【オリックス】多様な働き方に対応したサービスオフィス 「クロスオフィス日比谷」3月16日開業

「霞ケ関」駅直結、五感を刺激するビジネス空間を提供

オリックス株式会社(本社:東京都港区、社長:井上 亮)は、当社が運営するサービスオフィス「クロスオフィス」の7拠点目となる「クロスオフィス日比谷」を、2020年3月16日(月)に開業しますのでお知らせします。

ウエルカムラウンジ(イメージ)ウエルカムラウンジ(イメージ)

 

 

 

 

「クロスオフィス日比谷」は、東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ケ関」駅に直結し、銀座線「虎ノ門」駅より徒歩3分に位置します。利用者の強いニーズである機密性とセキュリティーを重視した、大小さまざまな個室オフィス(定員1名~25名)69室と、個々の働き方にも対応するブース、そして活発なコミュニケーションを促すコワーキングスペースで構成しています。入居者が共同利用できる機能として、会議室3室(定員6~10名)や英語対応が可能な受付を備えています。三面ガラス張りで日比谷公園の眺望を背景にミーティングが行えるプレミアム会議室も利用可能です。

「BUSINESS WELLBEING(ビジネス ウェルビーイング)」をコンセプトに、働く人の五感を刺激する空間・サービスを企画することで、想像力の活性化や仕事の効率化をサポートします。グリーンウォールや盆栽を設置し、集中力向上やストレス軽減などに適した音楽や香りをご提供します。また、20分程度の仮眠をすることで認知能力や注意力、想像力、記憶力が向上するという人間工学に基づき設計されたエナジーポッドを設置し、気分の切り替えをサポートします。

オリックスは、今後も多様化するサービスオフィスへのニーズに対応し、入居者の新たなビジネスチャンスや価値創造につながるオフィスをご提供してまいります。


1. コンセプト「BUSINESS WELLBEING(ビジネス ウェルビーイング)」
オフィスで働く一人ひとりが、Comfortable(快適)・Healthy(健康)・Happy(楽しさ)を実現できるオフィスとして設計しています。また、気分の切り替えができる空間を設け、想像力の活性化や仕事の効率化をサポートをします。

2. エリア
日比谷エリアは、東京有数の緑地である日比谷公園や皇居から連なる、緑豊かで親しみとにぎわいのある「環境共生空間」です。商業・オフィスなどの複合施設や、日本の中枢機能が集積する官公庁に近接する、革新と伝統が共存するエリアです。

3. 五感を刺激する空間・サービス

(1) 視覚:アートとスマート照明

コワーキングスペースの壁面にグリーンアートを設けることで、緑視率を高め、ストレスの軽減や疲労感を和らげる効果を促します。
また、スマート照明を採用し、集中ブースでは個々の気分(集中、読書、くつろぐなど)に合わせて最適な光を選択できます。一方、ウエルカムラウンジでは朝から夜までの1日の変化に合わせた調光・調色を行い、居心地の良い空間を演出します。

 


(2) 聴覚:BGMデザイン
ウエルカムラウンジやコワーキングスペースでは、コミュニケーションの活性化やリラックスを促す音楽、集中エリアでは生産性を高める音楽を流します。空間に適したBGMをデザインすることで、リラクゼーションやリフレッシュ効果、集中力の向上が期待できます。

(3) 触覚:盆栽芸術
日本伝統を継承しつつ、枠にはまらず革新的な独自のスタイルで作り上げる盆栽アーティスト 平尾 成志(ひらお まさし)氏の盆栽作品を季節に応じて展示します。鑑賞するだけではなく、入居者の皆さまが水やりを通して植物に触れることで、アーシング効果※が期待されます。また、盆栽が置かれる場所は、仕事の合間の息抜きやマインドセットの場となり、コミュニケーションのハブとしても機能します。盆栽に関連したワークショップなどのイベントも実施する予定です。
※アーシング効果…素足や素手で直接大地に触れることで体内の静電気を体外に放出し、地面から電子を取り
入れることによって電子的に健康な状態を目指すもの。


(4) 味覚:オフィス向け無人コンビニ
働く人々の健康を維持・向上し、パフォーマンスを最大化するために、オーガニックフードや機能性食品など体調を整えるための食品・飲料を、オフィス向け無人コンビニでご提供します(有料)。


(5) 嗅覚:オリジナルアロマ設計
香りとテクノロジーで新しい香り社会を描くベンチャー企業「株式会社コードミー」と協業して、脳波による感性把握技術※にもとづくオリジナルアロマで各空間をデザインします。集中ブースでは、気分に合わせて「フォーカス(集中)、リラックス(癒し)、エネルギー(元気)」の3種類から香りの選定が可能です。会議室では、議論の活性化を促す香りをご提供します。
※脳波を測定し、どういう感性になるのかを可視化する技術


4. その他の設備・サービス

(1) エナジーポッドの設置
20分前後の仮眠をすることで認知能力や注意力、想像力、記憶力が向上するという人間工学に基づき設計された「エナジーポッド」を1台設置します。
エナジーポッドは、20分間の快眠プログラムで自然な睡眠導入と爽快な目覚めをサポートすることで、仕事のオンオフの切り替えを促します。

(2) 開放的で上質なプレミアム会議室
三面ガラス張りで日比谷公園の眺望を背景にミーティングが行える開放的な会議室を設置します。日比谷公園にはクスノキが生息しており、クスノキの1枚板を使用したテーブルを設えます(有料・予約制)。

(3) 書籍の要約サービスの提供
書籍の要約サービス「flier(フライヤー)」をサービスオフィスとして初めて※導入します。話題のビジネス書などの内容を効率的に得られます。
※オリックス(株)調べ

■「クロスオフィス日比谷」概要

名称 クロスオフィス日比谷
所在地 東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング 9階
対象階床面積 2,355.17㎡
貸室タイプ
(予定)
個室 ベースタイプ(11.3㎡~99.4㎡) 46室(定員3~25名)
個室 スモールタイプ(3.2㎡~9.0㎡) 23室(定員1~2名)
ブース 専用デスク 21席
コワーキング 約80席
※賃料については、決定次第公式ウェブサイトで公開します。
利用時間 24時間365日
主な共用設備 コワーキングスペース、会議室3室(6人用×2室、10人用×1室)、
レセプション(平日午前8時30分~午後6時)、ウエルカムラウンジ、
オフィスコンビニ、エナジーポッド、電話ブース、Wi-Fi、フリードリンク、
複合機、宅配受け取り
アクセス 東京メトロ 丸の内線・日比谷線・千代田線 「霞ケ関」駅C4出口直結
東京メトロ 銀座線 「虎ノ門」駅 10出口徒歩3分
東京メトロ 有楽町線 「桜田門」駅 4出口徒歩10分
JR山手線・京浜東北線・東海道線・横須賀線、都営地下鉄浅草線、
ゆりかもめ「新橋」駅 徒歩10分
都営地下鉄 三田線 「内幸町」駅 A7出口徒歩3分
TEL クロスオフィスインフォメーションセンター 03-4582-1102
(受付時間 平日 午前9時~午後5時)
ウェブサイト https://www.crossoffice.jp/hi

 


■クロスオフィスについて
クロスオフィスは、オリックス株式会社が展開するサービスオフィス(サービス付きレンタルオフィス)です。2009年に「クロスオフィス渋谷」を開設し、現在6拠点(渋谷2拠点、内幸町、三田、新宿、六本木)を運営しています。拡張性とセキュリティーを重視した個室や、立地やエリアに集まる人の層を考慮して空間設計されたコワーキングスペースなど、入居者の多様な働き方を実現します。

<クロスオフィス 拠点一覧>

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オリックス株式会社 >
  3. 【オリックス】多様な働き方に対応したサービスオフィス 「クロスオフィス日比谷」3月16日開業