佐野元春、マンスリー有料配信シリーズ「佐野元春 40周年記念フィルムフェスティバル」開催

第一回『佐野元春 & THE COYOTE BAND マニジュ・ツアーファイナル 東京ドームシティ・ホール』を7月29日に配信

今年2020年、デビュー40周年を迎えた佐野元春。新型コロナウィルス感染対策が続く中、コンサートツアーの中止など残念なニュースが相次いでいる。そんな中、佐野元春がネットを通じた40周年記念コンテンツの配信を発表した。これは佐野が提唱するオンラインイベント「SAVE IT FOR A SUNNY DAY」(注※)の一環として行なわれるもの。

皮切りとなるのは、2020年7月29日より配信スタートとなる「佐野元春40周年記念フィルムフェスティバル」。有料配信シリーズとなり、2020年7月から年末にかけて毎月1タイトル、アーカイブ映像からのライブショーや、未公開フィルム、新作ライブ・ドキュメンタリーなど、貴重な映像コンテンツをシリーズで配信する。

第1回目は2020年7月29日(水)。最新ライブ映像、佐野元春&THE COYOTE BAND「マニジュ・ツアーファイナル 東京ドームシティ・ホール」を配信。今回の配信用にサウンド映像を編集・マスタリングした60分を届ける。

9月に発売される佐野元春40周年ベストアルバムと合わせ、ロックレジェンドの40周年アニバーサリーを自宅でお楽しみください。

【(注※)オンラインイベント「SAVE IT FOR A SUNNY DAY」について 】
佐野元春がネットを通じて展開する40周年記念コンテンツ。テーマは「SAVE IT FOR A SUNNY DAY」。コロナ禍が明けた後の新しい日のために、今ある夢や計画を大事にしておこう、というメッセージが込められている。

ここでは、有料配信シリーズ「佐野元春 40 周年記念フィルムフェスティバル」や、セレクトショップ・ブランド BEAMSとのコラボレーションによる、オリジナル・ウェア/グッズを制作提供など、7月から年末にかけてインターネットをプラットフォームにしたさまざまな催しを展開する。収益は、新型コロナウィルス感染拡大の影響で困窮するミュージシャンやコンサート制作スタッフなど、音楽制作者支援の基金として役立てる。佐野元春からのコメントは以下のとおり。 

ゆっくりと世界は息を吹き返す
その日を楽しみに希望を蓄える
合言葉は ’SAVE IT FOR A SUNNY DAY’
2020.7 佐野元春

■ 'SAVE IT FOR A SUNNY DAY' 特設ページ
www.moto.co.jp

【第一回配信ライブ映像「マニジュ」ツアー・ファイナル*東京ドームシティーホール について 】

最新・最強の佐野元春だ。全国6大都市1万人以上を動員した「マニジュ・ツアー」の最終公演、2018 年4月1日に開催された東京ドームシティ・ホールでの模様を収録。「新・佐野元春宣言」というその名のとおり、現在の佐野元春は見た目も一段と若々しくシェイプアップされ、ますます存在感が増している。本作で目を引くのは、髪を短く切ってより精悍なイメージとなった佐野元春。ザ・コヨーテバンドを率いて今までのヒット作に頼らない、まさに現在進行形のセットリストを展開、世代を超えた観客がそれに応える。

映像は、これまでも多くの佐野元春のライブ撮影を手がけてきた林渉監督が担当。ホール全体からミュージシャンの細かな表情まで緻密に捉え、作品性の高い映像化を実現した。もはやレジェンドの域にあっても安泰することなく、なおも進化を止めない唯一無二のロッカーの姿がここにある。(Total : 60min.)

■タイトル:「佐野元春40周年記念フィルムフェスティバル」
■配信ページURL:
https://stagecrowd.live/6258806791/
■第1回配信日時:2020年7月29日(水)20:00配信スタート
■第1回配信映像:佐野元春 & THE COYOTE BAND「2018'MANIJU' ツアーファイナル 東京ドームシティ・ホール」
■配信チケット料金:2,000円
■配信プラットフォーム:Stagecrowd(ステージクラウド)
■配信チケット発売:2020年7月22日(水)17:00~
■主催・企画:デイジーミュージック
■制作協力:ソニー・ミュージックソリューションズ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

佐野元春(さの・もとはる)プロフィール

1956年、東京生まれ。1980 年、レコーディング・アーティストとして始動。83~84年のニューヨーク生活を経た後、DJ、雑誌編集など多岐にわたる表現活動を展開、1992年、アルバム『スイート16』で日本レコード大賞アルバム部門を受賞。2004年に独立レーベル「DaisyMusic」を始動し現在に至る。代表作品に『サムデイ』(1982)、『ビジターズ』(1984)、『スウィート 16』(1992)、『フルーツ』(1996)、『ザ・サン』(2004)、『コヨーテ』(2007)、『ZOOEY』(2013)、『Blood Moon』(2015) 、『MANIJU』(2017) がある。

■公式ウェブサイト「MWS」
http://www.moto.co.jp/

■公式YouTubeチャンネル
http://jp.youtube.com/DaisyMusic 

■公式Facebook ページ
https://www.facebook.com/motoharusano
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ソニー・ミュージックダイレクト >
  3. 佐野元春、マンスリー有料配信シリーズ「佐野元春 40周年記念フィルムフェスティバル」開催