【ザ・リッツ・カールトン沖縄】琉球イタリアンダイニング「ちゅらぬうじ」がリニューアルオープン

~料理コンセプトを一新し、新料理長・宍倉宏生が2種類のコースをご提供~

 ザ・リッツ・カールトン沖縄(所在地:沖縄県名護市喜瀬1343-1 総支配人:佐々木孝司)内に位置する琉球イタリアンダイニング「ちゅらぬうじ」はこのたび、新たなコンセプトの下、お料理メニューを一新しリニューアルオープンいたしました。

 今回の同店の料理コンセプトのリニューアルは、これまで国内のイタリアンレストランを中心にその技術と経験を積み重ね、前職となるフォーシーズンズホテル京都では副料理長を務めるなど、19年以上に亘り、イタリア料理の世界を極めてきた宍倉宏生が「ちゅらぬうじ」の新料理長就任したことにより実現したものです。

 新生「ちゅらぬうじ」がご用意する新メニューは、島の素材をふんだんに取り入れたシーズナルコース『DEGUSTAZIONE』とシェフのスペシャリテを心行くまでお愉しみいただける『RYUKYU』の2コースです。

 料理長の宍倉は、厳選した地元産の素材だけを使用することに拘り、自ら市場や漁港に足を運び、沖縄の食材と向き合うことで「ちゅらぬうじ」を新たなステージへと変革いたします。

 このたび新たにご提供を開始した、軽やかな味わいが特徴の全く新しい2種類のコースの詳細は以下のとおりです。

 


■  シーズナルメニュー『DEGUSTAZIONE』
季節ごとに異なる沖縄の旬の食材を熟練した技と最高の技術で調理しご提供いたします。前菜、メイン、デザートなど、全6品のお料理をご堪能いただけます。

■  シェフのスペシャリテメニュー『RYUKYU』
世界で1属1種しか存在しない貴重な烏賊として知られ、繊細な風味が特徴の沖縄が誇る海の幸、”せーいか(ソデイカ)“を使用した「イカ墨のパスタ」など、シェフのおすすめのひと皿を含む全6品のおまかせメニューを存分にお愉しみいただけます。

※2021年1月3日(日)まではフェスティブシーズンのメニューをご用意しております。
※上記メニューは予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。


 「ちゅらぬうじ」の新料理長、宍倉宏生がご提供する従来のイタリア料理の枠にとらわれないユニークなダイニングエクスペリエンスと、野菜本来が持つ素材のうまみやコクを絶妙なバランスで引き出した身体に優しい上質な料理の世界を心行くまでご堪能ください。


【「ちゅらぬうじ」について
感覚を刺激するちゅらぬうじ 洗練された大人の空間へ
沖縄の言葉で「美しい虹」を意味する「ちゅらぬうじ」。虹のように彩り豊かな沖縄の食材をシェフみずから厳選し、伝統的なイタリアンの技法により最高の一皿をご提供いたします。ディナーに欠かせないお飲み物は、ソムリエが厳選したワインや沖縄のフルーツを使用したノンアルコールドリンクをお食事に合わせてご提案いたします。店内には、稲嶺盛吉氏の琉球ガラスやローカルアーティストによる陶器が飾られ、琉球建築とモダンインテリアが融合した洗練された大人の空間が広がります。デッキから広がるうなー(水庭)の景観とともにたえず革新していく琉球イタリアンと上質なお飲み物をお楽しみください。

【ザ・リッツ・カールトン沖縄について
沖縄本島のほぼ中央、名護市喜瀬の自然豊かな高台に位置する「ザ・リッツ・カールトン沖縄」は、琉球のシンボルとなっている“首里城”の赤瓦と白い城壁、また古来より“聖地”とされ崇められてきた水の湧き出る場所をモチーフとしています。琉球での城とは、訪れる人を温かく迎え入れる場所の意味もあり、「城(グスク)」と呼ばれます。古くより礼を重んじ礼を守ってきた琉球の人々が大切にしてきたおもてなしの心「迎恩(ケイオン)」と、ザ・リッツ・カールトンの伝統的なサービス精神を具現化した「城(グスク)」で、お客様をお迎えいたします。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. マリオット・インターナショナル >
  3. 【ザ・リッツ・カールトン沖縄】琉球イタリアンダイニング「ちゅらぬうじ」がリニューアルオープン