
・2020年4月、株式会社高山グリーンホテルが京王グループに加わり、同年6月には敷地内に客室・レスト
 ラン・宴会場を備えた新館「桜凜閣(おうりんかく)」を開業。
・2020年度、高山市に「企業版ふるさと納税」制度による寄附を実施 。高山市の観光振興を目的に、市街
 東側の由緒ある寺社が立ち並ぶ「東山寺町・東山遊歩道」入口の「大雄寺広場整備事業」に活用。
・2021年7月、飛騨高山の農産物を高速バスと京王線に積載し新宿まで輸送、観光案内所「中部地方イン
 フォメーションプラザin京王新宿」で販売する取り組みを開始。
・2021年7月、飛騨高山の天然ブランド鮎「飛騨のあばれ鮎」を高速バスに積載し新宿まで輸送、京王スト
 アが運営する「キッチンコート永福町店」「キッチンコート吉祥寺店」で販売開始。





 















 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 京王電鉄株式会社 >
  3. 観光案内所「中部地方インフォメーションプラザin 京王新宿」にて高山グリーンホテルで取り扱う飛騨土産品を期間限定で販売します!