​人気写真家が出会った荻窪を追体感できる大ボリュームの510P。電子写真集『齋藤陽道と歩く。荻窪Titleの三日間』が配信開始!

2010年の写真新世紀優秀賞受賞をきっかけに写真集、個展の開催、さらには文筆と幅広く活躍する写真家・齋藤陽道さん。
2021年10月8日(金)に幻冬舎より、齋藤陽道『齋藤陽道と歩く。荻窪Titleの三日間』(幻冬舎plus+)が電子オリジナル写真集として刊行されました。1ページ1枚で510カット収録という、写真集としては大ボリュームの本作。齋藤陽道が見た荻窪の息づかいや、光、時間の全てをお楽しみください。
 




―――ある日、辻山さんからメールが届いた。
「齋藤さんには、これまで通り店の外や中、仕事の風景なども撮っていただきつつ、今回の重点はむしろその外、Titleのまわりの荻窪というまちを歩いて、その風景を収めていただきたいのです。」―――

<本書より>
 
東京・荻窪に佇む新刊書店「Title」。店主・辻山良雄氏の著書『小さな声、光る棚 新刊書店Titleの日常』(2021年6月刊行)のために、写真家・齋藤陽道が三日間にわたり撮り下ろした“荻窪写真”。本書に収録されなかった未公開作品を含む510枚が、1冊の写真集になりました!

あさ、ひる、よる、という時間帯のみならず、くもり、あめ、ピーカンと天候にも恵まれた三日間。齋藤陽道の足跡を辿りながら、様々な表情を魅せる荻窪の街をお楽しみください。
 



『齋藤陽道と歩く。荻窪Titleの三日間』特設ページURL:
https://note.com/gentosha_dc/n/n41124c02d90a

【写真集内容紹介】
新刊書店Titleのある東京荻窪。「ある日のTitleまわりをイメージしながら撮影していただくといいかもしれません」。店主辻山のひと言から『小さな声、光る棚』のために撮影された510枚。齋藤陽道が見た街の息づかい、光、時間のすべてが体感できる電子写真集。
Amazon商品ページ:
https://www.amazon.co.jp/dp/B09HC995Z7?tag=gentoshadcnote-22


【著者プロフィール】
齋藤陽道  (Saito Harumichi)
1983年東京都生まれ。写真家。都立石神井ろう学校卒業。2020年から熊本在住。陽ノ道として障害者プロレス団体「ドッグレッグス」所属。2010年、写真新世紀優秀賞(佐内正史選)。2013年、ワタリウム美術館にて異例の大型個展を開催。2014年、日本写真協会新人賞受賞。写真集『感動』『感動、』(赤々舎)、『宝箱』(ぴあ)、著書『写訳春と修羅』(ナナロク社)、『異なり記念日』(医学書院、第73回毎日出版文化賞企画部門受賞)などがある。
著者公式サイト:http://www.saitoharumichi.com/

 
【関連書籍紹介】
『小さな声、光る棚 新刊書店Titleの日常』辻山良雄 著

まともに思えることだけやればよい—。店を構えて5年、書店店主が考えた、よく働き、よく生きること。本を媒介として、私たちがよりよい世界に向かうには。いまだ高速回転を続ける世界へ響く日常エッセイ。齋藤陽道撮影の厳選32枚の荻窪写真を収録。
Amazon商品ページ:https://www.amazon.co.jp/dp/B096ZQT9HV?tag=gentoshadcnote-22

  辻山良雄氏による「幻冬舎plus」での連載はこちら
『本屋の時間』:https://www.gentosha.jp/series/honyanojikan/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 幻冬舎 >
  3. ​人気写真家が出会った荻窪を追体感できる大ボリュームの510P。電子写真集『齋藤陽道と歩く。荻窪Titleの三日間』が配信開始!