パイオニア製エキサイターが NTTテクノクロスの「ウインドウスルー会話装置」に採用

~コロナ禍のコミュニケーションにおける飛沫感染リスクを抑制~

 パイオニア製のエキサイター(振動素子)※が、NTTテクノクロス株式会社が11月24日より販売を開始する通話機器「ウインドウスルー会話装置」に採用されました。

 「ウインドウスルー会話装置」は、NTTメディアインテリジェンス研究所が開発したウインドウトーク技術を搭載しており、ガラス越しに会話、コミュニケーションを行うことができます。コロナ禍において隔離環境でのコミュニケーションが求められる中、ドライブスルー方式の外来診療(PCR検査など)、介護や医療現場における面談、飲食店のドライブスルーなど、窓ガラス越しに会話することで飛沫感染リスクを抑えられるシーンでの活用が見込まれています。当社の小型かつ軽量なエキサイターと、NTTメディアインテリジェンス研究所の制御処理・エコーキャンセラ・受話器設計(振動ピックアップ/マイク)などの音響信号処理技術を組み合わせることで、隔離した状況でも、車の窓ガラスやアクリル板の振動で音を伝授し、会話、コミュニケーションを行えます。
 

※エキサイター(振動素子):音の信号を振動に変換する素子
 

             【「ウインドウスルー会話装置」の利用イメージ】

「ウインドウスルー会話装置」商品ホームページ: https://www.ntt-tx.co.jp/products/wintalk/
 
【「ウインドウスルー会話装置」の概要】
 受話器型の機器を窓ガラスに押し当てることにより、ガラス越しの相手と会話することができます。
 

 
* 「ウインドウスルー」はNTTテクノクロス株式会社の商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. パイオニア株式会社 >
  3. パイオニア製エキサイターが NTTテクノクロスの「ウインドウスルー会話装置」に採用