―あの記憶を忘れないーeBookJapanが、「終戦の日」に漫画家が何をしていたのかを描いた『昭和二十年の絵手紙 私の八月十五日 百十一名の漫画家・作家達の作品集』電子化プロジェクトを始動

世界最大級のマンガ品揃えを誇る、電子書籍販売サイト「eBookJapan」(http://www.ebookjapan.jp/ebj/)を運営する、株式会社イーブックイニシアティブジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小出斉(こいでひとし)、以下eBookJapan)は、漫画家・森田拳次氏が主宰する一般財団法人日本漫画家事務局八月十五日の会と協力し、「終戦の日」の記憶を絵と文章で伝える『昭和二十年の絵手紙 私の八月十五日 百十一名の漫画家・作家達の作品集』を電子化するプロジェクトを開始します。


▼あの記憶を忘れない~終戦の日特集2017~ 昭和二十年の絵手紙 私の八月十五日 特設ページ
https://www.ebookjapan.jp/ebj/content/etc/sensou/index.asp


第一弾として、72年目を迎える終戦の日の本日、『昭和二十年の絵手紙 私の八月十五日~十八名の漫画家の記憶~』を配信開始いたします。戦争の記憶が薄れゆくいま、「戦争」を体験した漫画家の現実を、「戦争」を知らない世代が知るきっかけになればと考えます。なお、本書には下記の漫画家の先生方の作品を収録しています。

小島功、赤塚不二夫、一峰大二、さいとう・たかを、高井研一郎、古谷三敏、花村えい子、牧美也子、北見けんいち、武田京子、ちばてつや、牧野圭一、松本零士、水野英子、森田拳次、里中満智子、バロン吉元、村野守美(敬称略)


『昭和二十年の絵手紙 私の八月十五日~十八名の漫画家の記憶~』表紙












『昭和二十年の絵手紙 私の八月十五日~十八名の漫画家の記憶~』より(「地獄の旅へ」ちばてつや)
















◆八月十五日の会とは
漫画家・森田拳次氏が中心となり、1945年(昭和20年)8月15日をどこでどのように迎えたのかを絵と文章で綴り、その日の記録を後の世に語り継いでいく活動を展開。2004年7月に刊行された『昭和二十年の絵手紙 私の八月十五日 百十一名の漫画家・作家達の作品集』は、その後、今人舎から増補版として『私の八月十五日~昭和二十年の絵手紙』シリーズとして1~5巻が発売されています。



eBookJapanは今後とも、貴重な出版資産を後世に残す企画を積極的に行ってまいります。



■eBookJapanの主な特長
・世界最大級のマンガ作品数をはじめ、54万冊を超える “充実のラインナップ”
・購入した作品は複数端末(*)で楽しめ、My本棚は“背表紙表示”も可能
・手軽なブラウザでも、ダウンロード後はオフラインでも楽しめる “高画質リーダー”
*WindowsPC、Mac、iPad/iPhone/iPod touch、Androidに対応。


■株式会社イーブックイニシアティブジャパンについて
2000年に「SAVE TREES!」を合い言葉に創業した電子書籍業界の老舗です。2011年に東京証券取引所マザーズ市場に上場、2013年に東証一部へ市場変更。 (コード:3658 “365日ハッピー”)2016年9月より、Yahoo! JAPANグループの一員となりました。

コーポレートサイト: http://corp.ebookjapan.jp/
電子書籍販売サイト: eBookJapan (http://www.ebookjapan.jp/ebj/)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社イーブック イニシアティブ ジャパン >
  3. ―あの記憶を忘れないーeBookJapanが、「終戦の日」に漫画家が何をしていたのかを描いた『昭和二十年の絵手紙 私の八月十五日 百十一名の漫画家・作家達の作品集』電子化プロジェクトを始動