ネオアクシス、企業内検索エンジン「Neuron」でNotesコンテンツの検索を可能とする「Neuron Notes コネクター」の提供を開始

散在する社内コンテンツの一元的な検索対象が拡大

TISインテックグループのネオアクシス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:山本 修司、以下 ネオアクシス)は、ブレインズテクノロジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:濱中佐和子、以下 ブレインズテクノロジー)が提供する企業内検索エンジン「Neuron(ニューロン)」で、日本アイ・ビー・エム株式会社のグループウェア製品「IBM Notes/Domino(以下 Notes)」の情報を検索可能とするオプション製品「Neuron Notes コネクター」の提供を2019年6月4日に開始したことを発表します。
ブレインズテクノロジーが提供する「Neuron」は、社内のファイルサーバやグループウェア、RDBに格納されている企業内コンテンツの活用を促進し、業務効率を向上させるための企業内検索エンジンです。
ネオアクシスは20年以上にわたりNotesを中心とした情報共有基盤事業を推進してきましたが、この度、この長年の経験の中で蓄積した技術ノウハウをもとに、従来、「Neuron」では検索できなかった「Notesコンテンツ」の検索を可能とするための「Neuron Notes コネクター」を開発しました。
「Neuron Notes コネクター」の提供により、複数あるデータベースを個別に検索する必要があったNotes上のコンテンツに対し横断検索が可能になり、多種・多様な企業内コンテンツを「Neuron」で一元的に検索することが可能となます。それにより、コンテンツの検索性を飛躍的に向上させ、企業内の情報活用を強化することで、業務の生産性向上にも寄与します。

■製品導入イメージ



■背景
企業内には多種・多様なコンテンツが点在しており、一般的にホワイトカラーの業務時間のおよそ3割がコンテンツの検索に費やされていると言われています。しかし、ファイルサーバ毎での検索や検索スピードが遅いなど、コンテンツに対する検索性が不十分であるが故に、多くの有益なコンテンツが、それを必要としているユーザーの目に触れることなく埋もれてしまう点が課題になっています。
特に「Notes」では、ひとつのNotesデータベースを複数レプリケーション(複製)していることも多く、内部に格納されているコンテンツを検索する際、個々のNotesデータベースを個別に検索する必要があり、欲しい情報にたどり着くまでに多くの時間を費やしていました。
「Neuron Notes コネクター」はこのような検索に関する課題を解決し、ユーザーの業務効率の向上に寄与するだけではなく、検索行動のログの蓄積・解析により、コンテンツの最適配置や業務改善につなげることができます。

ネオアクシスは、Notes内の情報検索・活用を促進する「Neuron Notes コネクター」ならびに「導入支援サービス」を提供し、関連ビジネスで、1年間で20件の受注を目標としています。

 ■「Neuron Notes コネクター」の特長
・文書データの閲覧権限を反映
文書データの閲覧権限情報を「Neuron」の検索権限に反映できるため、検索でヒットした文書データの中で、ユーザーに閲覧権限がない場合は検索結果に出力しないようにするなどの制御が可能です。
(DB単位、文書単位、ユーザー単位、グループ単位で適用が可能)

・専用サーバが不要
従来、Notesに対応している検索エンジンツールでは、検索エンジン用のサーバの他にNotes専用のゲートウェイサーバが必要なケースがありました。
ネオアクシスの「Neuron Notes コネクター」は、Neuron本体と同一サーバで稼動するため、Notes専用のゲートウェイサーバの設置が不要で、サーバの設置費用や運用工数などを削減できます。

「Neuron Notes コネクター」の詳細は、以下をご参照ください。
 https://www.neoaxis.co.jp/product/platform/Search/neuron/

 ■価格(税別)
・ライセンス費用      ¥800,000
・ライセンス保守費用  ¥160,000(年間/初年度より)
 ※別途Neuron本体のライセンスが必要です。

■提供開始日
 2019年6月4日

■ブレインズテクノロジー株式会社からのエンドースメント
 ブレインズテクノロジー  代表取締役 濱中 佐和子
この度のネオアクシスの「Neuron Notes コネクター」の提供開始をこころより歓迎いたします。
「Neuron」は社内に散在する文書を、横断・全文検索する高性能でリーズナブルな企業内検索エンジンです。「Neuron Notes コネクター」は、Notes/Dominoに古くから蓄積された重要な資産やノウハウを、セキュアで簡単に手に入れることを可能にします。クラウドストレージが台頭し、ますます横断検索ニーズが高まる中、Notes/Dominoの資産をそのままに、企業内の情報活用強化に威力を発揮します。「Neuron」に「Neuron Notes コネクター」のラインナップが加わることで、より多くの情報が活用され、お客様の個人、組織、そして企業レベルで業務の生産性が向上する事を期待します。
 
■企業内検索エンジン「Neuron」について
Neuronは、企業活動の多くの時間を占めるコンテンツ作成・検索業務を効率化し、企業内におけるナレッジの活用を促進するための、エンタープライズ検索エンジンです。社内のファイルサーバやグループウェア、RDBに格納されているコンテンツの検索性を飛躍的に向上させることが可能です。
また、利用者がどんなキーワードで検索したかなどの検索ログ情報を収集、可視化します。検索ログ情報を活用することにより、情報を保管するリポジトリの見直し等、組織単位の業務改善に寄与するアクションが可能になります。

「Neuron」の詳細は、以下をご参照下さい。
https://www.brains-tech.co.jp/neuron/

 
【ネオアクシス株式会社について】
ネオアクシスは、TISインテックグループにおけるソリューションサービスの一翼を担うITソリューションカンパニーです。単にソリューションやシステムの構築・運用のご提供だけでなく、企業活動を支える重要な要素であるITシステムをより効果的に利活用できるよう、ITシステムに関わる豊富な実績・ノウハウを活かしつつ、常に新しい価値の提供を目指しています。
ネオアクシスは、「働き方改革推進カンパニー」として、基幹業務システムやコラボレーション基盤などのITシステム通して、企業活動の効率化・生産性向上など、お客様の「働き方改革」をご支援いたします。
詳しくは、 https://www.neoaxis.co.jp/ をご覧ください。

 【TISインテックグループについて】
TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。
詳しくは、 https://www.tis.co.jp/group/index.html をご覧ください。

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ IBM は、世界の多くの国で登録された International Business Machines Corporation の商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

 【本件に関するお問合わせ先】
ネオアクシス株式会社
ソリューション事業部  コラボレーション・ソリューション第2部 若林
Tel:03-5330-5860
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. TISインテックグループ >
  3. ネオアクシス、企業内検索エンジン「Neuron」でNotesコンテンツの検索を可能とする「Neuron Notes コネクター」の提供を開始