ウズベキスタン共和国でそろばんを応用した暗算学習法「そろタッチ教室」を本格的にスタート!現地の教育課題解決に、日本の質の高い教育をローカライズして提供

導入実績2000超を誇るeラーニング専門ソリューション企業、株式会社デジタル・ナレッジ(本社:東京都台東区、代表取締役社長:はが弘明)とその現地子会社JDU.LLCは、ウズベキスタン共和国(以下、ウズベキスタン)の首都タシケントにて、現地学習塾グランタリム協力のもと、2021年9月、「そろタッチ」を現地向けにローカライズし、本格的なサービス提供を開始いたしました。

「そろタッチ」は株式会社Digika(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:橋本恭伸)が提供する、iPadを使ってそろばん式暗算を短期効率的に楽しく習得する新しい暗算学習法です。本事業は、ウズベキスタンの民間教育市場の活性化を目的に、日本の質の高いeラーニングテクノロジを活用した教育サービスを現地に合わせてローカライズし提供する、日本型教育モデルの輸出事業となります。
 
  • 本プロジェクトの背景、ウズベキスタンと当社の関わり
人口約3,200万人のうち、24歳以下が約40パーセントを占めるウズベキスタン共和国では、生徒数の増加に教育環境整備が追いつかず、教員不足、教員の能力不足、教材不足、民間教育サービスの地方格差が深刻な課題となっています。ウズベキスタン政府はこれら教育分野の改善に向けた取り組みを優先的に進めています。

こうした取り組みを支援するため、デジタル・ナレッジは独立行政法人国際協力機構(JICA)の受託事業『ウズベキスタン国地方学校教員の能力向上及び教育格差是正向けLMSに係る普及・実証・ビジネス化事業』に2019年より参画してまいりました。これは、ウズベキスタンの「公教育のICT改革」「民間教育市場の開発」の2つを目的とした官民連携事業です。具体的には、2020年1月よりウズベキスタンの複数の学校において、当社のeラーニング教育プラットフォーム『KnowledgeDeliver』を活用した教員研修、学力試験、日本型民間教育サービスを活用した放課後教室の実証実験を実施。さらに、新型コロナウイルス感染症の影響で2020年3月中旬からウズベキスタン国内の学校が一斉休校となった事態を受け、中学生を対象とした数学のオンライン学習教材を無償提供するなど連携を深めてまいりました。

参考:
  1. 【プレスリリース】JICA『ウズベキスタン国地方学校教員の能力向上及び 教育格差是正向けLMSに係る普及・実証・ビジネス化事業』に採択。https://www.digital-knowledge.co.jp/archives/21133/
  2. 【プレスリリース】新型コロナウイルス対策で一斉休校のウズベキスタン共和国の 子どもたちに、自宅で学べるeラーニング教材を無償提供。https://www.digital-knowledge.co.jp/archives/21739/
 
  • ウズベキスタンにおける「そろタッチ教室」展開
そろタッチ教室は、首都タシケントで現地教育省の協力のもと2020年1月より実証実験をスタート。期間中、日本の小学校低学年にあたる約50名の児童がウズベキスタン語に対応した『そろタッチ教室システム』を用いて、最新のテクノロジを使ったそろばん式暗算学習に取り組みました。この成果をもとに、より多くの子どもたちに学びの機会を提供すべくこの度、事業展開を本格的にスタートしました。今後は首都圏を起点に全国的な利用拡大、さらには都市部と地方との教育格差是正といった効果も期待されます。

 
  • 「そろタッチ」とは
「そろタッチ」は、iPadを使ってそろばん式暗算を短期効率的に楽しく習得する新しい暗算学習法です。5~8歳の子供が毎日「そろタッチ」を進めると、2年間で一生の財産となるそろばん式暗算上級レベルが身につきます。
伝統的なそろばん式暗算と最新のテクノロジを組み合わせて開発された「そろタッチ」は日々進化しつづけており、2017年日本e-Learning大賞の頂点となる「最優秀賞」、2018年キッズデザイン賞を受賞したほか、2019年日本企業初のSXSW EDU Launch Competitionのファイナリストに選出されています。
そろタッチ公式サイト:https://www.sorotouch.jp/

 
  • 今後の展開
今回の事業は、デジタル・ナレッジが最先端の教育事業企業と提携し、各社の持つ質の高い教育サービスを海外現地向けにローカライズし、展開していく日本型教育モデルの輸出事業となります。これは、当社の使命である、インターネットを通じて情報・知識の流通をより効率的かつ効果的にし、より良い知識社会の実現に貢献する「教育流通」の1つのかたちでもあります。デジタル・ナレッジでは、引き続きウズベキスタン政府およびJICAと共に同国における教育課題解決に取り組むと同時に、日本の質の高い教育サービスをひろく海外展開する輸出事業にも注力してまいります。

 
  • 株式会社デジタル・ナレッジについて
『デジタル・ナレッジ』は、創業より25年にわたり「知識(ナレッジ)」をより効率的・効果的に流通させて受講者に届けること、そしてより良い知識社会の実現に貢献することをコンセプトに、『日本で初めてのeラーニング専門ソリューション企業』として、数多くの組織内研修部門、塾・スクール、高等教育機関に対し2000を超えるeラーニングシステムを立ち上げ、成功に導いて参りました。
お客様と教育に関する夢と想いを共有しながら、私たちがお客様と受講者をつなぐ“学びの架け橋“となり、より良い教育を実現していく。 ――
これを私たちの責任と捉え、先進の教育テクノロジ開発と最新の情報が集まる環境づくりに挑戦し続けています。

□会社概要
名 称:株式会社デジタル・ナレッジ
所在地:〒110-0005 東京都台東区上野5丁目3番4号 eラーニング・ラボ 秋葉原
代表者:代表取締役社長 はが 弘明/代表取締役COO 吉田 自由児
TEL:03-5846-2131 050-3628-9240(導入ご相談窓口)
E-mail:infoadmin@d-k.jp


【本件に関するお問い合わせ】
株式会社デジタル・ナレッジ
担当:教育ICTサービス事業部
TEL:03-5846-2155
E-mail:study@digital-knowledge.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社デジタル・ナレッジ >
  3. ウズベキスタン共和国でそろばんを応用した暗算学習法「そろタッチ教室」を本格的にスタート!現地の教育課題解決に、日本の質の高い教育をローカライズして提供