パイオニアの先進安全運転支援システムと通信ドライブレコーダーが、オートバックスの運転見守りサービス「くるまないと」に採用

 パイオニアの先進安全運転支援システム「Intelligent Pilot(インテリジェントパイロット)」と通信ドライブレコーダーが、株式会社オートバックスセブン(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:小林喜夫巳、以下「オートバックス」)の高齢者向け運転見守りサービス「くるまないと」、社用車・公用車向けの「くるまないと for Biz」の追加サービスおよび対応デバイスとして採用されました。

 当社の「Intelligent Pilot」と通信ドライブレコーダーに加え、株式会社プレミア・エイド(本社:東京都千代田区、代表取締役:吉澤成一朗、以下「プレミア・エイド」)の緊急通報サービスも新たに採用されたオートバックスの「くるまないと」「くるまないと for Biz」は、2020年12月17日(木)よりオートバックスドットコム(https://wear-i.com/kurumanaito_p/)にて先行予約が開始されます。

【くるまないと見守りサービスイメージ】【くるまないと見守りサービスイメージ】

【安全運転支援システムイメージ】【安全運転支援システムイメージ】

 









 近年、高齢運転者による交通事故が社会問題となっており、運転免許更新時の高齢者講習の制度変更や、運転免許の自主返納など対策が取られています。その一方で、家族と離れ、公共交通機関が整っていない地域に在住の高齢者にとって、クルマは食料品の購入や通院など生活に欠かせない移動手段です。

 今回、オートバックスの運転見守りサービス「くるまないと」「くるまないと for Biz」に当社の先進安全運転支援システム「Intelligent Pilot」と通信ドライブレコーダーが採用されることで、衝撃を検知した際の映像記録や危険挙動時の運転者への警告、専用アプリケーションによる運転診断や詳細データを可視化できるようになりました。
 緊急時にはプレミア・エイドのコールセンターより、位置情報(GPS情報)と事故映像を確認し、直接運転者に電話を行い、状況に応じて救急車の要請などを行います。また、ご家族や企業の管理者には緊急通知を配信します。
 
「くるまないと」「くるまないと for Biz」の3つのポイント
①  「くるまないと」アプリの基本機能に加え、安全運転支援システム「Intelligent Pilot」と通信ドライブレコーダーの採用により、事故や危険を予測し、運転手が置かれた状況に合わせた注意喚起や警告を行います。
②  「くるまないと for Biz」は、複数車両のグループ化による効率化や、車両の整備状況(タイヤ、オイル交換時期、車検時期)を一元管理できます。
③   専用コールセンターの利用により、位置情報(GPS情報)と事故映像を確認し、救急車の要請が可能です。


 
■オートバックスの運転見守りサービス「くるまないと」について
 社会の課題やさまざまな生活シーンにおける安心・安全面での貢献を目指す独自ブランド“WEAR+i (ウェア アイ)”から展開している、通信デバイスを用いた運転見守りサービス「くるまないと」。センサーを内蔵した機器をクルマに取り付けることで、そのクルマの位置情報や移動情報をご家族に提供します。高齢者向けを主としたサービス「くるまないと」と、社用車・公用車向け「くるまないとfor Biz」を展開しています。

■オートバックスの「くるまないと for Biz」について
 運転見守りに車両管理機能を付加した社用車・公用車向けのサービスです。複数の車両を持つ民間企業や自治体が、「くるまないと」の機能に加えて複数車両をグループ化して効率的に管理できます。その他にも、車両の整備状況(タイヤ、オイル交換時期、車検時期)を一元管理でき、車両の予約や実績報告機能も搭載しています。

■パイオニアの先進安全運転支援システム「Intelligent Pilot」について
 独自のデジタル地図データと長年収集したプローブデータを活用し、事故多発地点、ヒヤリハットにつながる急減速多発地点などのプローブデータ、天候、運転傾向などから統合的に事故や危険を予測。個々の車両が現在置かれている状況に合わせて注意喚起や警告をする先進的な運転支援システムです。 

「Intelligent Pilot」の詳細について:https://intelligent-pilot.jpn.pioneer/ja/?ad=pr

【Intelligent Pilotイメージ】【Intelligent Pilotイメージ】


■プレミア・エイドの緊急通報サービスについて
 プレミア・エイドの運営する専用コールセンターではドライブレコーダー端末が衝撃を検知すると位置情報(GPS情報)と事故映像を確認し、ドライブレコーダー端末を通じて、運転者と通話します。必要に応じて事故発生エリアを管轄している消防に通報し、救急車の要請などを行います。
※緊急通報サービス利用については別途料金が発生します。

【コールセンターイメージ】【コールセンターイメージ】


【ドライブレコーダー商品内容】
【1カメラモデル】TMX-DM04-B

【発売日】2020年12月下旬
【価格】本体価格36,900円(税抜)
【仕様】LTE/3G、200万画素、フルHD、Gセンサー、GPS
【販売】オートバックスドットコム:https://wear-i.com/kurumanaito_p/
 

【2カメラモデル(前方・室内)】TMX-DM03A-B (くるまないと for Bizのみ対応)

【発売日】2020年12月下旬
【価格】本体価格64,800円(税抜)
【仕様】LTE/3G、200万画素、フルHD、Gセンサー、GPS
【販売】専用ホームページよりお問い合わせください

※別途月額サービス利用料がかかります。
「くるまないと(ドライブレコーダー)」
 サービス利用料:月額980円(通信料込み、税抜)+「緊急通報サービス」月額500円(税抜)
「くるまないと for Biz」
 サービス利用料:月額1,980円(通信料込み、税抜)※1カメラモデル、2カメラモデル対応
 +「緊急通報サービス」月額500円(税抜)
 お問合せ:専用ホームページ:https://wear-i.com/kurumanaito-for-biz/
 

■運転見守りサービス・商品紹介サイト:https://wear-i.com/kurumanaito_p/
 

 当社は今後も、独自のデジタル地図データと長年収集したプローブデータを活用し、「Intelligent Pilot」をはじめとした安心・安全な自動車社会を実現するためのソリューションやサービスを提供していきます。



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. パイオニア株式会社 >
  3. パイオニアの先進安全運転支援システムと通信ドライブレコーダーが、オートバックスの運転見守りサービス「くるまないと」に採用