プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

学校法人 日本教育財団
会社概要

【大阪国際工科専門職大学】日本マイクロソフト株式会社 執行役員 常務 最高技術責任者(CTO)野嵜弘倫氏による「生成AI」の特別講義を実施しました

学校法人 日本教育財団

AI、IoT、ロボット/ゲーム、CG…関西で唯一の「情報系」新大学として2021年4月に開学した【大阪国際工科専門職大学】では実務とつながる実践カリキュラムを実現し、その一環として、各界のスペシャリストやパイオニアによる特別講義によって世界や企業の最前線を学ぶ機会があります。
今回、日本マイクロソフト株式会社より執行役員 常務 最高技術責任者(CTO)の野嵜弘倫氏を特別講師にお迎えし、「生成AI」をテーマに特別講義を実施しました。

世界のテクノロジーを牽引するMicrosoftは、AI分野においてもOpen AI社とのパートナーシップを進めるなど、生成AIによる新たな可能性を生み出しています。

講義は、Microsoftの事業ポートフォリオの紹介に始まり、世界規模での事業展開、AIの沿革、生成AIがもたらしたイノベーションの加速、ChatGPTの特徴、生成AIの導入事例、AIの課題と今後の展望まで、アメリカでのご自身の体験やMicrosoft本社でのエピソードも交えてお話いただきました。 

 

生成AIは、従来のAI基盤と異なり1つのモデルで様々なタスクに順応することが可能なため、誰もがAIを汎用的に活用できる時代になりました。特にChatGPTが1億ユーザに到達するのにわずか3カ月(携帯16年、インターネット7年、SNS4.5年)という信じられないスピードで、歴史的なテクノロジーシフトが起こっているとの説明もありました。

このように急速な勢いで広まる生成AIですが、一方で、著作権や倫理、セキュリティリスクなど様々な不安要素もあります。Microsoftでは「責任あるAIの原則」として、公平性や安全性などAI ガバナンスにも力を入れています。実際、たとえば同社のAzure AIは、瞬時に応答しているようでも、有害なコンテンツを分類した後に重大度を判断するなどして複数のレイヤーを介した上で最終的なアウトプットをしているそうです。

また、自動運転についても事例を挙げて紹介いただきました。早くからAI化が進んだ飛行機に比べ、車はまだまだこれからの領域。車のAI化によって、行きたい場所の検索からナビゲーションまですべてを自動で行なえる未来像についてもお話がありました。

講義後の質疑応答では、学生たちから積極的な質問がなされ、Microsoftの世界売上第2位の日本に対応した開発の実状についても触れていただきました。


DX(Digital Transformation)の先、AX(AI Transformation)が進んでいく時代、あらゆる業界や分野でAI活用は不可欠になってきます。技術のプロフェッショナルとしての鋭い洞察とグローバル企業の先進性に基づく今回の講義は、これからの時代に活躍できるデジタル人材へと成長していく学生たちにとって、将来に向けて貴重な機会になりました。

 

  • 大阪国際工科専門職大学(IPUT OSAKA)

International Professional University of Technology in Osaka

関西で唯一※の「AI・IoT・ロボット」「ゲーム・CG」の 実践的な新大学として、文部科学省より設置が認可され2021年4月に開学。世界のICT・デジタルコンテンツ業界と連携した先進的な実践教育で、グローバルに活躍できる「デジタル人材」を輩出します。大阪駅前の校舎には、AIやVR、モーションキャプチャーをはじめとした最先端のソフト・ハードを導入。

元東京大学総長の吉川弘之学長、大阪大学特任教授で“AI×ロボット”の世界的権威の浅田稔副学長が牽引する指導陣には、各専門分野で高い実績をあげる研究者教員に加え、パナソニック、NTT、三菱電機、任天堂、カプコン、ドワンゴなど名だたる企業出身の実務家教員がそろい、これからの産業界や社会のニーズに応える高度な実践力や応用力が身につきます。

※2023年3月時点の「AI・IoT・ロボット」「ゲーム・CG」の専門職大学として  文部科学省HP「専門職大学等一覧」より

・工科学部

 ∟情報工学科(入学定員120名): AI戦略コース / IoTシステムコース

/ ロボット開発コース

 ∟デジタルエンタテインメント学科(入学定員40名): ゲームプロデュース

コース / CGアニメーションコース

・教育理念

 テクノロジーを駆使して社会課題を解決するデジタル人材

 “Designer in Society(社会とともにあるデザイナ ー)”の育成

・「企業×大学」の先進的な実践教育

 専任教員の半数以上は企業出身の「実務家教員」

 600時間(16週間)以上の「企業内実習」が全員必修

 原則40人以下の「少人数教育」で丁寧かつ実践的な指導 ・・・など

 

*オープンキャンパスは毎月実施。見学・相談は毎日実施しています

(日曜・祝日除く)。

*詳細は本学WEBサイトにてご確認ください。 https://www.iput.ac.jp/osaka

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
その他
関連リンク
https://www.iput.ac.jp/osaka
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

学校法人 日本教育財団

20フォロワー

RSS
URL
https://www.nkz.ac.jp/
業種
教育・学習支援業
本社所在地
大阪府大阪市北区梅田3-3-1
電話番号
-
代表者名
粕谷俊彦
上場
-
資本金
-
設立
-
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード