【横浜市民ギャラリー】若手芸術家のための支援事業がスタート 泉 桐子 個展「WE CAN’T GO HOME AGAIN」(8/28-9/6)

横浜市

横浜市民ギャラリーでは若手芸術家の発表機会を支援する「U35若手芸術家支援事業」が始まる。
初回は、和紙や墨を用いて制作する作家・泉 桐子による個展。8月28日~9月6日。

Ⓒtoko izumiⒸtoko izumi

 1964年の開館以来、現代の美術を紹介する企画展や市民の展示活動を通して親しまれてきた横浜市民ギャラリー(横浜市西区)が、将来を担う若手作家の発表機会をサポートする新規事業「U35若手芸術家支援事業」を2020年度から開始する。
 初回は、和紙や墨を用いて制作する泉 桐子個展「WE CAN’T GO HOME AGAIN」。会期は2020年8月28日(金)から9月6日(日)まで。時間は10時から18時。入場無料(事前予約制)。事前予約は下記URLから。https://www.tokoizumi.com/

 

  • 「U35若手芸術家支援事業」

 横浜市民ギャラリーによる、将来を担う若手作家に対する発表の場の提供や支援を目的とする新規事業。35歳以下を対象とし、横浜市民ギャラリーの共催名義のもと、展示室及びアトリエの利用料・附帯設備利用料の一部減免、広報協力を通して、若手作家の創作活動を支援する。
 横浜市民ギャラリーでは1964年の開館以来、現代の美術を取りあげ、同時代を生きる作家の作品を紹介してきた。「U35若手芸術家支援事業」は、今後も将来性あふれる芸術家の発表機会となることを目指している。事業の詳細に関する問い合わせは下記URLから。https://ycag.yafjp.org/contact/

  • 泉 桐子 個展「WE CAN’T GO HOME AGAIN」

Ⓒtoko izumi 「WE CAN′T GO HOME AGAIN」の一部Ⓒtoko izumi 「WE CAN′T GO HOME AGAIN」の一部

 初回は、泉 桐子の個展「WE CAN'T GO HOME AGAIN」が開催される。
 本展は、和紙に墨や顔料、膠を用いて描いてきた泉にとって、4回目の個展となる。2018年から制作された「WE CAN'T GO HOME AGAIN」の全ての画面を一体化させ、縦約3m×横約4mに及ぶ一つの画面とする。
 その他、横浜・黄金町に取材した30点以上の板絵の小作品群「人魚と黄金」や、F130号(縦1.94m×横1.62m)の新作1点が出品される。泉の数年間にわたる制作を堪能できるだろう。
 

【泉 桐子(いずみ・とうこ)】
1992年生まれ、神奈川県出身。武蔵野美術大学大学院日本画科を修了し、2019年より同大学日本画科非常勤講師を務める。主に日本画の画材である和紙や墨等を用いて絵画を制作。2018年初個展「天秤座の話」開催(東京/西荻窪・数寄和)。第七回日経日本画大賞展入選。 https://www.tokoizumi.com

 

  • 展覧会の詳細情報

横浜市民ギャラリー U35若手芸術家支援事業 
泉 桐子 個展「WE CAN’T GO HOME AGAIN」

主催:泉 桐子
共催:横浜市民ギャラリー(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団/西田装美株式会社 共同事業体)
助成:公益財団法人 野村財団(2020年度上期芸術文化助成金)

会期:2020年8月28日(金)~9月6日(日)会期中無休

会場:横浜市民ギャラリー展示室B1(横浜市西区宮崎町26-1)
開館時間:10:00〜18:00
料金:無料(来場は要事前予約)
予約申込:https://www.tokoizumi.com/
会場HP:https://ycag.yafjp.org/
アクセス:JR・市営地下鉄「桜木町駅」から徒歩10分、京急「日ノ出町駅」から徒歩8分 

撮影:上杉明撮影:上杉明

  • お問合せ先
横浜市民ギャラリー(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団/西田装美株式会社 共同事業体)
TEL:045-315-2828
FAX:045-315-3033
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団 >
  3. 【横浜市民ギャラリー】若手芸術家のための支援事業がスタート 泉 桐子 個展「WE CAN’T GO HOME AGAIN」(8/28-9/6)