渋谷区はLINEを活用したOne to Oneの子育て支援サービスを開始します

渋谷区(区長:長谷部 健)は、LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出澤 剛)が提供するスマートフォン向けコミュニケーションアプリ「LINE」を活用した子育て支援サービスを、2月15日(水)から開始します。
渋谷区は、企業・大学等との協働により地域社会的課題を解決していくシブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定を推進しています。LINE株式会社とは平成28年8月に協定を締結し、これまでLINEを活用した新たな行政サービスの研究・開発を進めてきました。
本協定に基づき、子育て世代へリーチしやすいインフラとしてのLINEの特徴を生かし、子育てに必要な情報を、日常的に利用するアプリを通して提供していきます。
この情報提供サービスはLINE株式会社のCSR(企業の社会的責任)に基づく社会貢献活動として提供されるものです。

■サービスの概要
本サービスは、利用者が友だち登録の際に簡単なアンケートに回答することで、各利用者の回答に合わせて適切な情報を配信するOne to Oneのコミュニケーションを実現します。これにより、利用者に有益な様々な情報がプッシュ配信されることで、自ら問い合わせや検索等を行うことなく、手軽に入手することができるようになります。(図1)
配信する主な情報は子どもの予防接種や健診に関する情報、子育てひろばや保育園など保育サービスに関する情報等、妊婦・出産・子育て等利用者の状況に応じて様々な情報を配信していきます。
今後は配信する情報を充実させるとともに、子育て分野以外にも拡大していく予定です。

図1 渋谷区LINE公式アカウントのイメージ(開発中)
















公式アカウントID:@shibuyacity  アカウント名:渋谷区
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. LINE株式会社 >
  3. 渋谷区はLINEを活用したOne to Oneの子育て支援サービスを開始します