コロナ禍で年末帰省を自粛。帰省を検討している人は29%という結果に。

2020年12月 年末の帰省に関する意識調査

”情報の力で、明日の日本の未来を創造する”を理念に、多くの企業や市場リサーチを行っているJMRO(日本マーケティングリサーチ機構)は2020年12月に、日本全国の10代以上の男女を対象に「年末の帰省」においてインターネットを活用した一般調査を行いました。(有効回答数470人)
【調査結果】
ℚ1.コロナ禍になってから、県外への外出する回数は変わりましたか?

新型コロナウイルス流行中に、県外への外出が増えたと回答したのは全体のわずか3%でした。減ったと回答は75%、どちらでもないは22%となりました。



ℚ2.今年の年末、帰省を検討していますか?

今年の年末の帰省において、検討していると回答は29%、検討していないと回答は71%となりました。



3.あなたの周りで帰省を検討している人が増えていると思いますか?

周囲の帰省検討増加に対する見解について、増えていると思うと回答は18%、そう思わないと回答は55%、どちらでもないは27%となりました。



【まとめ】
今回の調査の結果からは、新型コロナウイルスの感染リスクを考えて大多数の人が年末年始の帰省を控える傾向にあることがわかりました。また、第3波に見舞われ、全国的にも感染者数が増加傾向にある昨今では、県外への外出や帰省を見合わせるという判断は、止むを得ないことでしょう。まだまだ先の見えない現状の中、いまはじっと我慢の時なのかもしれません。

※今回の調査結果は記事などに自由にお使いください。



■回答者詳細
年代・性別:10代男性,10代女性,20代男性,20代女性,30代男性,30代女性,40代男性,40代女性,50代男性,50代女性,60代男性,60代女性,70代以上男性,70代以上女性
性別:男女
職業:公務員,経営者,個人事業主(自営業),会社員・職員(正規雇用),会社員・職員(契約、派遣),専業主婦(主夫),学生,無職
業種:美容関係,医療関係,教育関係,建築関係,サービス業,情報通信・IT業,宿泊業,飲食業,不動産業,金融・保険業,小売り・卸売り業,運輸業,電気・ガス・水道・熱供給業,製造業,繊維工業,農林漁業,鉱業
居住地:北海道,青森県,岩手県,宮城県,秋田県,山形県,福島県,茨城県,栃木県,群馬県,埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県,新潟県,富山県,石川県,福井県,山梨県,長野県,岐阜県,静岡県,愛知県,三重県,滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県,鳥取県,島根県,岡山県,広島県,山口県,徳島県,香川県,愛媛県,高知県,福岡県,長崎県,熊本県,大分県,宮崎県,鹿児島県,沖縄県
家族構成:1人暮らし,2人暮らし,3人暮らし,4人暮らし,5人以上
年収:~300万円未満,300万円~400万円未満,400万円~500万円未満,500万円~600万円未満,600万円~700万円未満,700万円~800万円未満,800万円~1000万円未満,1000万円以上
社会人経験:~5年未満,5年~10年未満,10年~15年未満,15年~20年未満,20年~25年未満,25年~
最終学歴:中学卒業,高校卒業,大学卒業,大学院卒業
家賃:~5万円,5~10万円,10~15万円,15~20万円,20~25万円,25~30万円,30万円以上~
婚姻関係:既婚:子供あり:21歳以上の子供のみ,既婚:子供あり:20歳以下の子供がある,既婚:子供なし,未婚,その他
n数:470

調査会社:日本マーケティングリサーチ機構
所在地 :東京都港区港南2-15-1品川インターシティA棟28階
事業内容 :マーケティングリサーチ事業
MAIL :info@jmro.co.jp
URL :http://jmro.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社日本マーケティングリサーチ機構 >
  3. コロナ禍で年末帰省を自粛。帰省を検討している人は29%という結果に。