カメラやレンズをモチーフとした伝統文様を施した「江戸切子レンズグラス」をキヤノンオンラインショップで販売

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘)は、伝統工芸士が手作りした「江戸切子レンズグラス」をキヤノンオンラインショップで販売します。

​● 江戸切子レンズグラス紹介ページ : https://store.canon.jp/online/secure/kiriko.aspx


■江戸切子レンズグラス

カメラ愛好家に豊かな「おうち時間」のひとときを提供したいという思いを込め、キヤノンマーケティングジャパンがデザイン監修をした江戸切子レンズグラスを販売します。

カメラやレンズをモチーフとした伝統文様を、職人が光の入出射角や屈折率を考慮しながら、高い集中力と技術によって一つ一つ施していきます。カメラやレンズの質感を目と手で感じられる商品です。
 

 

製品名 注文受付開始日 キヤノンオンラインショップ
販売価格
江戸切子レンズグラス 十草
(読み:とくさ)
2020年12月下旬予定 18,000円(税別)
江戸切子レンズグラス 槌目
(読み:つちめ)
2020年12月下旬予定 18,000円(税別)
江戸切子レンズグラス 笹星(レッド)
(読み:ささほし)
2020年12月下旬予定 13,000円(税別)
江戸切子レンズグラス 笹星(ブルー)
(読み:ささほし)
2020年12月下旬予定 13,000円(税別)
江戸切子レンズグラス 魚子(レッド)
(読み:ななこ)
2020年12月下旬予定 13,000円(税別)
江戸切子レンズグラス 魚子(ブルー)
(読み:ななこ)
2020年12月下旬予定 13,000円(税別)

 

※事前にホームページより登録することで、注文受付開始日が決定した際にお知らせメールを受信することができます。

※注文からお届けまでに最長3カ月かかります。

 

十草(左)レンズの美しい様子を表現   槌目(右)グリップの質感とシャッター音を表現十草(左)レンズの美しい様子を表現   槌目(右)グリップの質感とシャッター音を表現

レンズを上から覗き込んだような底面デザインレンズを上から覗き込んだような底面デザイン



■ミツワ硝子工芸の職人:山田のゆり氏

1971年(昭和46年)創業。多彩なカット技術、多様な硝子素材を手がける工房として知られ、製作依頼に応える道具がなければ、その道具を自ら開発することも厭わない、まさに進取の気性に富む工房です。20代、30代の若い職人で構成されているのも珍しい。工房オリジナルの江戸切子は「硝子工房彩鳳(さいほう)」の名の下、毎年新作を世に送り出しています。



今回の「江戸切子レンズグラス」を手がける若き伝統工芸士山田のゆり氏は、江戸切子職人の登竜門とされる「江戸切子新作展」でも入賞の常連であり、初受賞作「香り」に始まり、時間、愛など、目に見えないものを形にすることを得意とし、本製品においても「シャッター音や光といった、『目に見えないからこそ大切にしたいもの』を表現することに努めた」と語っています。



江戸切子レンズグラス」は、キヤノンマーケティングジャパン株式会社監修のもと、伝統技術を活かした商品を開発している株式会社アルヴォリ(本社:横浜市、代表取締役:萩島貴)と、株式会社ミツワ硝子工芸(代表取締役:林恭輔)が共同開発した製品です。


株式会社 ミツワ硝子工芸     
埼玉県草加市小山2-24-22
TEL 048-941-9777
URL saihou.net

株式会社 アルヴォリ        
神奈川県横浜市旭区鶴ヶ峰本町2-46-17 
TEL 045-489-3157
URL arvr.jp
 

笹星(レッド・ブルー)シャッターを切る瞬間を表現   モーションに入る絞り羽根を表現した底面デザイン笹星(レッド・ブルー)シャッターを切る瞬間を表現   モーションに入る絞り羽根を表現した底面デザイン

魚子(レッド・ブルー)モードダイヤルの質感を表現  絞り羽根を表現した底面デザイン魚子(レッド・ブルー)モードダイヤルの質感を表現  絞り羽根を表現した底面デザイン

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. キヤノンMJ >
  3. カメラやレンズをモチーフとした伝統文様を施した「江戸切子レンズグラス」をキヤノンオンラインショップで販売