神奈川県内ケーブルテレビで「横浜開港祭2018」を6月2日(土)に特別番組として生放送

横浜開港月間のフィナーレを飾る圧巻の「ビームスペクタクルinハーバー」を迫力の映像でお届け

横浜市ケーブルテレビ協議会傘下のケーブルテレビ会社5社で組織する制作委員会は、2018年6月1日(金)、6月2日(土)の2日間、みなとみらい21地区、新港地区、その他周辺会場で開催される「第37回横浜開港祭」の模様を特別番組として制作し、6月2日(土)17時から神奈川県ケーブルテレビ協議会傘下のケーブルテレビ会社8社のコミュニティチャンネルで生放送いたします。また、J:COMが提供する地域情報アプリ「ど・ろーかる」でもライブ配信*を行いますので、スマートフォンやタブレットで、全国どこでもご視聴いただけます。 
*通信料はお客さまのご負担となります。

<「ビームスペクタクル in ハーバー」>
 

※写真は、昨年の様子です

<WEBサイト:神奈川県ケーブルテレビ協議会>
http://kjproject.com/

「第37回横浜開港祭」は横浜市、横浜商工会議所、公益財団法人横浜観光コンベンション・ビューロー、一般社団法人横浜青年会議所で組織する横浜開港祭協議会の主催で、2日間にわたって、開港159年を迎えた横浜市の開港記念日(6月2日)を祝う市民祭です。特別番組では、6月1日(金)にメインステージで行われる「開港記念日前夜祭 横浜ディスコナイト」(収録)をはじめ、横浜市民約1000人による大合唱「ドリーム・オブ・ハーモニー」と横浜開港祭のフィナーレを飾るステージと連携した光・音・花火のショー「ビームスペクタクルinハーバー」の模様を生放送、会場各所で行われるアトラクションの模様もダイジェストでお届けいたします。さらに「#開港祭catv」でメッセージを募集するTwitter企画も実施し、視聴者の皆さんにも参加していただきながら、番組を盛り上げてまいります。

今回の生中継・ダイジェスト放送を通じて、実際に会場に足を運ぶことが難しい市民の皆さんにもお楽しみいただける機会をつくると同時に、アプリでの配信により、全国の皆さんに横浜市の魅力を伝え、地域の活性化につながればと考えております。

【放送の概要】 ※お住まいの地域の視聴方法は、各ケーブルテレビ局でご確認ください。
◆番組タイトル
横浜開港祭2018


◆放送日時
【生中継】 2018年6月 2日(土)17:00~20:00
【ダイジェスト】 2018年6月16日(土)18:00~20:00
 


【配信概要】 ※配信内容は、予告なく変更になる場合があります。
◆配信日時
2018年6月2日(土) 17:00~20:00

※荒天の場合は配信中止

◆アプリ名
地域情報アプリ『ど・ろーかる』 


◆アプリ価格
無料
※通信料はお客さまのご負担となります。

◆インストール方法
Android 「Google Play ストア」 / iPhone  「App Store」にて「ど・ろーかる」で検索
《アプリ詳細、インストールはこちら》
http://c.myjcom.jp/rd/dolocal.html?cid=my_dolocal-004
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. J:COM >
  3. 神奈川県内ケーブルテレビで「横浜開港祭2018」を6月2日(土)に特別番組として生放送