JTBの国内旅行商品に傘のシェアリングサービス「チョイカサ」を導入

~環境に配慮した快適な観光・まち歩きをめざして~

株式会社JTBは、環境に配慮した快適な観光サービスの提供を目的に、国内旅行商品を利用し大阪を訪れたお客様への付帯サービスとして、傘のシェアリングサービス「チョイカサ」を10月から導入します。

なんばスカイオのチョイカサ置き場(現在のイメージ)なんばスカイオのチョイカサ置き場(現在のイメージ)

「チョイカサ」は、南海電気鉄道株式会社(以下、南海電鉄)が提供するサービスで、現在は南海電鉄難波駅周辺で傘の貸し出しを実施しています。お客様は急な雨でもビニール傘を購入せずに傘を借り、雨が止めば最寄りの傘置き場に返却することができます。10月からは、既存の雨傘を遮光・UVカットタイプの晴雨兼用傘に置き換える予定です。

このたび両社が連携し、シェアリングエコノミーを活用した観光推進の一環として、観光・ビジネス目的の旅行者が利用しやすいように、10月1日(木)から道頓堀や天王寺、大阪城公園など大阪市内の主要観光地を含む4箇所で新たに傘の貸し出し・返却を始めます。JTBは、8月11日(火)に発売開始する「エースJTB」(2020年10月1日~2021年3月31日出発)をはじめ、国内旅行商品を利用し大阪・兵庫に宿泊されるお客様に、「チョイカサ」を追加料金なしで利用できるサービス「大阪チョイカサプラン」を提供します。 

「エースJTB」パンフレット表紙「エースJTB」パンフレット表紙


JTBは、上方の落語家やお笑い芸人が案内する観光バス「こてこて号」や、街歩きの途中でひと休みできる「エースJTBお休み処」、手ぶらで観光できる「手荷物預かり」など、お客様が旅行先で便利に・快適に過ごしていただけるよう取り組んでいます。旅行中の急な雨や日差しが強い日にも借りることができる晴雨兼用の「チョイカサ」の導入により、傘を持ち歩く不便さを解消するとともに、旅先での使い捨て傘の削減につなげ、環境に配慮した観光推進をめざします。


■「大阪チョイカサプラン」概要
▼対象:
2020年10月1日~2021年3月31日に対象商品を利用し 大阪・兵庫に宿泊のお客様
※対象商品の一例:
エースJTB、ダイナミックJTB、JTB MySTYLE、るるぶトラベルツアー
▼利用方法:
エースJTB旅の過ごし方メニューサイト(大阪・兵庫)の「大阪チョイカサプラン」ページからスマートフォンで「チョイカサ」サイトにアクセスし、会員登録のうえクーポンコードを入力すると、追加料金なしで利用できます。
※エースJTB旅の過ごし方メニューサイトURL ※10月以降出発のメニューは9月に掲載予定
https://www.jtb.co.jp/kokunai/brand/ace/tabinosugoshikata/
▼傘の貸し出し・返却場所:
「チョイカサ」の既存のスポットに加え、以下の4箇所でも傘の貸し出し及び返却が可能。
  1. 大阪水上バス「大阪城港」   【大阪城エリア】
  2. TONBORI BASE Cafe&Info【道頓堀エリア】
  3. 都シティ大阪天王寺      【天王寺エリア】
  4. JTBバス 上方落語家・お笑い芸人とめぐる大阪「こてこて号」車内
※「こてこて号」はユニバーサルシティや大阪城、道頓堀など主要観光地をめぐる乗り降り自由なバスです。
※大阪市内の他のエリアでも傘の貸し出し・返却場所の設置を計画中です。
※貸し出し可能な傘の本数には限りがあります。

JTBバスこてこて号と大阪チョイカサプランJTBバスこてこて号と大阪チョイカサプラン

■「チョイカサ」とは https://choi-casa.com/ 

「雨」という不便なシーンを快適に過ごしてもらうため、南海電鉄が提供する傘のシェアリングサービスです。

新型コロナウイルス感染拡大防止に向け、傘の定期的な消毒作業を行っています。
一般貸出料金:90円(税別)/貸出日から翌々日の午前1時まで
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社JTB >
  3. JTBの国内旅行商品に傘のシェアリングサービス「チョイカサ」を導入