日常ありがちな“危険な場面”を疑似体験 危うく対向車と正面衝突「見通しの悪いカーブ」を公開

JAF
JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 藤井一裕)は、様々な交通場面から危険を予測するトレーニング「実写版 危険予知トレーニング」の動画を4本新規制作し、7月18日(木)からホームページとYouTube公式アカウントで公開しました。
  • 見通しの悪いカーブで対向車と正面衝突の危険を実感
 危険予知動画 「住宅街編」 今回公開した動画は、「交差点編」「住宅街編」「夜間編」「カーブ編」の4本です。このうち「カーブ編」では、見通しの悪いカーブの対向車線に停止車両がいる場面で、対向車と正面衝突する危険性があります。この場面では、安全確認せずに対向車線に出てきた車のドライバーに落ち度があるものの、対向車が停止車両を避けて出てくる可能性を考えて、速度を落としてカーブに入ることが大切です。一方で、対向車の立場となった際に自分の走行車線に停止車両がある場合は、停止車両の後ろで一旦停止し、前方の様子を慎重に確認してから対向車線に出るようにしましょう。

 

場面:見通しの悪いカーブに差し掛かっています
内容:
①住宅街にある片側1車線の道路を走っており、
 その先にある見通しの悪いカーブに差し掛かっています
②対向車線にはハザードランプを点けた車が 停止しており、その車に乗ろうとしている人がいます
③そのまま通過しようとしたところ、対向車が停止車両を 避けセンターラインを越えてきて
 衝突しそうになりました
④車に乗ろうとしている人がドアを開けずに後方を見て いた様子などから、
 対向車を予測する必要がありました 
▼トレーニングの流れ
①映像を見ながら次に何が起こるか考える
②潜んでいた危険を見る
③ヒント・ポイントの解説
④別の視点からも見る

 

  • 危険予知トレーニングとは
 交通安全教育において事故防止効果のある手法とされており、道路交通に潜む危険を事前に予測し、適切に対応することにより交通事故を未然に防止しようとするものです。“安全”に危険な場面を覚えることで、予測する能力のトレーニングになります。
  • 特設サイト「実写版 危険予知トレーニング」

TOPページTOPページ

 本動画は特設サイト「実写版 危険予知トレーニング」で視聴いただくことができます。今回公開した内容のほかにも様々な場面を想定した動画を公開しております。JAFでは、今後も新たな動画の公開を予定しており、交通安全に役立つコンテンツの充実を図っていきます。

▼JAFホームページ 実写版 危険予知トレーニング:
http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/kyt/

▼YouTube公式アカウント
https://www.youtube.com/playlist?list=PLJfKB1JtrvvsGBWa6epvIntxWVs4-zGGP
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. JAF >
  3. 日常ありがちな“危険な場面”を疑似体験 危うく対向車と正面衝突「見通しの悪いカーブ」を公開