「中小企業のビジネスカード利用に関する調査」を実施

半数以上の企業がビジネスカードを契約、年会費の安さやブランドイメージを重視

株式会社マネーフォワードは、2021年7月、開業10年以内で従業員数30名以下の法人経営者・経理担当者を対象に「ビジネスカードの利用に関する調査」を実施しました。

 

【調査結果トピックス】
・半数以上の企業がビジネスカードを契約している。
・40%以上の企業が開業後3ヶ月以内にビジネスカードを契約している。
・決済額の上限は過半数の企業が100万円以下。
・契約目的は「支払い業務の効率化」が最多。
・契約の際には年会費の安さやブランドイメージが重視される。
・60%以上の企業が従業員に2枚以上ビジネスカードを配布している。
・決済内容は「消耗品費」「接待交際費」が多い。


■半数以上の企業がビジネスカードを契約している。
今回の調査に参加した企業のうち、半数以上が「ビジネスカードを持っている」と回答しました。


■40%以上の企業が開業後3ヶ月以内にビジネスカードを契約している。
40%以上が開業3ヶ月以内にビジネスカードを契約し、12.4%が開業から1週間以内に契約していることがわかりました。


■決済額の上限は過半数の企業が100万円以下。
全体の52.2%の企業が決済金額の上限を100万円以下に設定していました。


■契約目的は「支払い業務の効率化」が最多。
「ビジネスカードの契約目的」については、1位が「支払い業務の効率化」68.4%、2位が「経費精算簡略化」35.9%、3位が「キャッシュフローの改善」25.7%という結果になりました。(複数回答)

 


■契約の際には年会費の安さやブランドイメージが重視される。
ビジネスカード契約の決め手については、「初期費用・年会費が安い」が23.2%と最も高く、次いで「ブランドイメージが良い」が22.3%、「ポイント還元率が高い」が21.7%という結果となりました。必ずしも費用だけが重要ではなく、ブランドなど定性的な面も重視されるようです。

 


■60%以上の企業が従業員に2枚以上ビジネスカードを配布している。
ビジネスカードの配布枚数については、最も多い回答が「1枚」で36.2%でした。一方で2枚以上配布していると回答した割合は60%を超え、6枚以上配布しているという回答も見られました。


■決済内容は「消耗品費」「接待交際費」が多い。
ビジネスカードでの決済内容として「消耗品費」「接待交際費」「交通費」という科目が目立ちました。(複数回答)


■調査概要
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象ユーザー:22-60歳・開業10年以内・30名以下の企業の法人経営者、経理担当
サンプル数:625
調査実施期間:2021年7月

※本調査結果はこちらのページからもご覧いただけます

・中小企業のビジネスカード利用に関する調査
https://biz.moneyforward.com/research/2021-business-card-company/
・マネーフォワード クラウド 調査レポート
https://biz.moneyforward.com/research/

■株式会社マネーフォワードについて
名称 :株式会社マネーフォワード
所在地 :東京都港区芝浦 3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
代表者 :代表取締役社長CEO 辻庸介
設立 :2012年5月
事業内容:PFMサービスおよびクラウドサービスの開発・提供
URL :https://corp.moneyforward.com/
主要サービス:
お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』 https://moneyforward.com/
バックオフィスSaaS『マネーフォワード クラウド』 https://biz.moneyforward.com/

*記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社マネーフォワード >
  3. 「中小企業のビジネスカード利用に関する調査」を実施