ICTを活用してシニア層の抱える課題を解決する公民共同のビジネスプラットフォーム実現を目指す「大阪スマートシニアライフ実証事業推進協議会」に2月より参画

 株式会社第一興商は、大阪府域全体における住民の生活の質(QOL)の向上に向けて、特にシニア層の抱える課題をICTの活用により解決することを目的とした「大阪スマートシニアライフ事業」の実証事業を実施する「大阪スマートシニアライフ実証事業推進協議会」に2月より参画します。
 「大阪スマートシニアライフ事業」とは、大阪府内のシニア層およびその家族を対象として、“高齢者にやさしいまちづくり”にフォーカスし、ICTをベースとしたシニアサポートサービスを提供する事業です。運営主体として公民一体の事業体を設立し、行政および民間サービスをワンストップで府域全体に提供するプラットフォームの構築・運用とともに、令和7年度(2025年度)に利用者100万人を目指しています。

 まずは、事業体設立に必要な条件の検証・分析を行うため、大阪府および事業の趣旨に賛同した民間企業19グループ21社*1による「大阪スマートシニアライフ実証事業推進協議会」を設置し、2月より堺市南区などの一部エリアにおいて専用タブレット*2を通じた実証事業を開始し、シニアのニーズ把握やマーケット規模などの検証を行います。

 当社は、「大阪スマートシニアライフ事業」にサービス提供企業として参画します。 2月からの実証期間中、参画自治体の通いの場にて、当社が展開する生活総合機能改善機器「DK ELDER SYSTEM」を活用し、シニア層が楽しみながら、継続して参加できる音楽健康教室を開催します。

 生活不活発病の削減による健康寿命の延伸や地域社会とのつながりに貢献することはもちろんのこと、タブレット操作に不慣れなシニア層が気軽に相談できる「フォローアップ説明会」への誘引施策としてサービスを展開します。

 当社は、今後もエルダー事業を通じて、高齢者の健康寿命延伸およびQOLの向上を支援してまいります。

*1 2022年1月21日現在
*2 実証事業と連携する大阪府府事業として、専用タブレットを利用者に半年程度無償貸与します。

■関連サイト
DKエルダーシステム http://dk-eldersystem.com/
大阪スマートシニアライフ事業 https://www.pref.osaka.lg.jp/chiiki_senryaku/smart_senior_life/index.html

■DKエルダーシステムとは

生活総合機能改善機器
「DKエルダーシステム」専用機
FREE DAM HD

 カラオケはもちろんのこと、「音楽を使う」「体を使う」「目で観る」といったプログラムの提供を通じて、高齢者の心と体を元気にすることができる介護予防・健康増進コンテンツ配信システムです。「運動・口腔・認知」など、総合的な生活機能の維持・向上の効果が認められています。全国のデイサービス、特別養護老人ホームなどの介護施設および公民館、集会所などの自治体関連施設など、25,500カ所以上(2021年12月末現在)に導入されており、高齢者の介護予防や機能訓練、レクリエーションの場で活用されています。

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社第一興商 >
  3. ICTを活用してシニア層の抱える課題を解決する公民共同のビジネスプラットフォーム実現を目指す「大阪スマートシニアライフ実証事業推進協議会」に2月より参画