小田急線の駅に、新たな機能が加わります!テレワークのための個室ブース「テレキューブ」を設置

~駅の利便性向上とともに、働き方改革の推進に貢献~

小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司)は、2019年10月1日(火)から、テレキューブサービス株式会社 (本社:東京都港区 社長:小山田 佳裕)が展開する防音性の高い個室型コミュニケーションブース「テレキューブ」を、小田急線の経堂駅・町田駅に設置します。

テレキューブ(外観イメージ)テレキューブ(外観イメージ)

「テレキューブ」は、“ビジネスパーソンが周囲に気兼ねなく働けるセキュリティの高いコミュニケーションスペース”をコンセプトに作られた個室ブースです。ICTを活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方「テレワーク」の浸透に伴い、移動の合間における資料作成や、外出先でのビジネスに関する電話が必要な際にご活用いただけるものです。

今般、働き方改革の推進のための手段として注目が集まる「個室ブース」を駅に設置することで、駅の利便性向上を図ります。経堂駅は「都心における住宅エリア」、町田駅は「郊外における就業エリア」と異なるエリア特性があり、それぞれのご利用状況を踏まえて今後の展開方針を検討いたします。

当社では、今後も働き方改革等のニーズを踏まえた駅の利便性向上を推進してまいります。

「経堂駅・町田駅におけるテレキューブの設置」の詳細は以下の通りです。



1 導入
(1)経堂駅
①導入日
2019年10月1日(火)
②導入場所
改札内コンコース、エレベーター付近
③設置個数
2台
(2)町田駅
①導入日
2019年10月中(予定)
②導入場所
改札外コンコース
③設置個数 
2台

2 利用時間
9時00分~20時00分

3 利用料金
従量料金プラン 15分250円(税抜)

4 利用方法 
専用Webページ(https://telecube.jp)で会員登録後、利用予約が可能となります。

【参考】個室型コミュニケーションブース「テレキューブ」について
「テレキューブ」は、テーブル、イス、電源コンセントなどを備えた防音型のコミュニケーションブースで、セキュリティが保たれた静かな環境で、資料作成やメールなどの業務や、電話、Web会議などでのコミュニケーションが可能です。
働く人たちの生産性向上に貢献するため、周囲の目を気にすることなく秘匿性の高い情報を取り扱って業務を進めることができることに加え、遠隔地で行われている会議に、防音された空間から快適に参加できるなど個人用オフィスブースとしてお使いいただけます。

以上
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 小田急電鉄株式会社 >
  3. 小田急線の駅に、新たな機能が加わります!テレワークのための個室ブース「テレキューブ」を設置