法改正によるJOGMECの機能強化と名称変更について

 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構法を含む法律の改正に伴い、JOGMECに、水素・アンモニア等の製造・貯蔵及びCCS(Carbon dioxide Capture and Storage:二酸化炭素の回収・貯蔵)に対するリスクマネー支援業務並びに洋上風力発電のための地質構造調査等業務等が追加され、機能が強化されます。また、業務が追加されること等を踏まえ、JOGMECの正式名称を「独立行政法人エネルギー・金属鉱物資源機構」に変更します。今般追加された機能を最大限に活用し、今後もJOGMECは我が国へのエネルギー・鉱物資源の安定供給に貢献してまいります。
 「安定的なエネルギー需給構造の確立を図るためのエネルギーの使用の合理化等に関する法律等の一部を改正する法律」(以下「改正法」という。)が本日、公布されました。改正法には、以下のとおりJOGMECの機能強化と名称変更が含まれています。

1. 機能強化
(1)改正する内容のうち以下の項目については、改正法の公布の日から起算して6か月を超えない範囲内において政令で定める日に施行され、業務を開始することとなっており、今後、業務開始に向け準備を進めてまいります。

〇水素・アンモニア等の製造・貯蔵への出資・債務保証業務
今後の脱炭素燃料の中心を担っていく水素・アンモニア等の安定供給に資するべく、海外及び本邦における水素・アンモニア等の製造・貯蔵事業への出資・債務保証業務を新たに開始します。

〇二酸化炭素の貯蔵等への出資・債務保証業務及び地質構造調査業務等
脱炭素技術として注目されるCCS事業への出資・債務保証業務及び適地調査業務等を新たに開始します。

〇国内における洋上風力発電に必要な地質構造調査等業務
洋上風力発電の導入拡大の加速に資するべく、本邦周辺の海域における洋上風力発電に必要な地質構造調査等業務を新たに開始します。

〇国内における金属鉱物の選鉱・製錬への出資・債務保証業務
本邦におけるレアメタル等の金属鉱物の選鉱・製錬等事業への出資・債務保証事業を新たに開始します。

(2)また、以下の項目については、令和5年4月1日に施行され、業務を開始することとなっており、今後、業務開始に向け準備を進めてまいります。

〇海外における地熱の探査への出資業務
我が国地熱開発を促進すべく、不足する技術を獲得し、本邦地熱事業へ技術を還流するため、海外における地熱の探査事業への出資業務を新たに開始します。

〇省エネ法等に基づく情報提供業務等
エネルギーの使用の合理化及び非化石エネルギーへの転換等に関する法律、エネルギー供給事業者によるエネルギー源の環境適合利用及び化石エネルギー原料の有効な利用の促進に関する法律、及び電気事業法に基づく情報提供業務、並びに鉱業法に基づく特定鉱物の試掘又は採掘に関する協力業務等を新たに開始します。

2. 名称変更
 JOGMECの業務に水素や風力に関する業務が追加されること等を踏まえ、1.(1)に記載の改正法の施行に合わせ、JOGMECの正式名称(注)を「独立行政法人エネルギー・金属鉱物資源機構」に変更します。また、英文名称についてもJapan Organization for Metals and Energy Securityへ変更します。
 なお、上記を踏まえ、略称については、2004年の設立以来、産資源国で認知され、浸透していることから、引き続き「JOGMEC(ジョグメック)」と致します。

 改正法により今般追加された機能を最大限に活用し、今後もJOGMECは我が国へのエネルギー・鉱物資源の安定供給に貢献してまいります。
(注)
現在の正式名称:独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構
現在の英文名称:Japan Oil, Gas and Metals National Corporation
 
■ 参考
1)「安定的なエネルギー需給構造の確立を図るためのエネルギーの使用の合理化等に関する法律等の一部を改正する法律案」の閣議決定(令和4年3月)
(URL) https://www.meti.go.jp/press/2021/03/20220301002/20220301002.html

2)第6次エネルギー基本計画(令和3年10月)
(URL) https://www.enecho.meti.go.jp/category/others/basic_plan/

リリース本文はこちら↓
https://www.jogmec.go.jp/news/release/news_10_00022.html?mid=pr_220520
  1. プレスリリース >
  2. JOGMEC >
  3. 法改正によるJOGMECの機能強化と名称変更について