パイオニア、CRI、Diracが開発した音響補正アプリケーションを富士通パソコンFMVへ提供

~オンライン会議の会話を聞き取りやすくする「ボイスモード」を搭載~

 パイオニアが、株式会社CRI・ミドルウェア(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:押見正雄、以下「CRI」)、Dirac Research AB(本社:スウェーデン ウプサラ市、CEO:Dr. Mathias Johansson、以下「Dirac」)と共同開発した音響補正アプリケーション「Dirac Audio」が、富士通クライアントコンピューティング株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:齋藤邦彰)が10月22日より順次発売する富士通パソコンFMVの7シリーズ全機種(17機種)に採用されました。
 

       【富士通パソコンFMVの幅広いモデルに「Dirac Audio」が搭載されています】

  在宅勤務・テレワークなどが広く行われるニューノーマル時代を見据えた富士通パソコンFMV 7シリーズの「Dirac Audio」には、新たにオンライン会議やオンライン授業などに最適な「ボイスモード」が搭載されています。サイズや配置に制約があるパソコン筐体スピーカーのこもりがちな音をリアルタイムに補正する従来の機能に加え、母音を強調することで音の輪郭をよりクリアにし、声を聞き取りやすくするため、テレワーク環境下でも明瞭な音声でコミュニケーションを取ることができます。
 

              【「Dirac Audio」 ボイスモードのセレクト画面】

パイオニアの音響ソリューションについて : https://jpn.pioneer/ja/sound_solution/?ad=pr
 

 ラインアップの中のデスクトップパソコン「ESPRIMO FHシリーズ」(全モデル)、ノートパソコン「LIFEBOOK AHシリーズ」(AH77/E3、AH53/E3)には、パイオニア製のスピーカーユニットも採用されています。

              【デスクトップパソコン「ESPRIMO FHシリーズ」】

 当社は、3社で開発した音響補正アプリケーションと、パイオニア製のスピーカーユニットを提供することにより、富士通パソコンFMVの幅広いラインアップの音響環境をサポートしていきます。

※「ボイスモード」は、今年の6月に発売された富士通パソコンFMVのデスクトップパソコンやA4タイプノートパソコンの「Dirac Audio」にも搭載されています。
 
※パイオニア音響ソリューションと「Dirac Audio」についてのお問い合わせURL※
https://form.jpn.pioneer/ja/sound_solution/contact/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. パイオニア株式会社 >
  3. パイオニア、CRI、Diracが開発した音響補正アプリケーションを富士通パソコンFMVへ提供